ハンターハンター34巻 旅団共闘説を検証してみた

単行本34巻のクロロvsヒソカ戦において、クロロが実は共闘(マチ、シャルナーク、コルトピ+長老・イルミ)してヒソカをボッコボコにしたという説が連載時に盛り上がりました。

一年越しにようやく単行本が出たので、この説をツッコンで検証していこうと思います。このタイミングを選んで検証する理由は次の二つ

①各週の連載を通して読めるためストーリーが理解(分析)しやすい
②単行本になるにあたり修正が入る可能性がある

というわけで検証スタートォ!

スポンサーリンク

マチ針の過ち

共闘説の一番の根拠となったのが、当初審判員に刺したアンテナが途中でまったく異なる形状の針に変わっていたこと。

ここから、闘技場内にはクロロだけでなくマチ(イルミ説もあったかな)が潜んで共闘していたのではという考察が登場しました。

共闘説を検証
出典:左)週刊少年ジャンプ201625号 右)HUNTER×HUNTER34富樫義博

ただ、この描写は作者の単なるミスだったことが判明。単行本でこのコマを改めて見るとシャルナークのアンテナに修正されていることが分かります。つまり、あの針はマチのものでもイルミのものでもなく作画ミスでした。

操作してたのはシャルナーク?

マチの針に関係してブラックボイスを操作してたのはクロロではなくシャルナークではなかったのかという説もありました。

共闘説を検証
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

このコマですね。

ケータイをピコピコ操作している手がクロロではなくシャルナーク、そしてクロロは電話でシャルナークに指示していたんじゃないかという説です。

ただケータイを操作している腕を見てください。

袖がありますね

共闘説を検証
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

シャルナークには袖はないんです。いつも半袖、いやノースリーブなんですw

試合後シャルナークとクロロとのセリフも気になります。

ク「ケータイどうする?アンテナ無いけど」
シャ「大丈夫 特に使う予定ないし」

ケータイはクロロが保持しているのがこの会話から分かります。もし試合中にシャルが操作していたのなら、なぜクロロが持っているのか疑問。

人形の多さ

最初に襲ってきた人形の数からヒソカの目算では一体につき1~2秒程度かかると予想していました。

共闘説を検証
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

ただしこの場合の人形とは爆弾アリ人形のことか、それとも爆弾ナシ人形のことを指すのか断定しかねるので、爆弾アリ人形を2秒程度、爆弾ナシ人形を1秒程度で創れると仮定します。

クロロの人形生産スピード(一体当たり)
爆弾ナシ人形:1秒程度
爆弾アリ人形:2秒程度

ヒソカに一斉攻撃させたのは、クロロの制約を考慮すれば爆弾アリ人形ではないかと予想。また、場内アナウンスより200体程度と判明しているので、200体の人形ならおよそ4分以内で創ることができるはず(もし爆弾ナシ人形であっても3分程度で量産可能)。

共闘説を検証
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

この時間帯であればクロロ1人でも十分に人形量産できる。さらには場内マイクを使って人形に命令することでさらに時間を短縮した。ヒソカが予想していた以上の人形が襲いかかってきたわけだ。

状況から考えても200体以上の人形が襲ってくる前、ヒソカはミスリードで頭グルグル、さらにクロロの姿を見失い場内中央でしばらくの間仁王立ちで探していた。時間の引き伸ばしはキメラアント編で実施済。

このときの時間経過が数分程度であれば量産は可能、また観客席には既に待機していた人形も20~30体はいた(ヒソカの分析より)。

こう考えていくと人形の数は思っているより常識を逸脱した数ではなく、1人でも十分に試合中に創り出すことはできたはずです。

流星街の長老は生きている!?

実は流星街の長老が生きているのではないかなんて説もありましたよね。

共闘説を検証
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

長老が観客席にいてヒソカが見つけたような描写は確かにありますが、最初の説明でヒソカの目の前でサンアンドムーンを説明していたわけで、あの実演をどう説明するのかという疑問が残ります。

またクロロ1人でも爆弾人形は十分量産できることは先で説明したので長老を必要とする意味がない。心通った旅団ならまだしも能力を奪える力があるのになぜに長老を連れてくる、そっちのほうがシンどいだろうに。

それに死後強まる念もウソっぱちになり制約に矛盾が出てくるので、あの人はただ単に似てる人ってだけです!

マチのセリフ

クロロに敗れたヒソカは死後の強まる念によって復活する。そこにいたのがマチで2人のやり取りからヒソカが何かに気付いたような描写が描かれていた。

共闘説を検証
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

闘う相手と場所はちゃんと選ぶことだね

このコマからヒソカは共闘説に気付いたという説です。

ただ単行本を読む限り、このセリフの意味としては「闘う相手」とはクロロのこと、そして「場所」とは天空闘技場のことを指しています。クロロの戦略は観客を使ってヒソカを攪乱させサンアンドムーンの多重爆発で仕留めるというものでした。

また天空闘技場はヒソカのことを知っている観客が大部分のためオーダースタンプとも相性がよく、場内マイクを使えば一斉に命令も下せるというクロロにとっては理想的な試合会場だった。

その後ヒソカはマチのセリフを文字って

闘う時 相手と場所を選ばないことにした

と言い返す。「相手」とは旅団全員、「場所を選ばない」とは天空闘技場のようなクロロに有利な場所ではもう戦わないという意味になる。

クロロから旅団をターゲットに変えたのはクロロが冒頭で説明していたこのセリフにも関係している。

共闘説を検証
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

仲間の能力を借りて、ヒソカに確実に勝てる条件を揃えていったクロロ。いわば十分すぎる準備をあげてヒソカ戦に臨んだことになる。ヒソカはそれを百も承知で殺り合った。

相手十分の条件で挑むのは厳しいていうのはこういう意味でクロロに条件を合わせると勝利は厳しいものになる、だから次はクロロを殺るために手段もなにも関係なく潰していくことを決めたわけだ。

共闘説を検証
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

単行本の最後に先生自らクロロvsヒソカ戦についての解説を載せています。これによればマチはメッセンジャーとしての役割を与えるため殺さなかったこと、シャルナーク、コルトピを殺したのはクロロの能力を削るためだとしています。

クロロの能力はサンアンドムーンは例外として奪った能力者が死ねば使うことができないという制約があった。シャル・コルピトを殺すことでクロロの能力は削られる。

要は解釈の違い。共闘編は連載当時面白い考察で、それに引っ張られていいように解釈したのが原因というわけ。実際には作画ミスや、それこそ読者のミスリードが生んだ幻の説。

補足:あと10人

このヒソカのメッセージにも説がありました。

共闘説を検証
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

あれ、団長が頭=胴体で足が12本だから1本多くない?という考察。

クロロの命令は旅団内で最優先されますが、クロロ個人の命を旅団内で特別視はしていなかった。最優先すべきはクロロではなく旅団(組織)だから、これは「鉄の掟」と呼ばれるものでした。

つまり旅団においてクロロの存在は特別ではないわけで、足の数=団員(クロロを含む)として数えていいんじゃないのというのが私の考察。

ただし!それでも団員の頭数が1人足りないんですよね。ここらへんは正直よく分からん。

HUNTER×HUNTER34 冨樫義博
出版社: 集英社
発売日: 2017/6/26
言語: 日本語
ASIN: B071FG5HTR

Amazon 楽天市場
KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃

コメント

  1. より:

    人形の生産スピードがおかしいですな。
    クロロの説明では威力のある爆弾にするには3-5秒かかるって言ってますが。

    • KaoruAnatu KaoruAnatu より:

      たしかに「爆発の威力」を上げたいなら3-5秒は必要でしょうが、ここで指摘しているのは大量人形についてです。クロロの目的は爆弾の威力ではなく人形の量産です。

      さらに指摘すれば、クロロがサンアンドムーンを使用したのは爆弾人形にするためではなく、本を閉じても消えないようにする目的があったからで、爆弾の威力はここでは関係ないと思います。

      なので引用したコマでも十分根拠になるはずです。あさんが指摘したコマにも「刻印自体は一瞬で押せる」と説明されていますよ。

  2. ねーやん より:

    初めまして、通りすがり失礼します。
    先ほど34巻を読みまして、感想をぐぐり共闘説なるものを知り、さらにぐぐったのですが現在ではすでに共闘説は否定され立ち消えて、共闘説が如何なるものだったのか書かれた記事が見つからず困っていました。
    共闘説についての某ちゃんねるのまとめは見つかるのですが、大した説明も解釈も根拠も無い状態で「共闘説が正解」と一人歩きしているものばかりで辟易しました。

