10万以下で購入できるCore i7搭載高性能BOTノートPCはこれだ!

高スペックでコスパのいいノートパソコンを探していたところ、BTOノートパソコンに行きつきました。

一応説明しておきますと、BTOとはビルド・トゥ・オーダー(Build to Order)の略で要は受注生産のこと。家電量販店で売られているパソコンとは異なり、注文するときにカズタマイズが可能になります。

たとえば、メモリを増やしたり、内臓カメラをワンランク上のものにしたりと、いろいろできちゃうわけです。

有名なところではDELL。ですが、探せば他にもBTOパソコンがありますし、しかも格安に購入できる商品も多くあるので、今回はコスパ最強の高性能BTOノートPCを調べてみることにしました。

スポンサーリンク

Amazonの最安値ノートPCでも・・・

Amazonで高スペックなノートパソコンを探していく中で一番安かったのがDELLの製品(2016年現在)。

DELLノートPC

今回購入するにあたってCPUはCorei7、そして搭載されているハードディクスはHDDではなくSSD搭載を条件に製品を探していきました。

普段イラレやクリスタで作業することが多いのでCPUはできるだけ高性能なもの、そしてデータの読み書きのことを考えるとやっぱりSSDの魅力には勝てません。

ほかにもYouTubeなどに動画投稿している方もSSD一択と言っていいと思います。それくらい処理時間が違いますので!

ただ、今回費用も10万以下という条件も入れていたのでなかなか厳しいかったです。Amazonでも11万前後はしてしまいます。

ドスパラvsパソコン工房

そこで辿りついたのがパソコンショップでの購入。ここでもう一度条件のおさらいをしていきます。

今回ノートPCを買い替えるにあたっての条件
ポイント CPUはCore i7
ポイントHDDではなくSSD
ポイント購入資金は10万円以下
ポイント解像度はフルHD(1920×1080)

この条件を満たしてくれたのがBTOパソコンを扱っているパソコンショップ。色んなショップを探していったんですが、その中でもパソコン工房ドスパラの2つの通販サイトが条件を満たしました。

ドスパラ

ドラスパ

基本スペックはこんな感じです。もっと詳しく知りたい方はコチラから確認してください。

OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-6500U
グラフィック 15.6インチ非光沢液晶(1920×1080)/インテル HDグラフィックス520(CPU内蔵)
メモリ 8GB DDR3L SO-DIMM
ハードディスク 1TB SATA 6Gb/s 接続(SATA3)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
I/O USB 2.0×1 USB 3.0×2 HDMI 1.4 x1, D-Sub 15 x1 マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子x1

※今ならメモリ、HDの無料アップグレードキャンペーンが実施されているのでお得になっています。

ここで注意したいのが、ドスパラの場合パソコン本体価格に加えて送料も別に発生すること。実際の金額はもっと上がり9万9千円ほどします。なんとか10万円の予算内におさまりましたw

ドラスパ

パソコン工房

一方でパソコン工房では送料がかかりません。パソコン本体のみの価格なのがうれしいところ。

パソコン工房

この製品にはCore i7-6700HQにSSDで10万円以内に収まっています。基本スペックはこんな感じです。より詳細な構成についてはコチラから確認してください。

OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-6700HQ
グラフィック 15.6型フルHD(1920×1080)/GeForce GTX 950M 2GB GDDR5
メモリ 8GB(4GB×2) DDR3L-1600 S.O.DIMM
ハードディスク 240GB Serial-ATA SSD
光学ドライブ 光学ドライブ非搭載
I/O USB 2.0×1 USB 3.0×3 miniD-sub15Pin×1 HDMI×1 miniDisplayPort 1.2×1 ヘッドフォン・スピーカ出力×1 マイク入力×1 S/PDIF出力×1

税込で9万7千円ほどで購入できます。USB3.0ポートがドスパラより1つ多い3個ついているのでより実用的。

ただパソコン工房の場合、光学ドライブが内蔵されていないので、必要な方はオプションでカスタマイズするか(外付け)、自分で用意する必要があります。

パソコン工房

注意しておきたデメリット

バッテリー持続時間

今回紹介した上記2つのノートPCですが、注意したいのがバッテリーの持続時間の少なさ。ドスパラで5時間程度、パソコン工房で3時間程度しか持ちません。

そのため、メインPCとしてデスクトップ型のように常時電源が確保されていればいいのですが、外でも使いたい人やサブPCとして持ち運び用に購入を検討されている方は注意は必要!バッテリーが持たないので仕事にならないと思います。

重さ・厚さなど

今やノートPCと言えば軽量が当たり前ですが、BTOパソコンはなかなかの存在感があります。今回紹介したノートPCで言えばどちらも2㎏程度あり、厚さも2センチ以上あります。おのずと外持ちではなく室内用になります。

ポイント室内用であればこれらの条件はそれほどデメリットにはならない!

参考スペック

ドスパラのノートPC

サイズ 約幅386×奥行258×高さ23mm
重量 2.1kg(バッテリー含む)
バッテリー 4.9時間

パソコン工房のノートPC

サイズ 約幅385×奥行268×高さ25mm
重量 2.21kg(バッテリー含む)
バッテリー 2.6時間

配送までどのくらいかかるの?

BTOパソコンは注文されてから生産に入るので手元に届くまでに時間がかかるイメージがあります。そこで、価格.comの商品レビューで評判を調べてみました。

ドスパラの口コミ・評判

男性アイコン
支払方法にPay-easyがつかえたから。AM 8時に注文し10時には発送メールが着て、翌日に問題なく届きました。

男性アイコン
大手のPCパーツ専門店で安心して購入できます。注文した翌々日にはとどきました。初期不良の疑いがあったため問い合わせをしたのですが、親切に対応いただきました。又利用したいです。

製品や住んでいる地域によって多少のタイムラグがありますが、2~4日程度で届いたという口コミが多くありました。配送の早さは確かなようです。

パソコン工房の口コミ・評判

男性アイコン
BTOパソコンを購入しました。5日(発送まで3日、受け取り店舗到着まで2日)※発送まで2から7日の商品を注文。全国に実店舗があり、万が一の故障の際にも簡単に持ち込めるメリットも大きいです。

男性アイコン
最安値だったので注文しました。注文当日に発送メール、到着は数日。素晴らしい。

配送の速度はドスパラより遅い印象ですが、それでも1週間以内なのでそれほど十分に許容範囲ではないと思います。あと全国に実店舗があるのでネットで購入しても安心という方が多くいました、たしかにw

激安BTOノートPC購入まとめ

ドスパラとパソコン工房で扱っているBTOパソコンを比較してきました。今回の条件を満たした両ノートPCですが、個人的におすすめはドパソコン工房ですね。

決め手はCPUの性能です。パソコン工房で搭載されているCore i7-6700HQのほうが圧倒的に性能が高いからです。

消費電力が高いためバッテリーの持ちが低いのですが、今回紹介しているBTOノートPCの重量がそもそも重いので持ち運ぶことがないため、バッテリーの持ちが低くても問題ないと判断しました。

あと口コミにあった実店舗がある(全国70店舗以上)のも安心。デスクトップ型のように据え置きで使っていく用途であれば、申し分ない高スペックで、かつ10万円を切るお得なノートPCです。

見た目や重さは度外視でコスパ最優先のノートPCを検討している方は参考にしてみてください。

ポイント激安PCショップパソコン工房