初心者のためのワコムペンタブレットの選び方とポイント

ワコムペンタブレットの選び方

ペンタブをはじめて購入してから1年ちょっと。ぼくが使っているのは「Intuos Pen&touch Comic」のSサイズ。購入前は小さすぎるかなと少し不安だったんですけど、今ではがっつり使い倒しています。

このブログで使っているイラスト素材はほぼすべてワコムのペンタブで描いているんですが、ほんと重宝しております。

なので、イラストやデジ絵に興味がある人はやっぱり買うことを強くおすすめします。少なくとも色塗りはアナログよりもペンタブ使ったほうが断然効率いいです。

というわけで、これからペンタブ、特にワコムのペンタブの購入を検討している方に向けて選ぶポイントを書いてみました。

ぼくがはじめて購入したときに悩んだことなどをまとめたので、参考にしてみてください(ならなかったらゴメンなさいね)。

スポンサーリンク

「Intuos」と「Intuos Pro」の違い

Intuosシリーズには大きく2種類に分けることができます。初心者におすすめの「Intuos」と、プロの方でも使える「Intuos Pro」の2つです。

ぼくが購入したのは、もちろん初心者用のIntuosなのですが、公式ホームページによると、絵や文字を書いたり、画像の加工をしたりと出来ることは同じなのですが、ペン性能に違いがあるといいます。

Intuos Proのほうがよりアナログに近い感覚、つまりは鉛筆やペンで実際に書いている感覚を味わうことができるそうです。

基本的な性能はさほど変わらないのなら、はじめてペンタブに触れる初心者はIntuosで十分だと思います。

価格についても、Intuosは6000円~1万6千円程度に対して、Intuos Proは3万~5万程度(Amazon参照)と値段にも違いがあります。

ちなみに「bamboo」というブランドでも製品を発売していますが、これはIntuosの前のモデルという位置づけとして考えていいと思いますので、ここではIntuosの紹介のみにとどめます。

ポイント参考リンク
ペンタブレットを『Intuos』ブランドに統合

サイズ選びのポイント

Intuosのサイズ選びで重要なポイントは、実際に自分のパソコンにつなげてみて、違和感なくイラストを描けるかどうかがが気になるところだと思います。

実際に店頭で描きごこちを体感するのが一番なのですが、難しいようならワコムが推奨するサイズ選びを基準に決める方法がおすすめです。

ただ、残念ながらワコムホームページに掲載しているサイズ選びには、Intuos Proのものしかないため注意が必要なのですが参考にはなります。

入力エリアと絶対座標

ペンタブのデフォルトは、入力エリアとパソコンのモニター画面とが1:1で対応しています。そのため、ペンタブと画面との比率の差が大きければ大きいほどペンタブの描きごこちは下がってしまう傾向にあります。

たとえば、24インチ以上のモニター画面にSサイズのペンタブでは、明らかに操作性が悪いと直感的に分かると思います。

ペンで書いている速さとモニター画面に表示されるアイコンのスピードに差が出るため、描いていると違和感を感じます。

ペンタブには入力エリアをカスタマイズすることができる機能があるため、調整することはできるのですが、それでも操作性の違和感はさほど変わらないと思います。

そのため、24インチ以上のモニター画面の場合、ペンタブのサイズはSではなくM以上がおすすめといえます。(カスタマイズには詳しくは触れませんが、イメージしやすいように、この章の最後に参照リンクを貼っておきます)

それでは、具体的なペンタブと推奨モニターを見ていきましょう。

15インチ以下  Small
15~24インチ Medium
24インチ以上  Large

ここで再度言いますが、この推奨はIntuos Proの場合であることに注意が必要ですが、この推奨サイズを基準にIntuosにおいてもSかMかを選んでいくことは十分参考になります。

ぼくの場合、画面サイズは約15インチで、かなり微妙なサイズだったこともあり、ここが一番悩みどころだったんですが、価格の安いSサイズにしました。

実際に使用してみた描き心地としては、特に違和感もなくスムーズに使えていますので満足しています。

ぼくがペンタブ選びをしていたとき画面の「インチ」ってどのくらいのサイズなの??なんていう素朴な疑問を持ってしまい、ネットで調べていくと同じ15インチといっても計算方法によって微妙に長さ違ってくるため、一概に何センチとは言えないようです。

なので、ぼくなりの目安ですが、ノートパソコンで言うと、「キーボード+テンキー」の場合でおよそ15インチ(ぼくが所有しているノートパソコンがまさにこれ)、「キーボード」のみの場合が11~13インチといった基準で考えました。

ポイント画像引用・参照元リンク
ペンタブレットのサイズ選び

Intuos comicの注意点

製品サイズの違い(SサイズとMサイズ)を除けば、ほとんど同じ性能のため、ペンタブについてくるソフトによって選んでいくことになります。

ここでは「Intuos pen & touch」と「Intuos comic」の違いを見ていきます。

○Intuos pen & touch(Intuos Art)

この製品についてくる代表的なソフトは「Photoshop Elements」で写真加工だけでなく、デジ絵やイラストも描くことができます。また、うれしいことに使用期間の制限や機能制限が一切ないため、かなりお得なモデルとなっています。

Intuos Pen & Touchは2015年モデルからIntuos Artに統合されたようです。「Photoshop Elements」は付属されなくなり、代わりに「Painter Essential 5」が付属されています。

ワコム Intuos Art ペン&タッチ 絵画・油彩制作用モデル Sサイズ ブラック CTH-490/K0
油絵・水彩画・クレヨン画・鉛筆画タッチのイラストを描けるソフトを付属。多彩なペイントツール、ブラシ、効果を活用することで、本格的なイラストを制作できます
Amazon 楽天市場

○Intuos comic

こちらは2015年モデルが登場しています。付属ソフトも「CLIP STUDIO PAINT Pro」(2年ライセンス)と同じです。

注意点として使用制限が設けてあり、2年間の条件付で使用が可能となります。2年を過ぎると、「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」というスペックがかなり落ちるソフトになります。

ちなみに、クリスタがバージョンアップして短編アニメも作れるようになりました。もちろんクリスタプロでも使える機能です。

ワコムのペンタブの付属品としてついてくるこれらのソフトですが、単品で購入する場合の価格を見てみると、CLIP STUDIO PAINT PRO約5千円に対して、Painter Essentials 5は約7千円となっていますので参考にしてみてください。

あと、フリーソフトで描いていこうと思ってるなら、ドローソフトが付属していないモデルもあります。

ポイント参照リンク
『Intuos』シリーズのラインナップ
「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」と「CLIP STUDIO PAINT pro」との機能比較

wacom Intuos Pen & Touch Comic small Sサイズ 2015年1月モデル CTH-480/S3
マンガ・イラスト制作に必要なソフトが付属したオールインワンモデル(クリップスタジオペイントプロダウンロード版付属・2年ライセンス)
Amazon 楽天市場
ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1
お絵かきソフトが付属していない分、格安で購入することができます。使用したいソフトが既にある人やフリーソフトで描く人におすすめのモデル
Amazon 楽天市場