    そんな訳で、ここの記事は凄く参考になりました。ありがとうございます。
    非常に冷静で公平に分析し検証した内容で、解りやすく丁寧に書かれていて頭が下がる思いです。

    • KaoruAnatu Kaoru より:

      ねーやんさんコメントありがとうございます。ただ完全に共闘説が否定されたとは言い切れませんよw

    • ねーやん より:

      私の書き方に語弊がありました。
      確かに、説自体が間違いだと決定した訳ではないですね。可能性は依然あります。
      あくまでまとめ記事などの範囲で、勝手に正解判定され続け(異論はガイジ扱いもありました)、私が見た比較的新しい記事では手のひらを返したように無かった事にされていました。

      ぶっちゃけ私は共闘説好きなのですが、説押し組は稚拙な深読みばかりで、がっかりです。

      例えば上のコメントなどがギリギリ解らない部分かもですね。
      コピー自体は多かったですが、爆弾コピーの数はそんなに多くなかったと思いますが。

      コピーのコピーは造れないんですよね?確か。

    • KaoruAnatu anatu より:

      ねーやんさんコメありがとうございます!

      私も最初の指摘コメからもう一度読み返してみたんですが、確かに威力を上げたいならそれなりに秒数はかかりますが、クロロの目的はもう一つ「誓約によって人形が消えない」という意図あったと思うんです。爆弾の威力を考えなければ刻印は一瞬で押せますから+3~5秒は省けると思うんですよね。

  3. まだ知らないの? より:

    とりあえずシグルイ読んで見てください

    • ねーやん より:

      横槍になりますが
      私もどちらかと言うと共闘説好きなので、シグルイの話は後押しとして推挙出来るのは解るんですが。
      まだ知らないの?さんの書き方にはスノビズムを感じ賛成出来ません。

      それから、これはKaoruAnatuさんにですが、もし今後、作中明確な答えが出てそれが説を肯定するものだった場合。
      それまでフェアに考察していた相手を叩き始める連中が沸いて出る可能性があります。
      例え、どちらかに答えが決定したとしても、それまでの考察や検証が嘘であった事には成らないのですが、鬼の首を取ったように「答えでなかった方」を貶す行為があり、それが元でブログを閉鎖する方も過去にいらっしゃいました。
      老婆心としてはやや上からな書き方になってしまっているかも知れませんが、仮に万が一、共闘が正解だったとして、それはあくまで方向を決定する後出しジャンケンに過ぎませんので、ここでの考察や検証はそれ自体が一つの正解であった事を、少なくとも私は保証します。
      勿論、逆も然りですが。

      凄く偉そうなコメントになってしまいましたが、言われなくとも主さんは気にしないでしょうねw

    • KaoruAnatu anatu より:

      ねーやんさんありがとうございます!

      いろいろ考察できるのはH×Hの面白さの一つなので楽しめればいいんじゃないかなと。共闘説を否定しきれませんし、かといって否共闘説が正しとも言い切れませんからね。そもそもマンガですから考察は無限大。共闘説の着眼点はスゴイし夢がありますよねw

  4. より:

    あと10人についての考察ですが、 「12人だから1本多くね」ということから過去の死亡者は補充済みという考え方ですよね?
    でその中からまた2人減ったから13-2で考えると1本多くね、になったという理解です。
    ただ足の数=クロロ含む12はありえないですよね。(補充済みなら尚更)

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E5%BD%B1%E6%97%85%E5%9B%A3

  5. ねーやん より:

    刻印の制約はコピーそのものにも影響するんですね、見落としてました。
    てっきり爆弾化が解除されないだけかと。
    確かにそのクロロの意図は、ヒソカも看破してますね。

    爆弾化の時間についてもKaoruAnatuさんのおっしゃる通りだと思います。
    フルタイムは必要数だけで事足りますし、それらを計算済みでクロロはヒソカを誘導し移動の調整も行ったのだと思います。

    • KaoruAnatu KaoruAnatu より:

      そうです!そうです!「ミスリードか」といってブラックボイスのアンテナをへし折っていたコマあたりからのヒソカの分析が根拠になります。

  6. より:

    長老らしき人物の右手の甲にサンアンドムーンの刻印があるように見えるのですがただの太い線ですかね?
    それと長老を連れてくると作業効率が上がるため決してメリットがないとは言えないと思います。一人だけ姿を覆っているのも引っかかります。
    まぁ死後強まる念に関して指摘されると元々そういう仕様なのでは?としか言えないのですが笑

