CLIP STUDIO(クリップスタジオ)イラストにフキダシを付ける方法

クリスタはデジ絵だけでなく、漫画も作成することができるので、イラストにフキダシを付けたいというときに使える手順を紹介していきます。

今回の方法は、Gペンなどのペンツールを使うのではなく、「フキダシ図形」を使っての方法です。きれいな楕円を描きたいという方におすすめです。

バージョンは1.4.2(最新版)

スポンサーリンク

フキダシの手順

まずはパレットドッグと呼ばれる左側のツールが集まっているところから、テキスト(デフォルトだとアルファベットの「」が表示されているはずです)ツールをクリックして、楕円フキダシを選びます。

クリスタ 吹き出し

楕円のほかにも「曲線フキダシ」なども選択できますので、好みに合わせて選んでください。

楕円フキダシを選択したら、フキダシを付けたい作品の適当な場所にドラッグさせて形を調整していきます。

クリスタ フキダシ

今回はこんな感じて、まずは適当にアタリをつけて表示させました。このフキダシの簡単に修正することができるので、大体の位置を決める程度で十分です。

また、このとき設定によってはフキダシのフチの色が黒以外で表示される場合もありますが、そのときは右下にあるカラーパレットでを選択すれば解決するはずです。

あとは、フキダシの位置と大きさの調整をして、フキダシしっぽをつければほぼ完成です。後一歩!

フキダシの修正としっぽを付ける

まずはフキダシの調整からはじめましょう。左側にあるパレットドックから立方体のアイコンの「操作」を選択します。

クリスタ フキダシ

すると、フキダシの周りに囲いが表示され、調整できるようになりました。自分の好きなように調整していきます。

大体の大きさや位置が決まれば、あとはフキダシしっぽを付けてるだけです。

クリスタ フキダシ

楕円フキダシを選択したのと同じ手順で

テキスト→フキダシしっぽ

で進んでください。フキダシのしっぽ以外にもフキダシの丸シッポもありますので、好きなほうを選択してください。

フキダシのシッポをキレイに付けるためは、ちょっとしたコツがあります。

まずは失敗例から。

クリスタ フキダシ

少し大げさにしてみました。フキダシと接していないとただの「三角」として表示されるだけです。ここでポイントになるのが、「フキダシ」と「フキダシしっぽ」がしっかりと合わさるように付けることです!

クリスタ フキダシ

きれいなしっぽを付けるためには、楕円フキダシの内側にしっぽをつけて、フキダシの線と必ず接触するようにします。あとは自動で修正してくれます。

クリスタ フキダシ

特に何もしなくてもきれいなフキダシしっぽが作成できました。一度手順を覚えればすぐに作成できるようになります。

クリスタ フキカエ

あと、もう一つきれいなしっぽにするためのポイントがあります。フキダシしっぽがうまく表示されない場合、幅の調整を変えてみてください。この幅はフキダシしっぽの底辺の幅(三角の根元の部分の幅)を表しています。

あとはテキストツールを使って文字を書いていけば完成です。テキストツールは特に難しいところはありませんので、ここでは省きます。

クリスタ フキダシ

説明は以上です。ありがとうございました。