ホラー小説「玩具修理者」の元ネタ「クトゥルフ神話」を解説

角川ホラー文庫から出版されている小林泰三さんの『玩具修理者』。

「玩具修理者」と「酔歩する男」の2編が収録されているんですが、今回はそのうち「玩具修理者」を取り上げてみたいと思います。

この作品には「よーとそーとーぐ」「ぬわいえいるれいとほうてぃーぷ」といった奇妙な名前やセリフが登場します。

これは「クトゥルフ神話」という神話をが元ネタにあるがため。クトゥルフ神話?なにそれ?という方はぜひこのまま読み進めてみてください。

読書が趣味という方はとくに必読必須の基礎知識ですぞ!

スポンサーリンク

クトゥルフ神話とは

クトゥルフ神話

クトゥルフ神話ホラーや怪奇小説が好きな方であれば、一度は目にするであろう「クトゥルフ神話」。

クトゥルフ神話とは19世紀末~20世紀前半にかけて活動していた怪奇小説家ラヴクラフトを中心に彼と親しい作家仲間から広がった架空の神話体系。

ただしこの神話は明確な世界観、さらには確固としたルールやガイドラインがあるわけではないのでクトゥルフ神話の全体像を把握するのは困難。

しかも、誰でも自身の作品内で新設定を追加することも可能なので、クトゥルフ神話における設定の矛盾もあります。

複数の作家により統一の神話や世界観を創りだすことを「シェアード・ワールド」なんていいますが、クトルゥルフ神話ではシェアという点では同じですが、自由度が高すぎて統一性を保てないので当てはまるようで当てはまらない。

クトゥルフ神話の無秩序な文字

短編「玩具修理者」は主人公が小さい頃に出会った玩具修理者とのトラウマ級の思い出話。その人物は壊れたおもちゃやゲーム、死んだ猫でもなんでも治してしまう不思議な力を持っていた。

玩具修理者の名前は誰にも分からなく、またどこの国の言葉とも分からない言語(呪文?歌?)をときたま発する不気味な人物として描かれています。

この玩具修理者なる人物がクトゥルフ神話が元ネタキャラ。

「ようぐそうとほうとふ」
彼女はそう言った。本名だとすれば、日本人の名前ではない。アメリカ人やイギリス人の名前でもない。中国人でもないような気がする。
出典:玩具修理者 小林 泰三

主人公が耳にした玩具修理者の名前ようぐそうとほうとふ。すべて平仮名で表記されて読みにくいが、これこそクトゥルフ神話の設定そのもの。

クトゥルフ神話に登場する邪神たちの言葉は人間では発することができない言葉とされ、模倣するのは難しいと言われています。そのため無秩序な文字が羅列しているように見えてしまいます。

ちなみに邪神の名前も人間には分からない(発音できない)とされているので、それらしい名前を付けているって設定です。

ただし小説に記されているセリフやラヴクラフトが残した書簡などからいくつかの言葉に限っては翻訳に成功しています。

ようぐそうとうほうとふ

ヨグ=ソトースここからより具体的な考察に入っていきます。まず主人公が耳にした「ようぐそうとうほうとふ」という名前からみていきます。

ようぐそうとうほうとふとはクトゥルフ神話に登場する邪神ヨグ=ソトースをもじったもの。

ヨグ=ソトース→よぐ=そとーす→ようぐそうとうほうとふ

こじつけ解説wと言われそうですが、そもそもクトゥルフ神話は何言ってるか分からない言葉である上に英語を日本語に訳してるので二十三十でごちゃごちゃしています。多少の言い方の違いは許容範囲(多分)。

クトゥルフ神話にしたって「クトゥルー」とか「クルウルウ」とか「ク・リトル・リトル」とかさまざまな日本語で表記されちゃってますからね。

ヨグ=ソトースは太陽クラスの光を放つ球体の集まりで触覚を持つネバネバした怪物。邪神の中でも上のランクに位置してます。

ちなみに「ソート(sort)」とは英語で「修理する」という意味に訳せるので、ダジャレも交じっているのかなwとも思われます。

画像出典|Chase Norton|flickr

ぬわいえいるれいとほうてぃーふ

そんな上位邪神のヨグ=ソトースですが、壊れたおもちゃを修理するとき別の邪神を呼んでいる可能性も指摘できます。

ぬわいえいるれいとほうてぃーふ!! まだなのか!?
出典:玩具修理者 小林 泰三

というセリフがあるんですが、「まだなのか」を日本語の意味でとらえると誰かを待っているように受け取れます。その邪神の名前とはナイアルラトホテプです。

ぬわいえいるれいとほうてぃーぷ→ヌワイエイルレイトホウテイープ→ナイアルラトホテプ

またまた無理やりすぎますが、本当の発音は誰にも分からないで通しますw

クトゥルフ神話ではナイアルラトホテプはヨグ=ソトースの使者という設定なので、ようぐそうとうほうとふが呼び寄せることに矛盾はないんです。

また、ナイアルラトホテプは変幻自在に姿を変えることができ、人間にも変身可能。そして復活の神なんて呼ばれることもあり、生死と関係の深い邪神であることは見逃せません。

呪文、あるいは歌のようなもの

ヨグ=ソトースは呪文を唱えながらおもちゃや死人を生き返らせます。

てぃーきらいらい、これを、どう、する?どう、したい? てぃーきらいらい
出典:玩具修理者 小林 泰三

「てぃーきらいらい」という奇声が「これどうする?どうした?」という意味なのか、それとも日本語に似た奇声なのかは不明。

すひーろぅぴーよぅゆーいぃーえいふいぃーえいふいぃーえいふ、あいめいがいにーどりーみーる
出典:玩具修理者 小林 泰三

わけワカメ

「えいふ」という単語を繰り返し使われてるので反復呪文みたいなものでしょうか。意味があると思わせておいて意味がないただの単語の羅列という可能性もあるので深くは関わらないほうがいいです。

ですが、もし、こうした呪文を解いてみたい、解かないと気持ち悪いという猛者(もさ)はぜひとも解読に挑戦してみてください。

冒頭にクトゥルフ神話に登場する一部の単語は訳されているといいましたが、このサイトに一覧が紹介されています。

クトゥルフ神話の研究者やファン・マニアが運営している歴史のある有名なサイトで情報源は確かです。ただ海外サイトなので、英語でさえ意味不明なワードをさらに日本語に訳すわけですから翻訳難易度はエベレスト級。

参考資料
図解クトゥルフ神話 森瀬繚
神話事典知っておきたい邪神・禁書・お約束110 森瀬繚
玩具修理者 小林泰三
出版社: KADOKAWA / 角川書店
販売: Amazon Services International, Inc.
出版日: 2002/12/13
ASIN: B00E60AXV6

Amazon 楽天市場
KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