灯油ポリタンクから野外灯油タンクに安全に給油する方法

節約

秋から冬になると暖房器具を使うため灯油の出番は多くなります。また、一年を通じてもお風呂やお湯(水道)にも灯油はかかせません。

野外灯油タンクを設置している場合、業者にお願いするのがラクですが自分でタンクに補給する家庭も少なくありません。

ただ問題はその給油方法にあります。ここでは簡単で安全な給油方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

危険な灯油タンクの給油方法

野外灯油タンクへの灯油の補給は各家庭で保管している灯油ポリタンクから補給していると思います。

そもそも野外に設置している灯油タンクは、安全性のために給油口はタンクの上部に付いているのでポリタンクを持ちあげる必要があります。これはどのメーカーのタンクも同じ仕様です。

野外灯油タンク入れ方

ただこの給油方法はやっぱり危険なんですよね。ホームセンターなどで売られている灯油ポリタンクの容量は10~18Lのものが一般的。これを持ち上げるとなると男性でも一苦労です。

腰を痛めたり、手元が不安定のため灯油をまき散らしてしまう可能性もあり安全面を考えればおすすめはできません。ですが、自分で給油する際には未だポリタンクを持ち上げてるしかない・・・。

手動灯油ポンプ

石油ファンヒーターのタンクに灯油を給油する場合、手動灯油ポンプを使っていると思います。

最近の製品では逆流防止機能や液漏れ防止機能などの工夫がなされた製品も販売されているので重宝しますが、これを使って野外灯油タンクに給油できないのでしょうか?

結論から言うと手動灯油ポンプによる給油は難しいです。というのも、仕組み上、手動灯油ポンプを使うためには高低差がないとうまく給油できないからです。

これは「サイフォンの原理」と呼ばれるもので、小学校のときホースを使って水槽の水抜きをしたなんて経験はないでしょうか。高低差と重力を利用して水や灯油を移動させることができます。

灯油ポリタンクから石油ファンヒーターのタンクに給油するとき高低差を簡単に作れるので問題ないのですが、給油ポンプを使って給油ポリタンクから野外給油タンクに給油するのは高低差を作るのが難しいのでうまくできないのです。

「電動」灯油ポンプは安心でお手頃

手動では難しいんですが、電動灯油ポンプを使うことで簡単に、そして安全に給油が可能です。自動でポリタンクから灯油を吸い上げて補給してくれるんですが、うれしいのは高低差があっても給油することができる点です。

つまりサイフォンの原理に関係なく使えるわけです!

野外灯油タンク入れ方

これなら女性でもカンタンに野外灯油タンクの補給ができます。自動給油ポンプはいろんなメーカーから販売されているんですが、野外給油タンク用としてはこちらの商品がおすすめです。ほかの商品との違いはホースの長さの違いです。

エムケー精工(MK精工) 電動給油ポンプ スピーダー (ホース長さ1.7m)
●ホームタンクへの給油、移し替えが楽にできる電動給油ポンプ●吐出ホースの長さは1.7m、高いところへの給油もラクラク●18Lポリタンクが約90秒で移し替え可能

Amazon 楽天市場

多くの電動給油ポンプは灯油ポリタンクから暖房器具のタンクへの給油用に作られているので付属しているホースの長さは60cm程度なので、この長さでは野外灯油タンクには使えないことが多いです。

また電源についてもチェックしておきたいところです。乾電池で動くのか、それともACプラグで動くのか、ACプラグの場合コンセントの確保ができるのかは購入前に調べておく必要があります。

電動給油ポンプのチェックポイント
ポイント付属ホースの長さ(1.5m以上が望ましい)
ポイント電源はなにか(乾電池・ACプラグなど)

ホースの長さも必ずチェックしましょう。また実際に購入したらホースの長さがギリギリでちょっと怖い・・・という場合はミニ三脚を土台にその上に灯油ポリタンクを載せると言う方法もおすすめです。

ミニ三脚なら2千円前後からありますので試してみてください。

AZUMAYA ステップ台 アシスタ
●高い所のものを取るときに便利なカラフルなステップ台●使用しないときには5cmと非常に薄くなるため、すき間に収納可能
Amazon 楽天市場

灯油補給は旦那にまかせているから問題ないというご家庭でも、この先のことを考えるとより安全な補給をすることは大切です。

便利なアイテムを使って少しでも経済的に、そして簡単で安全な給油を考えてみてはいかがでしょうか。

KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