テレビ局が視聴率を気にしすぎる理由

ときたまテレビ局内が映されることがありますが、どの局内でも廊下やオフィス内にドラマやバラエティーの番組名と共に視聴率がデカデカと書かれた紙が張られている光景を見かけます。

視聴率は番組の人気バロメーターなわけですから、テレビ局が注目するのは分かります。

ただ、視聴率は単なる人気指数だけではなかった!

そこには、テレビCMという名の広告費に、ド直球に影響する裏事情が絡んでいたんです。今回はそんなイヤらしいお金の話。

スポンサーリンク

テレビCMの種類

まずは、テレビ局の主力収入源であるCMの種類から見ていきます。CMにはタイムCMスポットCMの2種類があります。

今回はより分かりやすいように「ゴットタン」でお馴染みの一流テレビ局のテレビ東京さんを例に見ていくことにしましょうw

タイムCM

個別番組を提供し、その番組に含まれるCM枠内で放送する広告のことで、オープニングやエンディングに挿入される「御覧のスポンサーの提供でお送りします(しました)」のナレーションと共に各企業が表示(提供表示)されますが、アレです。

ゴットタンであれば、オープニング、番組途中、そしてエンディング前にCMが流れますが、あの枠がタイムCMというものです。

ゴットタンの現在のスポンサー企業はザ・リーヴという不動産企業。ザ・リーヴのおかげで、毎週視聴することができるわけです。

また、タイムCMに企業が払う費用の算出方法ですが、一般的に

タイムCMの料金=電波料+制作料+ネット費
出典:ネット業界儲けのカラクリ 高橋暁子 中経の文庫

となるようです。ただ、実際には番組評価などによって料金は異なるみたいですので、参考程度に。

スポットCM

番組の放送が終了し、次の番組がはじまるまでの間にもCMが流れていますが、あのCM枠がスポットCMになります。

ゴットタンの放送が終了し、次の番組が始まるまでに流れているCMです。タイムCMのように特定のスポンサー企業がいないので、複数の企業が広告を出せます。

そのため、発注金額、発注期間、放送したい時間帯などを自由に考えて広告が打てます。企業の新商品とか、期間限定キャンペーンなどに使われることが多いようです。

そして、このスポットCMの費用に視聴率が強く関係しているんです!

スポンサーがスポットCMを流したい時、テレビ局から見積をとります。見積もりは、視聴率1%につきいくらという計算になり、視聴率は収益に直結するため、重要な存在なのです。
出典:ネット業界儲けのカラクリ 高橋暁子 中経の文庫

スポットCMの料金には「視聴率」の数値がとても重要なことが分かります。視聴率が稼げてなきゃ企業に高い広告料を請求できませんからね。

1%で右往左往するわけだ!

タイムCMとスポットCMの売上比

テレビに流れているCMのうち、スポットCMの製作費にガッツリと視聴率が影響していることが分かりました。

では、タイムCMとスポットCMの売上比はどのくらいなんだと、平成28年度の決算短信を確認してみると、

TBS決算
出典:平成28年3月期 決算短信(連結)|TBSホールディング

スポットCMの方が13億円ほど少ないですが、どちらの売上も800億円を上回っています。

この比率は他のテレビ局も金額は違えど、だいたい半々くらいの売上でした。売上からも、視聴率がテレビ局にとっていかに大切な数値であるかが分かります。

ちなみに、ここ数年の視聴率低迷に伴い広告収入が落ちてきているのは誰もが察しているところ。そこでテレビ局は、不動産やらアニメ・ドラマの関連グッズやら、シルク・ドゥ・ソレイユやら手広く事業を広げています。

シルク・ドゥ・ソレイユはフジテレビが広告塔となってバンバンアピールしていますが、残念ながら28年度の売上は芳しくなかったようです。

イベント事業においては、2月に全国ツアーがスタートしたシルク・ドゥ・ソレイユの新作「ト―テム」や「スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』」などが貢献したものの、前年度に年間を通して売上に貢献したシルク・ドゥ・ソレイユ「オ―ヴォ」の反動減により減収となりました。
出典:平成28年3月期 決算短信(連結)|株式会社フジ・メディア・ホールディングス

シルク・ドゥ・ソレイユってそんなに売上に貢献してたのねと少し驚きました。

視聴率問題

そういえば、数年前から番組の開始時間が7:57分といったように中途半端にはじまることが多くなりましたが、あれって、視聴者を待たせないための配慮とばかり思っていたんですが・・・

スポットCMの料金算出を知ってしまった今では、スポットCMの広告枠が埋まらなくなったからとも考えられます。

お寒いテレビ局事情がこんなところからもうかがい知れます。

ネット業界 儲けのカラクリ 高橋 暁子
ネットの世界はサービスなどの相場がとてもわかりにくい。誰もが知っているIT企業やネットサービスの値段、同業の実店舗ビジネスとネット店舗を比べた時の値段などが分かる本
Amazon 楽天市場