初心者のためのワコムペンタブレットの選び方とポイント

ワコム intuos

ペンタブをはじめて購入してから1年ちょっと。使っているのは「Intuos Pen&touch Comic」のSサイズ。購入前は小さすぎるかなと少し不安だったんですがそんなことは全然なかったw

イラストやデジ絵に興味がある人はやっぱり板タブ買ったほうがいいっす!少なくとも色塗りはアナログよりもペンタブ使ったほうが断然効率いい。

というわけで、ここからペンタブ、特にワコムのペンタブの購入を検討している方に向けて選ぶポイントを書いてみました。

追記
新シリーズのワコムの選び方を新しく加筆しました!

スポンサーリンク

「Intuos」と「Intuos Pro」の違い

Intuosシリーズには大きく分けると次の2種類。初心者におすすめの「Intuos」と、プロの方でも使える「Intuos Pro」の2つ。

公式ホームページによれば、絵や文字を書いたり、画像の加工をしたりと出来ることは同じなのですが、ペン性能に違いがあるといいます。

Intuos Proのほうがよりアナログに近い感覚、つまりは鉛筆やペンで実際に書いている感覚を味わうことができるそうです。そのためはじめてペンタブに触れる初心者はIntuosで十分です。

価格についても、Intuosは6000円~1万6千円程度に対して、Intuos Pro(板タブ)は3万~5万程度(Amazon参照)と値段にも違いがあります。

ちなみに「bamboo」というブランドでも製品を発売していますが、これはIntuosの前モデルという位置付けとして考えて、ここではIntuosの紹介のみにします。

サイズ選びのポイント

サイズ選びで重要なのは実際に自分のパソコンにつなげてみて、ストレスなくイラストが描けるかどうかだと思います。

実際に店頭で描き心地を体感するのが一番ですが、ネットで注文するならワコムが推奨するサイズ選びを基準に決める方法がおすすめです。

ただ残念ながらワコムホームページに掲載しているのはIntuos Proのものしかないのですが参考にはなります。

入力エリアと絶対座標

ペンタブのデフォルトは、入力エリアとパソコンのモニター画面とが1:1で対応しています。そのため、ペンタブと画面との比率の差が大きければ大きいほどペンタブの描き心地は下がる傾向にあります。

たとえば24インチ以上のモニター画面にSサイズのペンタブでは、明らかに操作性が悪いと直感的に分かると思います。 

ペンで書いている速さとモニター画面に表示されるアイコンのスピードに差が出るため違和感を感じてしまうからです。

ペンタブには入力エリアをカスタマイズすることができる機能があるため調整することはできますが、操作性の違和感は完全には解消できないことが多い。

そのため24インチ以上のモニター画面の場合、ペンタブのサイズはSではなくM以上が最適。(カスタマイズには詳しくは触れませんが、イメージしやすいように、この章の最後に参照リンクを貼っておきます)

最適な板タブの選び方

それでは、具体的なペンタブと推奨モニターを見ていきましょう。

15インチ以下  Small
15~24インチ Medium
24インチ以上  Large

ここで再度言いますが、この推奨はIntuos Proの場合であることに注意が必要ですが、この推奨サイズを基準にIntuosにおいてもSかMかを選んでいくことは十分参考になります。

ぼくの場合、PC画面サイズは約15インチでかなり微妙なサイズだったこともあり、ここが一番悩みどころでした。が、価格の安いSサイズにしました。

実際に使用してみた描き心地としては、特に違和感もなくスムーズに使えていますので満足しています。

またペンタブ選びをしていたとき画面の「インチ」ってどのくらいのサイズなの??なんて疑問を持ち、ネットで調べていくと15インチといっても計算方法によって微妙に長さ違ってくるため、一概に何センチとは言えないようです。

なので、1つの目安としてキーボード+テンキーの場合でおよそ15インチ、キーボードのみの場合が11~13インチといった基準で考えると分かりやすいかなと。

ポイント画像引用・参照元リンク
ペンタブレットのサイズ選び

各モデルの違い

ワコム intuos

IntuosシリーズにはDrawのほかArt、Photo、Comic、3Dの5つのモデルがありますが、それぞれに違いは何かと言えば付属しているソフトの違いだけです。性能は同一と考えておくと選びやすいと思います。

マルチタッチ機能の有無

ただDrawのみマルチタッチ機能が付いてません。

このマルチタッチ機能というのはペンではなく指で板タブに触れても操作することができる機能で、スマホの画面操作をイメージすると分かりやすいです。

拡大や回転、スワイプ操作などが指で簡単操作できますが、まぁタブレットを使い始めの方はまず使わない機能、あってもいいですが無くても全く困らないという程度の機能ですw

