ダンまち10巻 英雄とは愚者であることなり!

9巻から続くゼノス編。ゼノス(知能が高いしゃべるモンスター)側に立つベルたちと、彼らを狙うイケロス・ファミリアとの衝突が描かれます。

数巻に渡って描かれてきた伏線が、この巻でいくつも利用されていることからも、今回前々から作者が書きたかったテーマであることが分かります。

あとがきにもありましたしね。

なら、作者はどうやってこの戦いを終わらせたのか。人類との共存を望んでいたゼノスたちの最期が悲劇(暴力)で終わるなら、今までの展開となにも変わりゃしませんから。

今回はそこが一番の見どころ(以下ネタバレあり)かな。

スポンサーリンク

愚者と英雄

さて、今回ベルの行動にはかなり違和感があったんじゃないでしょうか。ウィーネらゼノスの存在を知るや、モンスターを倒すことにためらいを感じ、結局最後の最後までこの症状は治らなかった。

一方でディックスには迷いなく刃を向け、さらにはロキ・ファミリアに対してもファイヤボルトを放ち、ろくに説明すらままならない。

ベルの心情としては、ゼノスを守りたいという思いがあるのは分かりますが、敵として牙を向ける基準は優柔不断で曖昧な印象が終始描かれる。

まさに、ディックスが言い放った「偽善者」そのままの行動です。しかし、ベルの行動は実は意味があったんだよと急展開を見せる。

「『偽善者』と罵られる者こそが、『英雄』になる資格があると」その言葉に、ベルは目を見開き、顔を上げた。(中略)長い時を生きてきた黒衣の魔術師は、最後に言った。
愚者であれ、ベル・クラネル」
出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 大森 藤ノ

迷い、悶え、悩みながら決断していけ、ベルが出した答えは最善の回答では決してなかった。

奇跡と偶然でなしえたウィーネ救出作戦ですが、ベルが苦しみながらも出した答えは英雄になる素質があるんだ!ということなんでしょうか。

ぼく的には今回はベルくんの心の成長物語という印象が強かった。そのためステータスはほとんど上がってなかったものの、頭が禿げるくらい悩んだことで、英雄になるためのきっかけを今巻で描きたかったのかも。

でも、読者によってはこの巻に物足りなさを感じ人もいたのでは??

ディックスの鬼畜さ

今回の見どころはなんといってもディックス率いるイケロス・ファミリアの鬼畜さですね・笑。ここ数巻、ダンまちの描写にはグロ表現が多くなってきたイメージがありますが、今回はグロさが際立ちすぎてます。

『怪物趣味』の男達だ。
モンスター、とりわけ半人半蛇など人型の異形種に欲情する異常性癖。人類側では最大級の蔑称とされ、忌避されている。
出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 大森 藤ノ

取り乱したように語気を荒げるラーニェに、男達の腕が伸びる、傷ついた体に加え、三人がかりでは碌(ろく)な抵抗も働けない。蜘蛛の下半身を手で抑え込まれた途端、鳥肌が走った。装着していた鎧を剥ぎ取られ、冒険者の戦闘衣に包まれた豊かな胸があらわになる。
出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 大森 藤ノ

けっこうきわどいところを攻めてます。暴力で蹂躙され、その上尊厳まで踏みにじる鬼畜さ、グロいです。

ただ、鬼畜野郎ディックスのあっけない最後はスカッと気持ちがよかった。ベルに倒されるんじゃなくて、まさかベルに因縁(笑)のあるあのモンスターに真っ二つにされるとは・・・やはりこの作品の裏の主人公はアイツですな。

フェルズの存在感w

結局ゼノスとはなんだったのか?見た目はダンジョンに棲むモンスターだけど、知能が高いため人間と話せるし、理性があり思いやりもある・・・生まれがダンジョンという出生の違いだけで、地上にいる亜人(アマゾネス・エルフなど)との違いがよく分からない。

そもそもモンスターとは人間を襲う憎っくき敵であり、そこの同情の余地はない。理性を持つことでイレギュラー扱いとなったゼノスの存在は厄介なのは事実。

ただ、今回ウィーネが死ななかったことで、今後もゼノス問題はベルの前に立ちはだかることは必須、どういった解決を見せるのか?10巻では描ききれていなかったのは残念だった。

でもこの問題はけっこう難解なので、落としどころをどこに持ってくるのか、作者ものすご~~く悩んでそう。

ウェルズ
出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 大森 藤ノ

それにしても、15年間もゼノスをサポートし続けたフェルズの存在感のなさったら悲しすぎる・・・最後ベルくんが助けたような感じになっちゃてますけど、実際はフェルズのナイスアシストのおかげですからね。

でも、そのあとのゼノスたちの反応は、、、

「ベルさんっ、本当二、ありがとウ・・・!」
「すまねえ、ベルっち・・・ありがとな!」
「・・・アリガトウ。感謝、シテイル」
出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 大森 藤ノ

フェルズにもお礼いってあげて!!

今後の展開

フェルズの「愚者であれ」という言葉は、ベルにとって少なからず救いにはなった。

英雄達が下したそれは、時に残酷であり、時に非常であり、時に許されざるものであり・・・そして、何よりも尊い意志だった
出典:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 大森 藤ノ

今後もベルくんには1人の人間にはあまりにも重すぎる選択に直面するはずです。こうした選択はいくらレベルを上げようとも、ベルの中にゆるぎない信念がなければすぐに折れてしまう。

英雄に憧れていた1人の少年に必要なのは、レベルやスキルだけでなく愚者であり続けるゆるぎない意志といったところでしょうか。

スキルの急激な成長に比べて、追いついてきていなかったベルの心をこれでもかと悩まし続けた9、10巻は、今後のストーリーにおいて重要な回だったと思う。

そして、これからも苦しい選択が迫らせるベルくんにを最後まで見守っていこうじゃぁないか!!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 大森藤ノ
理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。 そして、
Amazon 楽天市場