叙述トリックを駆使した綾辻行人の「十角館の殺人」を解剖

1987年に出版された『十角館の殺人』。当時ミステリ史上最大の驚愕を読者にもたらしたとされる綾辻作品を今回取り上げていきます。

叙述トリックの代表作とし知られていますが、実際には叙述トリック以外にもアリバイ・トリックなどを駆使した二十三十の仕掛けを施しています。

さらにはアガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』をプロットに舞台はクローズド・サークル、そして見立て殺人とこれでもかと詰め込まれた作品は解剖するにはうってつけの題材でした。

本編に入る前に注意!思いっきりネタバレ含んでますので、未読の方は離脱を。このまま読み進めてもたいして面白くないですよ・笑

注意喚起したところで本題どうぞ!

スポンサーリンク

幾重にも絡まったトリック

まず、この作品に使用されているトリックを抜き出していくと、主に2つのトリックを見つけることができます。1つはアリバイ・トリック

犯人である守須恭一が角島の十角館に同行しなかったように河南たちに思わせていたアリバイ工作。これによって、守須を犯人から自然と除外させた。

さらに、ここでもう一つの叙述トリックによって、読者に対してもミスリードさせる。叙述トリックとは、読者に意図的な思い込みや、解釈を誤らせるワザ。

十角館の殺人では、この二つのトリックを併用することで、作中の登場人物と読者の両方の目を騙していました。

名前の思い込み

たとえば登場人物のニックネーム。

登場人物は大学のミステリ研究会のメンバー。この作品では、角島と大分県内の二つの場面を縫うように事件の真相へ迫っていくストーリーでした。

大分県内で事件を追っていったのは住職の島田と、ミステリ研究会のメンバーであった河南孝明、同じくメンバーの守須恭一

冒頭、河南孝明の人物説明においてこんな文章があります。

このとき彼は、江南を「かわみなみ」ではなく「こなん」と発音した。
出典:十角館の殺人 綾辻行人

これぞ叙述トリック!「江南」という苗字を文字ってコナン、つまり、シャーロックホームズの生みの親であるコナン・ドイルが彼のニックネームであると読者に刷り込ませる。

そして、この当て字法則を、守須恭一にも無意識にあてはめることで、彼のニックネームを怪盗ルパンの作者モーリス・ルブランと錯覚を誘う。

「恥ずかしながら、ドイルです。コナン・ドイル」
「ほほう。大家の名ですな。守須君はじゃあ、モーリス・ルブランあたりですか」
警部は調子に乗って尋ねた。
出典:十角館の殺人 綾辻行人

このとき調子に乗った警部とは読者でもあったのである。

クローズド・サークル

『十角館の殺人』はアガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』をベースとして描かれているのは周知のとおり。

そのため、連続殺人のトリックや構成に共通点を数多く見つけることができるのですが、ここではその中でも2つの共通点を少しばかり掘り下げていきます。

まずはクローズド・サークル

この作品は、いわるゆクローズド・サークルと呼ばれるもので、外部との連絡が絶たれたシチュエーションが舞台となります。

『そして誰もいなくなった』では兵隊島、『十角館の殺人』では角島という孤島がそれぞれ舞台になりましたが、『そして誰もいなくなった』では、途中から嵐も外部と遮断する要因として描かれていました。

一方『十角館の殺人』では犯人のアリバイ工作のため嵐は描かれませんでしたが、後半、一時的な豪雨はありました。

一般的に、クローズド・サークルのメリットとして、科学的な捜査が不十分のためトリックの幅も広がり、綿密な構成が組めますが、作者の力量がモロに出る。

作中、現代の探偵小説について学生たちのこんな議論が描かれていました。

「警察機構、黄金時代の名探偵たちが駆使したような、華麗な理論や推理とは似て非なる、でいてそれを超えてしまった捜査技術の勝利に拍手を送る気には、僕はなれないね。現代を舞台に探偵小説を書こうという作家は、必ずここで一つのディレンマに陥ってしまうことになる。
出典:十角館の殺人 綾辻行人

