漫画版エヴァンゲリオン ラストシーンを読み解く

漫画版エヴァ最終巻となる単行本14巻のラストのコマ。

サード・インパクト後の世界でシンジのバッグに付けられていたのは、ミサトが手渡したと思われる十字架のペンダントでした。

漫画エヴァ14巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(14) 貞本 義行 カラー

ペンダントの描写はこれだけではありません。

シンジはサード・インパクトにおいて、神の子としてリリスと融合したレイにいろいろ質問されていましたが、あのときにもミサトのペンダントが描かれていました。

ぼくの考え、といいますかストーリーの流れから初号機に搭乗するまでのシンジとミサトとのやり取りから、サード・インパクトの発生までの一連の展開を読み解くことで、最後のあのラストシーンのコマにつながるように思うんです。

というわけで、今回はミサト回です。

スポンサーリンク

ミサトの最後のキス

これまでのシンジにとってエヴァに乗っているのではなく、父さんやネルフの大人たちの命令に従て乗らされてる感が強かったわけです。

そして、トウジ、アスカ、レイ、そしてダメ押しのカヲルくんを自らの手で握りつぶすというトラウマによって、精神がズタボロになってしまう。

漫画エヴァ12巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(12) 貞本 義行 カラー

彼が選んだのは「乗らない」という選択。大人なんて信じられらいとダダをこねる。人類の滅亡を受け入れるというよりも、すべてが嫌になった感じ。

だが、ここでミサトが「希望を持ってほしい」とシンジに訴えかける。他人のためではなく、自分のために乗ってほしいと。

そして、ミサトの本気のキスが入る。

漫画エヴァ12巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(12) 貞本 義行 カラー

シンジも半目でうっとりですが、なぜこんな時にミサトは欲情、いや、大胆な行為に出たのか。まぁ、これは言うまでもなく一種に通過儀礼なのかなと思います。

ミサトの「与えたり、駄々をこねたり、殻に閉じ籠ったりするのはもう終わりよ 卒業するの」というセリフもありましたり、その後のシンジが決断する「答え」も今までとは違うことから、一種の伏線とも言えます。

ゲンドウの態度からますます内に籠ってしまったシンジなので、やっぱり誰かがきっかけを作らないといけなかったわけです。しかも、相当のインパクトが必要。

それが、あのミサトの本気キスだったんだと思います。

ミサトの存在によってシンジのその後(サード・インパクト)の答えが変わってくることから、十字架=ミサトと考えるのがしっくりきます。

今さら説明しなくてもといったところですかね・苦笑。

サード・インパクトと十字架のペンダント

悲しいことに、ミサトはサード・インパクトが起こる前に死んでしまったことから新しい世界にはいません。

サード・インパクトはすべからく魂が還元されるわけではありません。そのため、ミサトの象徴としてあの十字架のペンダントが代わりに使われていました。

キスの前にミサトはシンジに十字架のペンダンとを渡します。ゼーレが送り込んだ国連軍に追い詰められたあの時ですね。

漫画エヴァ12巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(12) 貞本 義行 カラー

単行本14巻において、十字架のペンダントは度々登場していました。一つ目はサード・インパクトが発生したとき。シンジに人類の未来が委ねられた場面。

漫画エヴァ14巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(14) 貞本 義行 カラー

十字架のペンダントのコマを挟んで、シンジが今までとは違う答えを綾波(リリス)に話していることを考えても、ミサトの言葉がどれだけシンジに影響されたのかが分かります。

漫画版では、シンジが幼少期に聞いたユイの言葉を思い出したことが決定打となって人類補完計画が頓挫したわけですが、そもそものきっかけを辿っていくと、ミサトの存在が大きいことは言うまでもありませんよね。

ラストカット

ここまで単行本のストーリーの流れを見てきた通り、ミサトの影響力は大きかったのは確かです。人類を救った遠因といっても過言ではない。

そこで、いよいよ問題のラストカットになるわけですが、ポイントはシンジのセリフでしょうか。

漫画エヴァ14巻
出典:新世紀エヴァンゲリオン(14) 貞本 義行 カラー

自分の足で人生を切り開いていこうとするシンジの決断。これは、ミサトさんがペンダントを手渡したときにシンジにいったセリフと繋がっています。

もう一度おさらいすると、ミサトがシンジの唇を奪うあのシーンは、殻に閉じ籠っていた状態から卒業する通過点として描かれていたわけですから、サード・インパクト後の世界におけるシンジのポジティブなセリフには違和感はありません。

シンジがサード・インパクト後の世界で、なぜ十字架のペンダントを大切にしていたのかは推測の域を出ないのですが、シンジは神の子としての役割に担っていたことから、わずかながら記憶が残留していたのかもしれません。

相田やアスカとの記憶はほぼなかったものの、苗字は「」のままでしたしね。

新世紀エヴァンゲリオン (14) 貞本 義行 カラー
「人類補完計画」が遂行されていく中、人々はLCLの海の中に飲みこまれていく。シンジはレイと相対し、彼が下した決断とは――? 累計2500万部突破の大ヒットコミックス、堂々の完結!!
Amazon 楽天市場