シャドウバース A1昇格!本当の戦いはここから

シャドウバース
出典:シャドウバース(スクリーンショット)

ランクが上がってるわけなんで、そりゃ強い相手ばかりなんですが、AランクはBランクの比ではなかった。勝率5割保てばいいほうで、気を抜けばあっという間に連敗まっしぐら、怖い。

ただ、レジェンドカードをがっつり入れてなくても戦っていくことはできます。ですが、プレイングのうまさが1枚も2枚も格上の相手にあたると、まァどうしようもない。デッキ構成云々の話じゃないですからね。

さよならルシフェル

シャドウバース
出典:シャドウバース(スクリーンショット)

A0ランクに昇格してから、かなりの洗礼を受けてしまいデッキパワーを上げるべく、ついにルシフェルを砕きました。8月のアプデでゲームバランスがどうなるか分からないのに、よくできたなと我ながら思います。

そして、新たにぼくのデッキにいれたのがこの子。

シャドウバース
出典:シャドウバース(スクリーンショット)

オーレリア・乙姫ともに1枚づつしか持ってないので、同士戦はほぼ苦戦しますが、ここはあえてツバキを入れました。ロイヤルはガンガン攻めていくことで勝率が上がるので、オーレリアよりも攻撃性の高いツバキ。

そして、乙姫は使いどころによっては非常に強い一枚ですが、終盤に出しても刺さらないことが多いのでツバキ入れてみました。本当はどちらも欲しいんですけどね。

ツバキの効果

ドラゴン戦で勝利はよくなりました。ファフニール対策として非常に有効ですし、ビショップの保守持ちフォロワーに対しても突破口をこじ開けるのにかなり役には立っていますが、いかんせん1枚しかないので運の要素がものすごく高い。

しかもツバキはレジェンドのくせに兵士なのでメイドリーダーで引き当てることもできない。ただし!フェンサーやホワイトジェネラルが活きてくる。

潜伏持ちなので、終盤でも低コストとのコンボができる可能性がある。シャルロットもセージも乙姫もオーレリアも高コスト帯はもれなく指揮官ですからね。

ツバキの基本使用法

マリガン(初期手札3枚の引きなおし)は基本的にはしないほうがいいかも。相手リーダーにもよりますが、ビショップやドラゴンの高コスカード対策として必須の一枚になるので、初期手札で持ったとしても基本捨てない。

さっきの言ったようにツバキは兵士なのでメイドリーダーで引けないため、欲しいときに手札にあるようにしておきたい。

オーレリアやフロントガードジェネラルでもいいのですが、守護持ちは攻防でいえば。低コス帯が多いロイヤルにとってこの防御で凌ぐのは後半不利になりやすい。

そのため、ツバキのようなカードはAランク帯では絶対に必要だと身にしみて感じた。できれば2枚以上。あと、ぼくは今までデモンストライクを入れてたんですが、アミュレット破壊もできるエクスキューションに代えるか考え中。

プレイングミスは命取り

今後はデッキ構成を考えるよりも、各リーダーが使うカードの特性を覚えていかないと無理っぽい。A0はBランク上位とのバトルも多くあったので、なんとか勝ち越しできてました。

A1に上がったことで、ここからはAクラス同士のガチバトルが増えていくので、さて、どうなるか。1つのプレイングミスで負けてしまうのが厳しい。