本当に経済的!?カーボンヒーターの電気代の真実

calculator

この時期に気になりだすのが暖房器具の電気代です。特に、速暖で経済的、価格も安価になってきたカーボンヒーターが人気のようです。実際に使っている方もいると思います。

家電量販店ではよく「ハロゲンヒーターと比べて節約できる」といった宣伝文句が目につきますが、本当のところはどうなのでしょうか?

そして、そもそもカーボンヒーターの電気代はどのくらいなのでしょうか?気になったので調べてみることにしました。

スポンサーリンク

電気料金の計算方法

節約というと電気代から考えていくのが分かりやすいと思います。そこでワット数から簡単に電気代の求め方を知っておくと便利です。

現在の電気料金の体系は、基本料金+月の使用量料金+燃料調整費で計算していますが、ここで知りたいのは暖房器具の電気代ですので、電気の使用量料金の部分だけを導き出せば求められます。

一般家庭の電気料金は、段階的に料金単価が上がっていく「従量式」をとっていますが、求めるのは概算、目安となる電気料金なので電気料金の単価を27円で計算していきます。

これは「電気料金の目安単価」というものがあり、たとえば広告に表記されている1時間○○円という表示には「電気料金の目安単価」を元に計算しており、どのメーカーもこれに従っているため比較しやすいんです。

単価が分かれば、あとはワット数を掛ければ求められますよね。

ですが、電気料金の請求書をみると消費電力の単位が1時間当たりのkw数、つまりkwh(キロワットアワー)になっているので請求書にしたがって

27円×Xkw×T時間(X、Tともに変数)

とします。

W(ワット)ではなくkw(キロワット)で計算しましょうということです。ちなみに、kwh(キロワットアワー)を「kw」と「h」に分解(kwh→kw×h)して目安単価27円を掛けたのが上の式の内容です。

そしてこの式からあることが分かります。

それは、カーボンヒーターがハロゲンヒーターよりも経済的だと一般的にいわれていますが、ワット数が同じなら電気代は変わらないということです。

カーボンヒーターがハロゲンヒーターよりも経済的という意味は、カーボンヒーターの方が赤外線放射量が多いという意味になります。一般的にカーボンヒーターの赤外線放射量はハロゲンヒーターの2倍と言われています。

しかし、そんな効率のいいカーボンヒーターの利点をメーカーはとことん無視しているように思います。ハロゲンヒーターと同じワット数の切り替えしかない製品が多いため、カーボンヒーターの利点を生かしきれていないのです。

カーボンヒーターに1000ワットもいらないように思うんですが

コロナが出している省エネを考えた遠赤外線カーボンヒーター「スリムカーボン」のような部屋全体を暖める目的の暖房器具は別として、安価な製品、特に一人用はワット数に気をつけて選びたいところです。

コロナ(CORONA) 遠赤外線電気ストーブ スリムカーボン ゴールド
タイマー機能・350~900Wまで10段階調節など充実の機能は魅力的。一人部屋用としてだけでなくリビングなどの大広間での使用にも最適。エコモードでさらに節約可能。
Amazon 楽天市場

さて、いよいよ本題です。この電気料金の式をふまえた上で、カーボンヒーターとハロゲンヒーターの比較をしていこうと思います。

カーボンヒーターとハロゲンヒーターの電気料金比較

カーボンヒーターはハロゲンヒーターの赤外線放射能を2倍として考えていくと、ハロゲンヒーターが1時間かかって暖めるところを、半分の30分で同じ効果が得られると考えることができます。

そのため、式を[27円×Tキロワット×0.5]にすればハロゲンヒーターとの電気料金比較ができます。1時間の半分は30分ですから、つまりは0.5時間です。

まずは1000ワット(=1キロワット)で考えてみると、一時間当たりのカーボンヒーターは13.5円、ハロゲンヒーターは27円です。一日5時間、子ども部屋で8時間の使用とすれば相当な電気料金になります。

1時間 5時間 8時間
200W 5.4円 27円 43.2円
350W 9.45円 47.25円 75.6円
400W 10.8円 54円 86.4円
800W 21.6円 108円 172.8円
1000W 27円 135円 216円

▲ワット数と使用時間との関係から電気料金を算出したのが上の表になります。一日の使用時間に30日を掛ければ、月の暖房器具一台分の電気代がかなりリアルにわかるんじゃないでしょうか。

1000ワットのハロゲンヒーターを部屋に一台置くだけで、その月の電気代が4050円も上がってしまう計算になります(27円×1日5時間×30日)。

カーボンヒーターであれば暖房性能、そして電気代を考慮すれば400ワット程度でも十分に暖かいです。

ハロゲンヒーターに置き換えれば、単純計算で800W相当の暖かさが得られるわけですし、なにより月の電気代を1000円以上も節約することが可能です。

そのため、300~500ワットあたりで切り替え可能な製品がおすすめになってきます。以下に製品をまとめましたので参考にしてみてください。

山善 遠赤外線カーボンヒーター(900W/450W 2段階切替) 自動首振り機能付 ホワイト
900wと450wの切り替え可能。900wの出番はあまりないかもしれませんが、自動首振り機能もありますのでおススメ
Amazon 楽天市場
コロナ(CORONA) 遠赤外線電気ストーブ スリムカーボン ゴールド
タイマー機能・350~900Wまで10段階調節など充実の機能は魅力的。一人部屋用としてだけでなくリビングなどの大広間での使用にも最適。エコモードでさらに節約可能。
Amazon 楽天市場
APIX 2ウェイカーボンヒーター ピュアホワイト
200wと400wの切り替え可能。電気代がかからないのがなによりの魅力。横置き可能で机の下にも置けるので、子ども部屋や書斎に最適
Amazon 楽天市場

マンションによっては石油ファンヒーターを禁止しているところもありますので、リビングなどの大広間で使用する場合はエアコンとの併用がおすすめです。

最近のエアコンは機能性がアップしていますので、思っているほど電気料金はかからないんです。メインをエアコン、そしてサブとしてカーボンヒーターを使っていくのもアリだと思います。

KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