ちょとした副業に最適!Shinobiライティングで月1~2万円なら十分稼げる!!

副業 ライティング

インターネットを利用した副業サイトはいろいろありますが、正直稼げるサイトというのは実際には少ないように思います。

ぼくもこうしてブログを運営しているので、ライティングについてはほとんとストレスなく書いていける。数千字程度の記事なら、一時間もあれば何本かは仕上げられるので(記事の質を下げればという条件で)、ライティング系の副業には元々興味はあったんです。

ただ、副業系サイトというと、ちょっと怪しい雰囲気っていうのもあって、利用しないでいたんですshinobiライティングを知り合いのブロガーさんに教えてもらったことがきっかけで「ちょっとやってみようかな」と思うようになりました。

念のため運営元を調べていくと、ブログを運営している人なら知っている人も多いと思いますが、忍者アクセス解析などのウェブサービスを提供しているサムライファクトリーということで、「ここなら大丈夫かな」と思ってはじめてみることにしたんです。

というのも、ここで既にホームページをいくつか作っていこともあって、サービスをガンガン使っていたんです。そんなわけで、登録してからもう半年以上になりますが、月平均だいたい月1万円程度を目安に稼げるようになりました。

200文字とか300文字といったような、ツイッターに投稿する文字数くらいの案件も多くあるので、コツコツと気軽に記事を作成していくことで、お小遣い程度であれば稼げると思います。

スポンサーリンク

登録方法

登録方法についてですが、専用フォームに必要事項を記入するだけ。名前・メールアドレス・住所・生年月日などの基本情報を入力して完了です。

実際にサイトを見たほうが早いと思います。

shinobiライティング

審査も特にありませんし、登録が完了したらすぐに記事作成をしていくことができます。ライティングに苦手意識がない方は特におすすめです。

気になる報酬

shinobiライティングで扱っている案件は、ライティング系の副業サイトの中ではトップクラスの案件数がありますし、なによりも報酬の額がいいと思います。

ただ、記事を作成しても必ずしもその記事が採用されるわけではありません。たとえば、記事を発注しているクライアントさんの意向通りの記事が作成できないと、不採用になってしまいますので注意が必要です。

あともう一つ注意したいのが、記事作成に制限時間が設けられていること。これは文字数に関係なくきっかり1時間で記事を作成しなければ、その案件はほかの人に流れてしまいます。

たとえ、書き終えたとしても、時間を過ぎてしまたらもう投稿することはできないので、すばやく記事を作成していくスキルが必要になります。

そして、気になるのが報酬ですよね。

shinobiライティングでは支払いはポイント制になっていますが、現金と交換可能です。換金率は

1ポイント=0.5円

になります。

具体的な報酬は次のグラフといったところだと思います。

文字数300字程度600字程度1000字程度
報酬(ポイント)70~250pt300~450pt500~600pt

1000字程度の記事が採用されると、現金にしておよそ300円の報酬となるわけです。

交換方法

少し見にくいと思いますが、報酬でもらったポイントは現金のほかに、Amazonギフト券やiTuneギフトなどにも交換可能です。

現金の場合、支払いは翌日の10日と報酬の支払いにはタイムラグがあるのですが、ギフト券の場合、確定しているポイントであればすぐに交換することができるというメリットがあります。

ギフト券は入会時に登録したメールアドレスに、ギフトコードが添付されたメールが届きますので、そのコードをAmazonなどのサイトの支払いの際に利用することができます。

ブロガーさんにおすすめたい

記事を書くことにあまり抵抗がない人や、ブログを書いてきて文字を書くことに苦痛を感じない人にとってはホントおすすめです。

ぼくのshinobiでの副業暦は約半年くらいになりますが、コンスタントに一万円前後は稼いでいます。このブログの更新の片手間として、ネットで情報を集めて書くことが多いです。

なんでこんな片手間(手抜き)でも大丈夫かというと、記事の質が高いから採用されるというわけではないからです。ぼくが思うに、一番採用される記事というのは、当たり障りのない普通の記事なんじゃないかと思ってます。

いわゆる広く浅くってやつです。

そして、この程度の記事を作成するんだったら、ちょっと調べればすぐにネタなんて集まりますから、それを自分の言葉でまとめていくだけ。

なかなか続かない人は、情報収集まではできているけど、そのあとの「自分の言葉でまとめる」のが苦手な人なんじゃないかと思います。

これは、もう文才がどうのというよりも、ただの馴れです。だから、ブログを書いている人ってのは、既に書くことに馴れているわけだからおすすめなんです。

あと、実際に自分が書いた記事がお金になるので、ライティング能力の幅が広がります。それに、いろんな記事が書けるということで、ブログのアクセスアップにも長い目で見ると効果があるかもしれない(ボキャブラリーが増える)。

はじめるなら税金のことは考えておいたほうがいい

文章を書くことが好きなら shinobiライティングはすぐにでもはじめることをおすすめしますが、その前に気をつけておくことがあります。

それが税金対策

一応ぼくは月1万円を目安にして書いています。副業をする場合、年20万円を超えると課税対象になりますので、あまり稼ぎすぎないようにすることがポイントです。

本業を持っている方はそこだけ注意してください。

記事の採用率を上げるためのヒント

ここからは、実際に記事作成をしていったときのポイントについて書いていこうと思います。

shinobiライティングの案件は「解説」「コラム」「なりきり」など、さまざまな記事スタイルがあるのですが、正直書き方に区別する必要はないと思います。

語尾をいじったり、口語や文語といった使い分けは必要ですが、これはそのときの状況に合わせて書けば、それほど問題ないように思います。

それよりも、大切なのが記事を書くときにルールをしっかりと読んでおくことのほうが何倍も重要です。

たとえば、記事作成のルールに改行することなんていう説明がこっそりと(笑)書かれていることがあったりします。ルールは記事ごとによって違ってきますし、なによりも記事依頼者が書いてほしい条件になりますので、この条件を守らないと採用率は上がりません。

これを見逃すと、どんなにいい記事を書いたとしても100%不採用です。だから、ともかくルールを丁寧に読んで、記事依頼者が何を書いてほしいのかを読み取ることが大切です。

正直、記事の内容なんてそれほどの質は求めなくていいように思います。だって、字数に関係なく記事作成の制限時間は1時間なんですから、この仕様を考えただけでも、質もなにもそもそもないですよね(笑)