CLIP STUDIO(クリップスタジオ)背景が透過した「透過イラスト」で保存したい場合

サイトやSNSなどにクリスタで描いたデジ絵を公開するとき、背景がついてしまうのがイヤなことがあると思います。

これから紹介する簡単な方法を知っておくと、けっこう役立つ場面が多いので、この機会に手順を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

クリスタでできる簡単透過イラスト

クリスタでイラストを描いていく場合、下書き、線画、塗りといったように、それぞれにレイヤーを作成して作業工程を区別していると思います。

新規キャンパスを作成する場合、背景が白地のキャンバス(用紙)で設定したサイズが表示されます。

そのため、イラストを完成させ、保存する段階になったとき、そのまま保存してしまうと、背景の白地も一緒に保存されてしまいます。

ブログやウェブ上にアップロードする場合、白バックの用紙が表示されるので、背景がどうしても付いてしまう。

そこで、イラストを保存するときに、背景レイヤーを透過させて保存しておくことで、背景が透過したイラストを簡単に作成できます。

クリスタを実際に使用した設定方法

今回はこのブログのロゴを使って背景を透過させる方法を説明(説明というほどでもないけどね)しようと思います。

アナブレロゴ

ロゴの背景が白の状態です。そのため、バックが白以外だと、はっきりと境界線ができてしまい、見た目にもあまりよくありません。

クリスタのデフォルト(なにもカスタマイズしていない状態)では、右下にレイヤーパレットが配置されていますが、このレイヤーをちょこっといじくるだけで背景を透過させることができます。

レイヤーパレット

赤枠で囲まれている白色の背景に目のマークがあるのがわかります。これは「表示」「非表示」を表すマークで、この目マークが表示されているため、背景が白色になっています。

レイヤーパレット

この目マークの表示にカーソルを合わせてクリックして非表示にすることで、背景が表示されなくなるので、簡単に透過イラストを作成することができます。

anabreロゴ

こうすることで、背景が白色ではなく、格子状の模様が表示されますが、これは背景が透過されている状態なので、このまま保存して、ブログなどのサイトにアップしても格子状の背景は表示されません。

手順自体はぜんぜん難しくないのですが、ぼくがはじめて背景を透過させようと思ったとき、クリスタの公式サイトでいろいろ調べたという経験もあったので、一応手順を書いておきます。

参考というか確認として。