というのもマルチタッチ機能は思っている以上にスムーズに動かない。コンマ数秒の遅延が目立ちます。

あとマシンパワーにも影響するのでウインドウズでCore i5以下のスペックならカクカクしてストレスが溜まると思う。

Art以下モデルの違い

次はArt、Photo、Comicの3タイプのそれぞれの違いといいますか、付属ソフトの違いについてまとめていきます。

イラストや漫画ソフトの主流はクリップスタジオだと僕は思っていて、たとえば東京喰種の作者石田スイ先生が愛用しているのはクリスタだし、食戟のソーマ作画担当の佐伯俊先生がメインで使っているのもクリスタ。

食戟のソーマや東京喰種のようにデジタルで漫画を描く漫画家さんが増えてきました。有名なところでは東京喰

▲興味があればこちらの記事もどうぞ!

だから付属ソフトといってもマイナーなソフトを使うならクリスタを強くおすすめしたい。イラストならクリスタよりもsai使っている人も多いからsaiもおすすめ。なのでこのモデルに付属しているソフトをあえて買う必要はないと思う。

何よりもイラスト・マンガの参考書や実用書で使われているソフトがsaiやクリスタばかりなので、初心者にとってはこうしたソフトから入っていった方が独学でも十分学んでいけるってのがおすすめしたい最大の理由。

そこを踏まえたうえでそれぞれの付属ソフトを確認してきます。

Intuos Art

ワコム intuos

付属しているソフトは

Corel Painter Essentials

Intuos Photo

ワコム intuos

付属しているソフトは

Corel Paint Shop Pro X8(Win)
Macphun Pro package(Mac)
Corel AfterShot Pro 2(Win/Mac)

フォト編集ソフトとしては個人的にはadobeのフォトショップがおすすめです。現場で使われているソフトもフォトショが主流だと思う。

Intuos Comic

ワコム intuos

付属しているソフトは

Clip Studio Paint Pro

クリップスタジオプロが付属していますが2年縛りで、使用期限が過ぎるとクリップスタジオデビューという機能制限がかけられたクリスタしか使えなくなります。

プロに戻すためには更新費用を別に払う必要があり、だったらはじめからソフトを購入した方が断然お得。

結局どれがおすすめ!?

ワコム intuos

はじめて板タブを購入するならIntuos Drawで十分です。Sサイズしかないのが不親切ですがSサイズでも十分です。

ソフトは付属していないので、たとえばクリスタを合わせて購入すれば12000円程度に収まるため、Artやcomicとさほど変わらないんですよね。

わざわざcomicの2年縛りのコミスタを購入するのではなく、draw+コミスタと別々に購入したほうが長い目でみると実はお得ですw

ただしアマゾンで購入すること、やっぱりアマゾンは偉大なり!かなりの割引でコミスタが購入できるこそのテクです。

クリスタ

38%オフですwww

ワコム intuos

ぼくの板タブデビューもSサイズからはじめて慣れていったんですが、購入する前はこれで大丈夫かな??と不安でした。

でも実際大丈夫でしたw

板タブの大きさで悩むよりも、一日も早く板タブ買って毎日描く練習したほうがいいですよ。ちなみに使っていた当時のパソコンはデスクトップ型で15インチほどありました。こんくらいの大きさのパソコンでも問題ありませんでした。

あと、ソフトまで用意できないという方でも優秀な無料ペイントソフトやマンガ作成ソフトはたくさんありますからすぐに描く環境は整っています。

有名なところではメディバングはイラストもマンガもかけるのでおすすめです。

無料のイラスト・マンガ制作ツールメディバンペイント(MediBang Paint)のオフィシャルサイトです。メディバンペイント(MediBang Paint)の機能や使い方を紹介しています。

また先ほどもいいましたが有料のイラストやマンガソフトを選ぶときは、みんなが使用しているのを選んだほうが将来役に立ちます。イラストならsaiやフォトショップ、イラストやマンガならクリスタがおすすめです。

ワコム ペンタブレットIntuos Draw
商品重量 290 g
梱包サイズ 1 x 21 x 16.9 cm
カラー ホワイト
商品の寸法 21 x 16.9 cm

Amazon 楽天市場
CLIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT PROは、自然でリアルなタッチのペンツール、多彩なペイント表現が可能な筆ツール、効率的に美しく着色するための使いやすい着色ツールなど、イラスト制作に必要な機能がすべて搭載されたソフトウェア
Amazon 楽天市場
KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