ネット決済でクレジットカードは使いたくないという人におすすめのデビットカードという選択

スルガ銀行

パソコンのセキュリティはきちんとやってるけど、スマホやタブレットのセキュリティは?と振り返ってみると、していない人って意外と多いように思います。

ぼくの周りでもパソコンでの被害はあまり聞かないのですが、スマホによる被害はけっこう聞くので、なるべくクレジットカードでの決済は避けるようにしています。

今まではコンビニ決済だとか、ギフトカードを購入して使っていたんですが、これが面倒くさくなってしまい、なんとか簡単に、そして安心して決済できる方法はないものかと探していたところ、見つけたのがデビットカードでの支払いでした。その中でも特におすすめなのがスルガ銀行が発行しているデビットカードです。

未成年でも作れる安心なカード

デビットカードはクレジットカードとは違い、預金口座の残高分しか使えないこともあって、入手する際の審査といったものは一切ありません。

そのため、現在お金を借りていたり、ショッピングローンを組んでいたとしても持つことが可能です。また、借入することができないので、未成年でも持つことが可能で、親が管理しやすいように(ネット明細が残るため)子どもにカードを持たせているケースもあるといいます。

さらに、スルガ銀行が発行しているカードはICキャッシングカードとなりますので、セキュリティ面も心強いんです。(ATMによってはICの使用ができないこともありますが、磁気による読み取りも可能です)

スポンサーリンク

利用限度額は預金残高

デビットカードがおすすめな理由として、預金残高内でのカード利用となるので、インターネット決済専用として持っておくとかなり便利だと思います。

ぼくはネット通販の決済はすべてデビットカードにしているのですが、月に数千~数万円ほど入金しておけば、いつでも利用可能なので、コンビニ決済のように、商品を購入するたびにわざわざコンビニにまで行かなくてよくなりました。

決済の面倒さがなくなった分、注文してから届くまでの時間も短縮されたので、不安だからクレジットカードは・・・という人には便利ですよ。

ネット決済だけでなく海外旅行にも便利な一枚

スルガ銀行デビットカード
出典:スルガIC キャッシュカード ご利用ガイド冊子(2011年11月発行)

知っている方にとっては当たり前かもしれませんが、カードの後ろに「PLUS」というロゴが入っているのを見かけたことがあると思います。このロゴは日本国内だけでなく、海外のATMも利用可能な印なのですが、スルガ銀行のデビットカードではこのロゴが入っているので、海外旅行のお供にもおすすめです。

海外旅行でのカードトラブルもよく聞くところだと思います。海外での買い物は、できることならクレジットカードは使いたくなという人はいるはずです。だからといって現金を持つのも危険。旅行先によっては、現金を持ち歩くこと自体が危ないこともありますからね。

このデビットカードであれば、預金残高のみの利用分しか使えませんので、万が一不正利用されたとしても、最小限の被害に止めることができます。

また、初期費用や年間費が無料にもかかわらず、デビットカードで購入した商品の保険も付いていて、破損や盗難補填として30万円を上限として補償してくれます(2015年1月現在)。

デビットカードのデメリット

ただし、ぼくが今まで使ってきてデメリットと感じたこともあります。それは商品のキャンセルに伴う払い戻しの遅さです。

デビットカードの決済はクレジットカードとは違い、商品購入時とほぼ同時に口座から引き落とされるので(即時決済)、その後キャンセルした場合、1~2ヶ月先にならないとお金が振り込まれないということがあります。

ネット通販では購入してから一定の間キャンセルすることができるサイトも多いですから、キャンセルしてから商品代金が戻ってくるまでにかなりの時間がかかります。

こうした決済によるデメリットがデビットカードにはありますが、サブとして持っておく分には特に問題はないと思います。そのため、メインとして持つのはおすすめしません。

デビットカードなのにコンビニATMの入出金の手数料が無料!!

スルガ銀行デビットカード
出典:スルガIC キャッシュカード ご利用ガイド冊子(2011年11月発行)

ぼくがデビットカードを使うようになった最大の理由はコンビニATMの手数料が時間制限があるものの、無料で入出金できるからです。正直いって、クレジットカードのほとんどが手数料取りませんか?

本店や支店などに設置しているATMの手数料が無料になっていますが、提携店、特にコンビニに設置しているATMとなると、条件付きで無料になったり、利用回数内で無料だったりと、かなり使いにくいことが多い。

そんな中、このスルガ銀行のデビットカードは平日だと7:00~18:00まで手数料無料(2015年1月現在)、しかも土曜日の9:00~14:00(2015年1月現在)も無料となります。

コンビニATMなので、社会人の方でも出勤途中やお昼のちょっとした時間に利用することができるので、これはかなり利便性の高いカードではないでしょうか。

しかも、時間制限はあるものの、回数制限はありませんので、一日何回利用してもこの時間帯であれば手数料が無料なんです。

楽天銀行デビットカードとの比較

デビットカードを発行している主な銀行を探してみると、スルガ銀行以外に楽天銀行があります。ではこの二社では、どちらがおすすめなのかといえば、やはりスルガ銀行が発行しているデビットカードになります。

楽天銀行デビットカードは年会費1029円が必要になります。月額にしたらたいしたことないかもしれませんが、コンビニATMの毎回の入出金の手数料が痛い。手数料無料回数が決まっており、それを超えると毎回216円(2015年1月現在)が手数料としてかかってしまうため、メインならともかく、サブとして使うには使いづらい。

というわけで、やっぱりスルガ銀行のデビットカードが最強ということになります。ネット決済専用としてカードを探している方には、もってこいのカードだと思います。