そこでこのディレンマの、最もてっとりばやい、と云っちゃあ語弊があるか、有効な解消策として、さっきから云っている「嵐の山荘」パターンがクローズアップされてくるわけさ」
「ナルホド」
ルルウは真顔で頷いた。
出典:十角館の殺人 綾辻行人

ここでいう「嵐の山荘」パターンとはクローズド・サークルのこと。角島という孤島での連続殺人は、作者が嵐の山荘を地で行くミステリ作品、綾辻行人のデビュー作ということで、なかなか度胸がありますな。

見立て殺人

もう一つの共通点は見立て殺人

『そして誰もいなくなった』ではマザーグースの童謡「10人のインディアン」が元ネタでした。さらに殺人が起きるごとに陶器の人形もなくなっていく。

一方、『十角館の殺人』では「犯人役」「被害者役」「探偵役」と書かれた7つのプレートにそって連続殺人が行われていきます。

見立て殺人とはつまり、「何か」に見立てて殺人が行われていくことで、童話であったりプレートであったりとさまざま。

ちなみに、綾辻行人の『霧越邸殺人事件』の中で、見立て殺人を3つに分類しています。

①晒し者にするなど死体装飾に意味がある場合
②見立てる唄や詩自体に意味がある場合
③見立ては目眩ましで、手がかりなどを隠し別の虚像を与える場合
出典:ミステリ辞典 ミステリ辞典編集委員会
霧越邸殺人事件(上) 綾辻 行人
信州の山中に建つ謎の洋館「霧越邸」。訪れた劇団「暗色天幕」の一行を迎える怪しい住人たち。邸内で発生する不可思議な現象の数々
Amazon 楽天市場

さらに、この見立て殺人ですが、その生みの親が、あのS・S・ヴァン・ダインと言われているんです、ん~面白いですね~。

ヴァン・ダインが創り出した「見立て殺人」はアガサ・クリスティの作品にとり入れられ、そして綾辻行人の『十角館の殺人』へと繋がっていく。

フェア・アンフェア論争

ここでちょっとミステリ講座

ヴァン・ダインと言うと「ヴァン・ダインの二十則」を思い出す人は多いと思います。推理小説とはこうあるべきだと、自らの信条を20の項目にまとめたものです。

ここで気になるのがアガサ・クリスティとの「フェア・アンフェア論争」。このとき論争の中心になったのが「叙述トリックは推理小説と言えるのか?」という問題だったんです。

現代では時代遅れの信条となってしまいましたが、この作品のベースがアガサ・クリスティ、そして犯人のニックネームがヴァン・ダイン・・・

綾辻行人は処女作品にして明らかに狙っていることが分かりますねw

※「ヴァン・ダインの二十則」については↓の作品を読んでみてください。

ウィンター殺人事件 ヴァン・ダイン 宇野利泰
レクスン荘の当主カリントンは、秘蔵のエメラルドの安全に不安を抱き、ヴァンスの助力を要請した。ところが、長男の帰国歓迎パーティの席上、宝石室の番人が殺され、彼の危惧は事実となって現われてしまった
Amazon 楽天市場

良心

最後に触れたいのは事件真相のきっかけとなったボトル・メッセージ

アガサ作品では、余命を悟った元判事が自分のエゴのもと事件のトリックを告白するという威圧的で救いようのない阿呆でした。

一方、綾辻作品では冒頭、犯人が神に罪を委ね、ボトルを「良心」と言い換えていた。そして、このレトリックが最後に効果を生むことになる。

子供たちがそろそろ家路につこうとしている。彼は拾った壜を握りしめ、彼らのほうにゆっくりと歩み寄っていった。
「坊や」
1人の男の子を呼び止めた。
「ちょっとお願いがあるんだ」
子供はきょとんとした目で、彼の顔を振り仰いだ。夕凪の海のように静かな微笑を見せながら、彼は子供の手にそれを持たせた。
「あそこにいるおじさんに、これを渡してきてくれないか」


出典:十角館の殺人 綾辻行人

ボトルを子供に渡して終わるあたり、非常にいやらしい・笑