恋なんてちょっとした精神病の一種なんだよ|ラブ・マスターX 安野モヨコ

ラブ・マスターX 安野モヨコ

少女マンガの中でも安野モヨコさんの作品はけっこう好きだったりします。安野作品ではじめて読んだのがヤンマガで連載されていた「花とみつばち」

この作品をきっかけに安野ワールドにハマってしまい、そこからどんどん読み漁っていきました。なんだか懐かしくなってきますが。

ラブ・マスターXはもう十年以上前の作品になるのですが、ぼくが手にしたときが、それから数年してからで、文庫本や電子書籍として何度も再販している作品なので、きっと安野作品の中でも人気なんだと思います。

スポンサーリンク

だらだらと能書きはいいんです

今回紹介する作品も、そしてぼくがはじめて読んだ「花とみつばち」にも、どこかモチーフが似ているように思うんですよ。

安野さんは「美人画報」というメイクやダイエットの美容本も出しているくらいだから、美については人一倍関心があるように思うし、何よりもそれが作品から見て取れることがあります。

まぁ、女性であれば(男性もかな)少なからず美しさには関心があると思いますが、こういった感覚が作品にも出ていて、「ラブ・マスターX」や「花とみつばち」にも表現されているように思います。

最近になって気づいたこと「内容はかなり過激だな」

マンガはどうしてもかさばってしまうので、本当に好きな作品しか手元に置かないようにしているのですが、ラブ・マスターXを久しぶりにめくってみたところ、この作品が連載されていたのが「CUTiE comic」という雑誌。

残念ながら現在は廃刊になってしまったのですが、この雑誌って少女向けの漫画雑誌だったということをつい最近知って、「こんなキワドイ漫画をよく少女向けに書けたなぁ」とちょっと驚いた。

宝島社から発行されてたので、年齢的にはハイティーンあたりを主なターゲットにしていたとは思いますが。


出典:ラブ・マスターX(上)

読み返してみると、内容はかなり過激なことに今更ながら気づいてしまった。不倫やオ○ニー、セックスシーンがバンバン出てくるんだから。

でもねぇ、彼女の絵もさることながら、登場人物たちが発するセリフの一つ一つが、なんかこう心に響いてくるんですよね、今読んでも。

恋なんて錯覚にすぎない 神経症の一種 ちょっとした精神病だよ
出典:ラブ・マスターX(下)

ちょっと思ったんですが、少女マンガの特徴の一つに詩的なセリフや言葉が入ってくること多いですよね。これが少年マンガになると、ジャンルがバトルものが多いことうこともあるけど、決めセリフやくさいセリフなんかになることが多くなる。

ぼくが少女マンガを読む理由はこういったところにもあるのかなぁと今書いてて思った。同じように女性の場合も、少年マンガを読むとスカッと気持ちいい感覚を味わうことってあるのかな?

安野作品はやっぱりいいね

ここまで書いてきてなんなんですが、一切マンガのストーリーに触れていないことに気がついてしまった(笑)

これではラブ・マスターXの魅力が伝わらないではないか!ということで、一番手っ取いのは実際にあなた自身が読むことだろうということで、是非とも手によって読んでみてほしい。

そして、もし面白かったら他の作品、たとえば「ジェリー・イン・ザ・メリーゴーランド」あたりも攻めてみてください。

ラブ・マスターX(1)安野モヨコ [電子書籍版]
ふつうの女子中学生・野沢ナオ。彼女が恋する先輩は、学校で評判の美少女に恋してる。その美少女は、人気ロックバンドのボーカルが好きで……どこまでも続く、恋の迷宮(ラビリンス)!安野モヨコの青春群像ストーリー!!
Amazon 楽天市場