可燃ゴミ?不燃ゴミ?意外と知らないゴミの分別

ゴミの分別

可燃ゴミ、不燃ゴミ、プラスチックや古紙などゴミの分別が当たり前になりましたが、捨てるモノによっては分別に迷ってしまうこともありませんか。

たとえば期限の切れたクレジットカードやCD、DVDといった頻繁ではないけれど処分に困ってしまうモノがあります。

地域によってゴミの捨て方は多少違ってきますが、今回調べた地域は東京都(世田谷区)、札幌市、仙台市、名古屋市、大阪市、福岡市の主要都市になります。どの地域においても分別方法は同じでした。

スポンサーリンク

各種カード

使わなくなったポイントカードや期限の切れたクレジットカードの処分方法は悩みがちですが、多くの地域で「可燃ゴミ」として捨てることができます。ハサミでカードを切って使用できないようにした上で捨てます。

CD・DVD

CDやDVDは少し前までは不燃ゴミとして収集していた地域もありましたが、現在では可燃ゴミとして捨てるようになっています。このほかにもビデオテープやカセットテープといったプラスチック製品も可燃ゴミとして捨てることができます。

資源回収との違い
プラスチック製品を資源として別に収集に収集するようになりましたが、可燃ゴミとの違いは容器としてあるいは包装として使用されているプラスチック製品かどうかの違いです。

プラマーク

たとえばマヨネーズやケチャップといったチューブ、フタやラベル、プリンやヨーグルトなどの容器、プラマークが付いた包装容器などは可燃ゴミとは別で回収しています。

ただしプラスチック容器であっても汚れが落ちない製品(灯油用ポリタンクなど)については可燃ゴミ扱にになります。

乾電池

乾電池は不燃ゴミとして捨てますが、気を付けたいのはボタン電池やエネループのような充電式電池の捨て方です。

電池捨て方

多くの地域ではボタン電池や充電式電池の収集はしていないので、各販売店の回収ボックスにて捨てるようにします。

電池の捨て方のポイント
乾電池:不燃コミとして捨てる
ボタン電池:販売店の回収ボックス
充電式電池:販売店の回収ボックス

ゴム・皮革類

ゴム・皮革類も以前は不燃ゴミとして収集していたところもありますが、現在では可燃ごみとして扱っています。長靴、台所マット、ゴム手袋、ゴムホースなどの製品であれば可燃ゴミとして捨てることができます。

革製のバックなどでは金属も使われていることがありますが、簡単に外れるらな金属は不燃ゴミになりますが、無理なようならそのまま可燃ゴミとして捨てます。

包丁・カミソリなど

包丁やカミソリなど刃は不燃ゴミとして捨てますが、捨て方には注意が必要です。収集や仕分のさいのリサイクル業者の安全を考えて新聞紙などで刃を包んだ上で「キケン」とマジックなどで書いて捨てるようにします。

まとめ

プラスチックを可燃ゴミで出すようになったのは「包装容器プラスチック法」という法律が出きてからのことなので、プラスチックの分別方法は今でも悩んでしまう方は多いんじゃないでしょうか。

包装容器として使われているプラスチック製品意外は「可燃ゴミ」で捨てればいいと覚えておくと簡単です。

もちろん粗大ゴミ扱いになるような大きいモノなどはまた分別方法は違ってきますので、詳しくはお住まいの市役所のHPなどで確認してください。

KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃。