恋愛ベタさん必見!オネエたちの恋愛相談はためになることばかり!|新宿二丁目のほがらかな人々 ほぼ日刊イトイ新聞

恋愛相談

女性でも男性でもない、オネエと呼ばれる彼ら、いや彼女たち。

実業家のジョージさんに、ジョージさんの恋人のつねさん。そして、この夫婦の共通の友人である会社員のノリスケさんによるオネエ3人座談会。

そもそもこの本が出版されるきっかけになったのがコピーライターの糸井重里(いといしげさと)さんが運営しているウェブサイトの企画かはじまり。

話されるテーマはさまざまなんですが、ここではオネエたちの得意分野である恋バナが中心。彼女たちの独特な鋭い意見は、きっと恋愛に悩んでいる人たちの参考になるはず!ただし、女性にはちょっと辛口かも。

スポンサーリンク

すぐに別れちゃうのは努力しようとしないからじゃないの?

オネエさまたちから見ると、どうやら今の女の人たちは努力をしていないように見えるようです。

もったいないよね-。股(また)を開く前に、心を開きなさい、と思うよね。こっちなんか、開こうにも、股がないんだから!
出典;新宿二丁目のほがらかな人々 ほぼ日刊イトイ新聞 p18

最初から下ネタ(笑)なんですが、体をすぐに体を許しちゃう女の人って、そのときだけは、好きな人に愛されているみたいな思いになって、幸せなのかもしれないけど、やっぱりそこには「愛」は生まれてない。

それは、終わったあとの男の対応を見てもわかるはずなんだけど、好きな人だとそのことにわからないというか、気づこうとしない。

なんてツネさんは言う。そこには心はないんだよね。心(=情)があるのが恋愛だから。いってみればただのセックス・フレンドの関係。

大切なのは体よりも心。だけど、お互いが分かり合うことってのは、すごく努力が必要で大変なことも事実なの。

だから、なんとか彼の心を引きとめようと、体をすぐに許しちゃう女の人が増えているように思うの。

お互いににじり寄るあいだが戦争のよう(笑)。すっごくたいへん。面白いけどね、変わる自分を見るのも、換わっていく相手を見るのも。
出典;新宿二丁目のほがらかな人々 ほぼ日刊イトイ新聞 p9

体の関係は思っているよりも心をつないでくれないものないものよ。とオネエさまたちはアドバイスします。

恋愛しない(できない?)女の人の共通点

恋愛をしない女の人の特徴が今回の座談会のテーマのようです。まずはノリスケさんが話を切り出しました。

ノリスケ 理想が高いの。結局、誰とも長続きせずに歳をとってしまって、惨めに思える人になっちゃってたり・・・。選んでひとりでいるんじゃないっていう感じなんだよね。
出典;新宿二丁目のほがらかな人々 ほぼ日刊イトイ新聞 p19

「恋愛をしない」というと、自分の意思でそうした生き方を選択していると思っているようだけど、これって単なる強がりで、本当は恋愛することができない女の人のことなんじゃないのかな。

ジョージ だって人を好きになるっていうのも、努力のたまもので訓練だもの。で、いい訓練を自らすすんで積まないと、チャンスがやってきてもつかめないよね。
出典;新宿二丁目のほがらかな人々 ほぼ日刊イトイ新聞 p19

たとえ運命的な出会いであっても、ドラマみたいにはうまくいかないもの。やっぱりお互いが心を通じ合わせるためには、時間も努力も必要なんだよね。

それを面倒くさいだとか、いい男がいないなんていってると、やっぱりそのうち誰も相手にされなくなっちゃう。だって、自分が変わろうとしないから。いつまでたっても同じこと繰り返してんの。

でも季節は確実に巡っているのよ。

かわいさの浪費

若いときのかわいさと、年齢を重ねてからのかわいさの違いってなんだと思いますか?

ジョージ ぼく、最初に(ゲイ・バーの)店員をちょっとやってたことがあってね。カウンターの中から外を見ると、かわいい子がやってきて、かわいさを浪費して帰っていくのがよくわかるの。誰がそのかわいさを浪費しているのかっていうと、本人なんだよ。ニコニコ笑顔振りまいて、愛想笑いして、誘われたらイヤと言わずにいろんなとこついていって・・・。かわいさっていうのは、ほんとにそれを使いたいと思う人に使ってもらわなきゃいけないのに、自分で勝手に使っちゃうの。
出典;新宿二丁目のほがらかな人々 ほぼ日刊イトイ新聞 p153

こういう女の人にはなっちゃダメ。だからといって自分のセールスポイントを探せるかといえば、それも難しい。

そんな疑問にノリさんが自分を振り返りながらこんな風にアドバイスしています。

恋愛だって同じだけど、自分のいいところをアピールしたいじゃん。ただ、両方見せるけどね。本気のときは。いい部分もあって、悪いもあって、で、どうでしょう、ぼくは?って。
出典;新宿二丁目のほがらかな人々 ほぼ日刊イトイ新聞 p154

好きな人の前だと、どうしてもアピールポイントというと、自分をよく見せようと思いがちだけど、自分のいい面だけじゃなくて、すべてをみせることができるかどうかで、その恋愛がうまくいくかどうかが分かるのかもしれない。

一人で強く生きようとする女の人が増えてるけど、そういった生き方をしてると、いつか自分に疲れてしまう。

それに、本当に強い人間って誰かに頼ることができる人のことだと思うの。

つねさん ぼく、基本的には人間は強くないと思ってるから。
ジョージ 人間は強くないよね。
つねさん うん、絶対、強くない。強くなれるのは、どっかにはけ口があるからなんだと思う。それが家族だったり、恋人だったり、奥さんだったりすると思うんだけど。
出典;新宿二丁目のほがらかな人々 ほぼ日刊イトイ新聞 p160

新宿二丁目のほがらかな人々 ほぼ日刊イトイ新聞
昼間は普通に本業をこなし、夜な夜な新宿二丁目に集っては、おネエ言葉で語り合う愛すべきゲイ3人組。男でもなく、女でもない、ゲイだからこそ見えるものがある。社会の常識とはほんの少しずれた視点から、物事の本質をズバリといいあてる、読後爽快な鼎談エッセイ。
Amazon 楽天市場