七つの大罪 エリザベスの右目の印とメリオダス3兄弟説のつながり

BDの特典として付いてくる『エジンバラの吸血鬼』編ですが、ここで明らかになるのはエスカノールの人物像や能力だけではありません。

メリオダスと十戒の一人ゼルドリスとの関係なども明かされます。

特典とは惜しいほどの情報が詰まっているのですが、今回はぼくが気になっていたエリザベスの右目に浮かび上がった印について考察していこうと思います。

なぜにエジンバラの吸血鬼から?と思うかもしれませんが、まあまあ、そこは記事を読めば分かりますから。

スポンサーリンク

エリザベスの右目の印

考察のはじまりはヘンドリクセンとの戦いによって発現したエリザベスの能力。

「女神の使途」「ドルイドの巫女(みこ)」といった気になるキーワードもありますが、ここでは彼女の右目に浮かび上がった印について考察していきます。

7つの大罪 エリザベス
出典:7つの大罪 13巻 鈴木央

この紋章が何を意味しているのか謎のだったんですが、最近入手した『エジンバラの吸血鬼』の中で、この印と同じ形のものを見つけたんです。

それが、この一コマ。

7つの大罪 メリオダス
出典:7つの大罪 BD特典「エジンバラの吸血鬼」鈴木央

隣国エジンバラで暴れている吸血鬼どもを討伐することになったメリオダス一行の話なんですが、ここでメリオダスの鎧に刻まれていたのがこの印だったんです!

この印は一体なんなのか?ほかのキャラの装備品を確認しても、この印は確認できませんでした。

となると、メリオダス自身と何か関係があるのかもしれない、と推測することができます。

メリオダス3兄弟説

『エジンバラの吸血鬼』の中でもう一つ謎を解くカギが描かれています。

この情報はネタバレ要素が強いのですが、実はこのストーリーでは十戒編で登場してきたゼルドリスがメリオダスと兄弟であることが明らかになります。

7つの大罪 エジンバラの吸血鬼
出典:7つの大罪 BD特典「エジンバラの吸血鬼」鈴木央

さてさてさ~て、本題はここではありません。この事実は既に多く考察サイトで明かされているので、七つの大罪ファンにとっては別段新しい情報ではないと思います。

ここで重要なのが、メリオダスとゼルドリスが兄弟であるのなら、エスタロッサもメリオダスとの血が繋がっているという可能性です。

で、この指摘はけっこう的を得ていると思いますし、原作でもかなりそんな雰囲気を匂わせていると思うんです。

エスタロッサと鎧に刻まれた印

ぼくが3兄弟説を唱える根拠としたのが次の2つ。まず1つ目として、14巻のゼルドリスのセリフが根拠となります。

エスタロッサどう思う?
兄者(あにじゃ)・・・!!
出典:七つの大罪14 鈴木央 P181

ゼリドリスが兄者と呼んでいることから、兄弟の可能性が高い。幽遊白書の戸愚呂兄弟もそうでしたからね。

もちろん、尊敬などの意味を込めて「兄者」という可能性もなくはありません。そこで、もう1つの根拠になってくるわけです。

それがこちら、

七つの大罪 エスタロッサ
出典:七つの大罪14 鈴木央 P181

このコマは14巻でゴーセルが暴走して、みんなの記憶を奪ったときに、エリザベスの頭の中に登場してきた人物です。

このときエリザベスは夢の中でメリオダスを探していたんですが、そこに登場してきたのがこの人物でした。

エスタロッサに似ているように思うのはぼくだけでしょうか、そして、この人物が身につけている鎧にも、あのが刻まれているんです。

エリザベスの右目に浮かび上がった紋章、そしてメリオダスが着ていた鎧にも刻まれていたあの印です。

さらに読み込んでいくと、ゼルドリスが身に付けていた剣の柄にもこの印が刻まれていたんです。

これはもう偶然じゃない、必然です!

七つの大罪 ゼリドリス
出典:七つの大罪14 鈴木央 P181

そこで1つの仮説が成り立ちます。

この紋章が、メリオダス一族と関係があるものだとすれば、エリザベスの夢の中で登場したであろうエスタロッサもメリオダスと血が繋がっているのではないかという可能性です。

ドルイドの巫女(みこ)

ここでさらに考察を深めていくために、もう一度14巻を見ていきます。注目したいのがゴーセルのセリフです。

記憶とは所詮ただの記憶だ。作ることも消すこともたやす。俺が知りたいのは、その先にある『感情』なんだ
出典:七つの大罪14 鈴木央 P163

ゴーセルは人間の「感情」に興味をもったことで暴走しましたが、これによってエリザベスは記憶の奥底に眠っていた原体験のようなものを、このとき垣間見たのではないかと思うんです。

七つの大罪 エリザベス
出典:七つの大罪14 鈴木央 P181

七つの大罪 エリザベス
出典:七つの大罪14 鈴木央 P181

ゴーセルによって記憶を消されたことで、エリザベス本人さえも気づかなかった遠い昔の記憶。もしくは「ドルイドの巫女(みこ)」としての記憶かもしれません。

ちなみに、この章のタイトルは「啓示(けいじ)」。啓示とは人知ではわからないような事を、神が現し示すこと。という非常に意味深なタイトルが付けられています。

14巻を持っている人は確認してみてください。

右目の印とリオネス王家の紋章

ここからは、ぼくの勝手な考察になっていくのですが、印とリオネス王家にはなんらかのつながりがあると睨んでいます。

ぼくが注目したのが、リオネス王国の紋章です。

七つの大罪 リオネス王国
出典:七つの大罪 14巻 鈴木央

この印をよくよく見ると、メリオダスたちの装備品にあった印とどこか似ているように思います。

こうして抽象化してみたら、どうでしょうか?

七つの大罪 リオネス王国
出典:七つの大罪 14巻 鈴木央

リオネス王国第3王女であるエリザベスの右目に浮かび上がった印、そしてメリオダス・ゼルドリス・エスタロッサの装備品にあった印、さらにはリオネス王国の紋章。

これらがどれも酷似していることは、もちろん偶然の一致ではないはずです。だとすれば、彼らには何らかの繋がりがあるはずなのは間違いなありません。

なら、その秘密とはなんなのか・・・そこからは考察というよりも妄想になってしまうので今後のストーリーを読むしか分かりませんが、メリオダスが3兄弟であることは間違いないと思っています。

コメント

  1. ハル より:

    知りませんでした!でも、エリザベスの右目に浮かび上がった紋章とメリオダス達との関係が気になります。そして、とても理解しやすかったです!!ありがとうございます。

    • KaoruAnatu anabre より:

      ハルさん

      読んでいただきましてありがとうございます。七つの大罪のアニメ2期目も決定してますから、これからもがんばって記事を書いていこうと思います。よろしければまたお越しくださいませませ。