え!?複数のローンを一つにまとめる「おまとめローン」ってお得どころか損のほうが多いの?

おまとめローン

複数のローンを組んでいる人にとって、借金を一つにまとめることで支払う利息が減らせたり、月の返済日も一回で済むようになるため、お得なイメージがあると思います。

ぼくも今まではそう思っていたんです。ところが、これって金融業者や銀行のただの刷り込みにすぎないかもしれないんです!

この事実を知ったきっかけは、横山光昭さんの著書『年収200万円からの貯金生活宣言』の中で、「おまとめローンはおすすめしない」というアドバイスでした。まさに目から鱗の情報です。

借金の返済に追い込まれたら、必ずといっていいほどこれ(おまとめローン)を検討してしまいがちです。雑誌やスポーツ新聞、ネット、DMなどいたるところで目にすることもありますが、楽になるような勧誘文句のオンパレードなのです。(中略)銀行などでの一本化も実施されていますが、審査はかなり厳しいものです。返済も極端に楽になるわけではありません
出典:年収200万円からの貯金生活宣言 横山光昭 P191

横山さんは現在ファイナンシャル・プランナーとして活躍なさっている方。特に借金問題の解決が得意分野で、家計再生コンサルタントとしても活動なさっているといいます。

今は4人に一人が消費者金融を利用している時代です。現在借金に悩んでいる方も、そうでない方も知っておくべき情報なんです。

スポンサーリンク

なぜおまとめローンを利用してはいけないのか

おまとめローンを安易に選んではいけないのか?まずは、そのデメリットを紹介しながら、理由を考えていくことにしようと思います。

そこで、何かモデルがあると理解しやすいと思いますので、ここではよくCMでも見かける東京スター銀行のおまとめローンを例として考えていくことにします。(2015年現在のサービス参照)

まとめることで支払い期限が延びてしまうことがある

東京スター銀行のおまとめローンのページには総額200万円のローンを複数社から借りている場合の試算モデルを挙げています。まずは、このモデルを参考に考えていくことにしましょう。

東京スター銀行のおまとめローンを利用した場合の金利は、年率5.8%~14.8%となります。たしかにこれは低金利でローンを一つにまとめたい衝動に駆られてしまいますが、注意したいのが完済するまでの期日の設定です。

このモデルではどちらも同じ期間での完済をモデルにしているのですが、おまとめローンで借金を一元化したとしても、およそ3千円の負担軽減です。

年単位で考えると、3万円以上のお得ですから、確かにそれなりの効果がありますが、本当に3千円程度の削減で、来月から毎月借金を返済していくことができるのか疑問ではありませんか?

複数の消費者金融にお金を借りている場合、借金返済の一部に充てるためにお金を借りるという、いわゆる自転車操業のようなケースもありますので、数字だけに踊らされずに、まずはご自身のご利用状況を把握した上で、本当にお得かどうかを見極めていく必要があります。

というのも、いくら低金利だからといっても、返済期間が延びていけばいくほど、おまとめローン以前よりも返済期間が長くなっていまう可能性があり、長い目で見ると借金をまとめた方が返済額が多くなってしまうことも十分考えられます。

現に東京スター銀行のページにはこのような説明があります。

利用者のことを考えた文言のように思えますが、返済は延長すればするほど銀行への利益が増える仕組みになっていることは理解しておく必要があります。

また、東京スター銀行の金利設定はさきほども言いましたが、年率5.8%~14.8%。ほかの消費者金融業者よりも低く設定しているということは、リスク軽減のため、それだけ審査が厳しくなっているはずです。

そのため、利用したくても利用できないというケースもあるかと思います。銀行以外の業者も同様です。

稀に審査が通りやすい消費者金融業者がネットの口コミなどで話題になったりしますが、こうした業者はほぼ悪徳業者か信用できない業者と思っていい。それだけリスクを伴いますので、基本的には審査は厳しいと思った方がいいでしょう。金融商品に「甘い話」は絶対にありません!

過払い金請求ができるのを知らないばかりに・・・

2007年に改正された賃金業法によって銀行や消費者金融業者が多くとり過ぎていた金利を請求することができるようになりました。これは、特におまとめローンを利用しようと考えている方に当てはまる可能性が高いといえます。

しかし、おまとめローンを利用してしまうと、過払い請求対象者であっても金利の引き直し計算がされないため、本来であれば減額されるべき借金を、減額されずに全額返済しなければならないというケースがあります。

過払い請求については東京スター銀行でも説明しています。「お申し込みをご検討されているお客さまへ」という見出しで説明しているのですが、ただこうした大切な情報はきちんと説明してほしいものです。

例のごとく小さい文字で、しかも一番最後までスクロールしないと気がつくことはありませんが、文章として記載していることから、利用者である私たちがしっかりと情報を把握しなければいけません。

面倒くさいという理由によって、本来であれば払わなくてもいい金利を、知らず知らずのうちに払っているなんてことが現実に起こっているのです!

自分だけで解決しない

債務

今回の東京スター銀行のように(一応)おまとめローンについてのデメリットについても説明しているのはまだいいほうで、ろくに説明してない業者も存在していますので利用する際には注意が必要です。

おまとめローンを検討するのであれば、弁護士や司法書士などに相談してみたほうが現実的な解決に結びつくことが多いのでおすすめです。

たとえば、借金や債務問題を専門に扱っているジャパンネット法務事務所では、メールによる無料相談をしているので、気軽に相談できます。

いくら専門家といえども、借金などのお金の相談に抵抗を感じる人もいるはずです。そのため、まずは抵抗の少ないメールからあなたの現在の状況を話してみてはいかがでしょうか。

ジャパンネット法務事務所さいむ.com