ハンターハンター「キメラアント編」のラストが凄すぎる!!|HUTER×HUNTER28巻以降

キメラアント編での描かれる戦闘シーンは時間にしておそらく数分もない。

しかし、そのわずかな時間を状況解説と巧みな心理描写によって描ききる。これも富樫先生がイメージしている構成が完璧なほどしっかりしているからこそのなせる業なのだろう。

これほど漫画にのめりこみんだ作品も他にはなかった。「面白い」「凄い」という作品はたくさんあるが、ハンターハンターはぼくの中でそこれこ、神漫画と言えるくらいよかった。

ただの「妄信者」と思われるかもしれない、確かにそうかもしれない(笑)けど、「キメラアント編」のラストを見ればきっと共感してくれるはず・・・

そこで28巻以降からラストへ向かう怒涛の展開を振り返っていこうと思います。また、この記事はネタバレを含みますので、その点はあらかじめご注意ください。

スポンサーリンク

ハンターハンターたる所以

キメラアント編での特徴の一つに、敵の圧倒的な力があります。特に王と直属護衛軍の3匹は、トリプルハンターでさえ太刀打ちできないほどの力関係にある。

こうした敵の戦闘力のインフレは「ドラゴンボール」や「ブリーチ」といった少年マンガではありがちな設定ですが、ハンターハンターと他の作品との違いは、圧倒的な力関係の中でも条件や戦略によって、単調な力押しのバトル展開にならないところ。

主人公が窮地に追い込まれて新必殺技によって倒すような定番のストーリーは正直つまらない。

特に、バトルマンガにおいては、その先の展開がどうなっているのかワクワクしながらページをめくっていくことが絶対条件なわけで、その意味ではハンターハンターはピシャリと当てはまる。

『黒子のバスケキャラクターバイブル』の出版記念におこなわれた特別企画に、藤巻先生と富樫先生との対談が掲載されているのですが、この中でハンターハンターのストーリーについて話している。

主人公は極力シンプルにしようと意識しました。細かく設定するとストーリーの足かせになるんですよ。その分、敵キャラに凝ってますけど。とりあえずボスをしゃべらせて、周りはとりあえず置いていく。で、ぼんやりと能力とか誰と闘うのかを決めている。そこからさらに、今ままで誰も描いていない能力に発展させたり、新しい倒され方を考えていきます。
出典:黒子のバスケ キャラクターズバイブル 藤巻忠俊

メルエム vs ネテロ

圧倒的な敵の戦力の前に、ハンターハンター会長・ネテロの勝算は読む前から「ほぼゼロ」というのが誰の目を見ても明らかだった。

ネテロの戦略はメルエムに唯一勝る両手を合わせることで、発言する百式観音による攻撃、この一連の所作のみがメルエムの動きよりも凌駕していた。

HUTER×HUNTER28 35ページ
出典:HUTER×HUNTER28 35ページ

しかし、この攻撃ではメルエムに決定打を与えることは不可能。そこで、奥の手である「百式観音・零式」を発動さるのだが、それすらもメルエムの動きを止めることはできなかった。

このピンチの中でネテロが繰り出した最後の奥の手が「自爆」という選択。まさか、こんな結末になるとは・・・。

百式観音による数百・数千の打撃はメルエムに少なからずダメージを与え、さらに奥義の零式によってさらなる打撃を与える。そして、最後の最後、自爆によって相打ちを計る。

この展開は本当に読み応えがあった。先の読めない展開と、衝撃的な結末、さらにこれが決定打となり蟻の殲滅へと繋がる「キメラアント編」の終局。凄すぎるな・・・ホント。

メルエムとコムギ

29巻以降からラストへ向かうにしたがって、「蟻」という一面だけではなく「人間」の一面も描きだしていく。

序盤においてコムギの意義がどこにあるのかと疑問にすら思っていたのものが、ストーリーが進むにつれて二人の絆が強くなっていく。

HUTER×HUNTER30 87ページ
出典:HUTER×HUNTER30 87ページ

特に、30巻からのメルエムが死を受け入れてからの描写は、コムギの傍に居たいと思うメルエムの人間らしさが読みとれて「敵」という存在だけはもはやない。

むしろ「蟻」以上の非常さを「人間」に見いだし、読者にメッセージを投げかける富樫。敵=悪という少年漫画の王道とも言える構図だけでは決して語ることはできないストーリーに仕上げている。

最期

30巻からの二人の軍儀(ぐんぎ)を指すシーンは感動以外のなにものでもない。戦力のインフラをどう収束させていくのかという、当初感じていたぼくの想像は、今にしてみればなんと浅はかなものだったことか!

富樫先生の手によって今まで落ちていた伏線が一つにつながっていくストーリー構成は、ちょっとした驚きと快感を伴う。

HUTER×HUNTER30 143ページ
出典:HUTER×HUNTER30 143ページ

ただ、ゴンのあの急成長に疑問を持った人も当時はいたようですが、「制約」と「誓約」という二つの誓いによって得たオーラの急激な上昇は、その後の「総選挙編」とのつながりを読んでも、それほど違和感がない。

主人公が窮地においてパワーアップするという点で言えばバトルマンガの王道ではありますが、その後の展開から、単純なパワーアップにはならないことが分かります。

やはり他の作品とは一線を画している。大団円(ゴンの完全復活という意味)で終わるのも少年漫画ならではでぼくは好きです。

富樫先生は休載が多いことで有名ですが、ストーリーの構成や展開、アイデアの生み出し、そしてすべてのページを先生お一人で描くことを考えると、単なるずる休みとはやっぱり考えられない。

あれほどの作品を毎週生み出すのは、いかに天才漫画家と言って難しいのだと思います。再開がいつになるか分かりませんが、いちファンとしていつまでも待っていたい。

ただ、できるだけ早く再開お願いします。

コメント

  1. 今田 より:

    お世話になります。
    この蟻編というのは何巻から何巻になりますでしょうか。
    当方広島市在住で、図書館遣いです。
    (富樫先生ごめんなさい。もし読んでも印税が入ることは
    一切ありません)

    • KaoruAnatu anatu より:

      今田さん

      コメントありがとうございます。蟻(キメラアント)編は単行本では18巻(No.186「女王」~)から30巻(~No.317「返答」)までとなります。ご参考までに。