漫画版新世紀エヴァンゲリオンよりネルフの三大計画について考える

ネルフ、そしてゼーレの最終目的は人類補完計画を完遂することでした。

しかし、最終的には碇ゲンドウの暴走によって、志半ばで失敗したわけですが、人類補完計画の他にも同時進行で進んでいた計画がありました。それが、

E計画(アダム再生計画)アダム計画

という二つの計画。

いずれも人類補完計画に欠かすことのできない計画ですが、E計画とアダム計画との名称が似通っていることから同一視されがちですが、全く別々の計画だったみたいですね。

ぼく自身、単行本読むまでほぼほぼスルーしていたので、ここで改めてざっくりと整理していこうと思います。

※細かくやるとアラが出るのでそんなことしません。

スポンサーリンク

E計画

E計画とはなんなんだと言えば、セカンド・インパクトによって消失してしまった光の巨人こと、アダムを模して人造人間を造る計画のこと。ようはエヴァンゲリオンを造るための計画です。

見た目からしてエヴァはロボット(兵器)と思いがちですが、「」が宿っている点で人造人間と考えていいのかなと個人的には思います。

たとえば、弐号機にはアスカの母親の魂が宿っていますよね。

漫画エヴァ9巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(9) 貞本 義行 カラー

実験中の事故により魂がエヴァの中に取り込まれてしまいます。ゼーレによるネルフ総攻撃で、アスカが精神崩壊から抜け出し覚醒できたのも、弐号機の中に母親(の魂)に気づくことができたからでした。

そして、アスカ母同様、シンジの母親ユイも同様にエヴァの実験中の事故で魂が取り込まれてしまいます。

漫画エヴァ10巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(10) 貞本 義行 カラー

ただ、ユイのケースではレイが代わりに生まれることになります。

厳密に言えば、サルベージ(肉体を再構築して精神を定着させること)が失敗したため、魂のない入れ物がレイです。

では、なぜ彼女に多少なりとも感情があるのかといえば、それは彼女にはリリスの魂が宿っているからです。分かりやすいシーンでいえば、単行本11巻でしょうか。

漫画エヴァ11巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(11) 貞本 義行 カラー

冬月が「欠けたリリスの心」と言ってレイをチラッと見ていましたが、リリスの心はレイの中にあるわけです。

サード・インパクトではリリスとレイが融合していますので、ここらへんは問題ないはず。

アダム計画

二つ目はアダム計画。これは、セカンド・インパクトで消失した光の巨人(アダム)そのものを人の手で再生させる計画です。

「模す」のではなく「再生」させる点で、E計画とは異なります。ただ、この計画はネルフでは研究されていなかったようです。

漫画エヴァ4巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(4) 貞本 義行 カラー

アスカの随伴として日本にアダムを持ちこんだ加持リョウジ

アスカがドイツからやってきたことから、アダム計画はドイツで研究され、再生に成功していたことが分かります。

人類補完計画

三大計画の最優先事項にして、人類を滅ぼす悪魔の計画。

正直言いまして、この計画の全貌はよく分からないので、ここではゼーレとネルフ(碇ゲンドウ)のシナリオの違いをざっくりと整理していきます。

碇ゲンドウにとっての人類補完計画は、あくまで妻ユイともう一度再開するための手段でしかなかったわけです。前代未聞の私的流用で、しかも神をも越えようとする大スペクタクル恋愛です・笑。

一方、ゼーレの目的と言えば、「偽りの継承者」たる人類が、神の子、つまりはリリスからではなくアダムから生まれ変わることで、「正統な継承者」になるという為政者にありがちな思想です。

エヴァンゲリオン 11巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(11) 貞本 義行 カラー

いずれにせよ、人類にとっちゃぁはた迷惑な話でしかない。

結局はシンジに人類の行く末を委ねるわけですが、シンジとユイの関係性を強く強調していたのが漫画版の特徴でした。そのため、サード・インパクトからのシンジの決断の流れは、とても読みやすかった。

漫画版エヴァが概ね好印象なのは、分かりやすいエンディングということもあると思います。ただ、もし漫画版がエヴァ人気全盛の頃に完結していたら、酷評の嵐だったと思う。

なぜって、初号機がアダムベースで造られたと読み取れる箇所があるので・・・

新世紀エヴァンゲリオン (14) 貞本 義行 カラー
「人類補完計画」が遂行されていく中、人々はLCLの海の中に飲みこまれていく。シンジはレイと相対し、彼が下した決断とは――? 累計2500万部突破の大ヒットコミックス、堂々の完結!!
Amazon 楽天市場