ドコモの不要なオプション解約方法と気をつけたい意外な盲点

ドコモ オプションサービス 解約

先日ドコモのタブレットを購入したのですが、契約したときに強制的に入らないといけないオプションサービスの解除方法が意外と厄介でした。

しかも、契約申込書に記載されていないサービス(ドコモが提供している外部サービス)にも月額料金が発生するのもあるので気をつけてください。

ドコモユーザーさん要注意です!

スポンサーリンク

申込書から加入しているオプションサービスをチェック

契約しているプランを確認する一番早い方法は、ドコモと交わした契約書を見ればすぐに分かります。

ぼくの場合だと「Xiサービス契約申込書」に契約内容が書かれていました。

この契約書の一覧に料金プランだとか割引サービスだとかが記載されているんですが、この中にズラーッとオプションサービスも載っています。

ぼくの場合こんな感じ、

ドコモ オプションサービス 解約

1つずつチェックしながら解約していったのでちょっとゴチャゴチャしてますけど、とにかく多い。

まぁ、強制的にオプションつけてくるのはドコモに限らす、どこの事業者も同じなんですけどね・・・

で、ここから怖いところ(笑)

オプションサービスが必要かどうか分けていくと、ほとんど解約という結果になりました。

いらなすぎるサービスが多すぎです!

気になるオプションサービス一覧

ネットで一つ一つでどんなサービスなのか調べるのも面倒ですから、ここで簡単な一覧を載せておきますので参考にしてみてください。

ただし!人によっては便利なサービスもある(かも)しれませんので、ドコモの関連サービスのリンクも貼っておきます。

解約は自己責任になりますので、納得した上で解約したいという方はリンクでより詳しいサービス内容を確認してください。

SPモード

インターネットするのに必要です。ただ、自宅のADSLや光回線でネットをする場合解約しても繋がりますが、ドコモメールが使えなかったり、SPモードに付随するドコモサービスが一切使えませんので解約はおすすめしません。

解約するならドコモで契約する意味がありませんので、そのままで大丈夫です

スピードモード/1GB追加オプション

スピードモードとは、利用データ量分を超えても通信速度が遅くならないオプションサービスです。1GB追加オプションも同じサービスですが、スピードモードとの違いは、事前に契約しているかどうかになります。

スピードモードに契約していれば、利用データ量が超えた月に自動的に適応されるのに対して、1GB追加オプションはその都度追加で料金を支払うことになります。

どちらも1GBあたり1000円で、スピードモードは1GBから無制限まで設定ができます。

スピードモードで追加したデータ量も超えてしまった場合、それ以後は追加料金は発生しませんが、通信速度はもちろん遅くなります。

逆に、スピードモードに加入していても、利用データ量内に収まっている場合も追加料金は発生しません。加入しただけでは料金は発生しないということです。

ぼくはこれ以上通信費を負担したくないので即解約。通信速度が遅くなったらWi-Fiに切り替えて使えばいいかなとも考えて、特に必要ないと判断しました。

参考サイトドコモ 料金表

おすすめパック

iコンシェルジュ、スゴ得コンテンツ、クラウド容量オプションの3つのサービスを同時加入にすると、通常月額800円のところ、500円になるパックオプション。

結論から言って必要なし!すぐに解約しましょう。

iコンシェルジュ、スゴ得コンテンツはどちらもドコモのエンタメサービス、クラウド容量サービスは写真や動画ファイルの保存容量を増やすサービスです。

あんしんパック

ケータイ補償サービス、あんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティのパックオプション。

名前からだいたいのサービス内容はイメージできると思います。保証やネットのセキュリティ対策をまとめたパックです。詳しくはコチラのサービス説明を参考にしてください。

個人的にはケータイ補償サービスだけは残して、あとのサービスは解約という方法をおすすめします。

以前であれば、ドコモプレミアムクラブに入会していれば、3年間の無償保証サービスが受けられたのですが、2013年の改定によって、無償保証がなくなり有償の「ケータイ補償サービス」に一元化されてしまったので、ドコモの保証サービスはこれしかないんです。

単体加入の場合、端末によって料金が変わってきますが、iPhone/iPadだと月額750~500円android端末だと月額500~380円かかります。

iPhone/iPadユーザーの参考リンク
https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/delivery/index.html

androidユーザーの参考リンク
https://www.nttdocomo.co.jp/support/benefit/premier/service/delivery/hoshyo_02/

ちなみに、ケータイ補償サービスは一度解約したら、同じ端末では再加入は基本できませんので、くれぐれもご注意ください。

※厳密にはできなくはないんですが、条件が厳しいのでできないという認識でいいと思います

dTV/dヒッツ/dマガジン/dグルメ

サービス名の頭に「d」が付いているものは、ドコモが提供しているサービスになります。

ぼくは、別のドコモIDでdTVdマガジンについてはすでに利用していますし、ほかのサービスは必要ないので解約しました。

ドコモのサービス自体はほかと比べて優秀なものが多いんですが、知らず知らずに加入させるのは印象悪いと思うんですけどね。

それと解約し忘れてると、お試し無料期間を過ぎれば月額1800円というありえない請求が来てしまいます(恐怖)ので、どんなサービスなのか理解した上ではいるべきです。

調べるのも面倒くさいと思う人は解約をおすすめします。

参考リンクdマーケット

個人的にはdTVのコンテンツは面白い。

docomo Wi-Fi

ドコモが設置している公衆Wi-Fiが利用できるサービス。wi-Fiを利用するので、通信料が無料になります。

現在、条件を満たせば永年無料で利用できるみたいです。対象外の人は月額300円発生します。

公衆Wi-Fiを普段利用している人以外は必要ありません。解約するかのポイントとして、「公衆Wi-Fiってなに?」という人は解約しても問題ないと思います。

参考リンクdocomo Wi-Fi

WORLD CALL/WORLD WING

ドコモと提携している海外の通信事業者のサービスエリアで利用できるサービス。海外で電話やメールが使える。

月額はいずれも無料なので、海外旅行とかで利用するかもしれないので解約しなくてもいいと思います。

参考リンクWORLD WING

以上ぼくが気になったドコモサービスです。結果、ほとんど必要なし、あるいは既に加入済みのサービスでした。

さらなる落とし穴に注意

※追記2016/7/1
6月30日をもってNOTTVサービス終了となりました。

実は、ドコモの契約書に記載されていないサービスの中にも、月額料金が発生してしまうオプションが含まれていたんです!

それが

NOTTV

ドコモ オプションサービス 解約方法

という有料の動画サービス。上の画像にあるアイコンがある人は要注意です。プランによって料金が変わるんですが、NOTTVパックの場合だと月額635円発生します。

NOTTVの解約方法は公式サイトに手順が掲載されています。

<※サービス終了につきサイト閉鎖

ドコモケータイ払いと記載されてますが、解約手順はどの支払方法でもほぼ同じになりますので、この手順通りにすすめれば解約できます。

補足 プリインストールされているアプリのアイコンは消せるの?

ちなみにNOTTVはプリインストール(ドコモ端末にあらかじめインストールされているアプリのこと)されているので、アンインストールできません。画面からアイコンを削除することすらできませんでした。

強制停止であれば可能ですが、その場合もアイコンは消えません。プリインストールされている他のアイコンも同様。

使わないアプリのアイコンがずっと表示されるのもイヤなので、ドコモの総合窓口で消す方法がないか聞いてみました。

いつもドコモをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
ドコモ メール受付担当の○○と申します。

(中略)

プリンストールのアプリよっては、アンインストールができないものもございます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
出典:ドコモ総合窓口 回答メール 抜粋

アンインストールできないわけですから、アイコンも消せません。

スマホ・タブレットからの解約手順

ここからはスマホやタブレットからできるオンライン解約の手順や気をつけたいポイントについて書いていきます。

まず、注意したいのが、ネットから解約手続きをする場合、spモードでないと手続きできません

たとえば、Wi-Fiにつなげて利用している人はWi-Fiを解除する必要があります。

Wi-Fiを解除する方法は、[設定]→[Wi-Fi]Wi-FiをOFFに設定すればspモードに自動的に切り替わるはずです。

あと、spモードで解約手続きをする場合、ネットワーク暗証番号が必要になってきます。4ケタの数字を契約時に決めたと思います。

忘れてしまった方は身分証明書を持参して最寄のドコモショップへ行かなければなりませんが、ネットワーク暗証番号を聞くのなら、ついでに必要ないオプションサービスも一緒に解約するのが確実です。

ただし、このときあまり店員さんには強く当たらないようにしましょう。それがマナーです。

ドコモショップで解約する方・ネットワーク暗証番号を忘れてしまった方のみ必読になります

NOTTVはドコモと提携している外部サービスになるので、おそらくショップへ行っても解約できないかもしれません。(ここらへんの状況は分からないのでショップ店員の方に聞いてください)

ただ、ここが厄介なところで外部サービスとはいえ、ドコモのオプションサービスの1つとして契約しているので、解約するときにネットワーク暗証番号は必要です。ぼくが解約したときには求められました。

どのみちネットワーク暗証番号は必要なので、ドコモショップにいかなければなりません。

パソコンから解約手続きをする場合

ドコモIDを持ってる方・パソコンから解約したいと思っている方以外は読み飛ばしてください

spモードを使わなくても解約することはできます。つまり、パソコンやドコモと契約していないスマホやタブレットからでも解約は可能です。

ただし、このときドコモIDが必要になります。

ドコモIDがない場合、新しく作る必要がありますが、ネットからでもすぐの作ることができます。

取得の際には、解約したいドコモ端末の電話番号やネットワーク暗証番号などが必要になります。

詳しくはコチラのサイトを参考にしてください。

解約手順の流れ

解約方法は特別難しいものではありません。ドコモのサイトへアクセスして解約していくだけです。

ドコモ オプションサービス 解約方法

ドコモの「dメニュー」にアクセスして、右上にある「お客様サポート」をクリックします。

ドコモ オプションサービス 解約方法

契約内容確認などのオンライン手続き」をクリックして次へ進んでいください。

ドコモ オプションサービス 解約方法

ドコモオンライン手続き」をクリックします。

クリックした次の画面でネットワーク暗証番号を入力するように求められますので、任意の4ケタの番号を入れます。

ドコモ オプションサービス 解約方法

下にいくと「ご契約内容の確認・変更」という項目があるので、コチラをクリックしてオプションサービスを解除していきます。

マイメニューから外部オプションをチェック

ドコモが提供しているサービスであれば上の手順で解約していきますが、NOTTVのような外部サービスがきちんと解約できているのか、あるいは、ほかの外部サービスにも加入されてないかをチェックするために、dメニューのマイメニューも確認してください。

ドコモ オプションサービス 解約方法

お客様サポートのとなりにあるのアイコンをクリックすることで、現在契約している外部サービスも確認できます。

解約手順は1つ1つ地道に解約していくことになりますので、けっこうな時間を取られます。

人によっては解約するサービスはかなりの数になると思います。解約漏れがないようしてください。ホント、ムダな作業でした。

コメント

  1. かい より:

    とても参考になりました。どうもありがとうございます。
    私は7月に機種変更をしてから料金が高くなったので、調べたらオプションが自動更新されていてびっくりしました。半分、詐欺にあった気持ちです。解約をこちらがしないといけないなんて。
    勉強不足な自分を反省していたところなので、スッキリしました。

    • KaoruAnatu kaoru anatu より:

      こちらこそ参考にしていただきありがとうごさいます。ドコモに限らずスマホの契約は複雑ですよねw

    • ふなしー より:

      かいさんの言葉と同じ感想をもった私です。
      詐欺にあった気持ち。
      詐欺なら合わないけど、この善意のような詐欺はわかりにくいですもん。