    もう一つクロロが使ってる電話に関してですがシャルの携帯とは違う気がします。
    シャルの携帯は下半分がボタンになっています。
    クロロが使っているケータイがシャルのならボタンの位置的に大きさが不自然かなぁと思いました。
    袖に関しても変装くらいはすると見ておかしくないです。
    クロロの「そうだ そこでいい」のセリフから誰かと会話してるようですが人形が喋ることがあるのかも疑問に思いました。

    • KaoruAnatu anatu より:

      考察コメありがとうござます

      サンアンドムーンの死後の強まる念がなければ、「ギャラリーフェイク+オーダースタンプ+ブラックボイス」で三つの能力を一度に使っているので制約上矛盾が起こるってのが私の考察ですね。山さんの考察も可能性はあるかと思います。

      携帯電話の描き方、袖問題は長老同様どう解釈するかで考察が違ってきますね。ブラックボイスはあのときは会話ではなく命令していたと考察しました。生きている人間にしか使えない条件があるので、人形には使用不可です。ヒソカの手を吹っ飛ばす流れはヒソカも推測してたのでこの箇所が根拠となります。

      ただ、シャルは今まで「ボタン」でしか操作していなかったのですが、クロロはこのとき「音声」で命令していたんですよね。キメラアント編で「自動操作モード」なんて新機能もあったので音声でも操作できるはず、そもそも携帯電話って呼んでるくらいですからねw

      私の考察の出発点は共闘説を否定しているところからはじまっているので、共闘説支持の方は別の考察があると思います。あくまでご参考程度にしてもらえばと思います。

  7. カレー より:

    共闘説支持ですが、考え方の整理のため楽しく読ませていただきました。

    シャルの携帯返却については、スペアがあるので説明できそうかなぁと個人的には思います。クラピカの能力考察で、操作系能力者が愛用品を失うリスクを説いたシャルだからこそ、スペアを持っていてもおかしくないかと。一回も二台以上を持っている描写はありませんでしたが、口頭で操作よりも私にはシックリくるというだけで、共闘説の根拠にもタイマン説の根拠にもならないのではないかと思います。

    また私も流星街の長老が死んでいるというのがクロロの嘘で、死後の念の説明は本の状態に関わらず爆発することに対するカモフラージュだと思います。

    最後のヒソカの行動は、ヨークシンシティでクラピカと組むのもクロロとタイマンしたいがためでしたので、旅団の足をもがない限りタイマンが実現できないと気付いたため足をもぎ取ることにしたのだと考えました。

    私は結局ヒソカが好きで、ハンターハンターの上級者の念バトルは相手の能力の考察が重要だと考えていて、ヒソカの考察を上回るのをクロロスゲー!で済ませるのが嫌なだけなのだと思います。失礼しました。

  8. D太郎 より:

    こんにちは!
    私も共闘否定派です。
    マチのセリフはヒソカのセリフの前フリなだけでしょうね。

  9. 七子 より:

    マチの台詞が共闘説に繋がった理由は、なぜクロロが闘技場で話した内容をマチが知っているか、という所では?

  10. 七子 より:

    また、いつの間にか回収されていた針についても共闘説以外だと説明が付かないかと思います。
    「釣り糸でも結んでおいて引き寄せたか……?」という疑問をあえて描写したのは、読者にマチの念糸をイメージさせる為の冨樫先生のメッセージだと考えると非常にしっくりくるんですよね。

  11. より:

    こっそり共闘してるのにいつものシャルナークの服装なわけないと思うのですが・・・。
    全員変装なりしてるのが当然と考えるべきでは?

  12. カレー より:

    再度失礼します。

    検証内容は大きく分けると、
    「共闘説には矛盾があるからありえい」
    もしくは
    「共闘説で説明できるがタイマン説でも説明できる」
    の2つで、anatsuさんの記述では
    シャルの携帯→共闘はありえない
    その他→タイマン説でもありえる

    に解釈しました。

    シャルの携帯は右利きなのに左手で操作がありえないと言われる
    前提→シャルは右利き、クロロは左利き
    仮定→右利きの人が左手で携帯を操作することがありえない。
    結論→携帯する他人の運命を左手で使用したのはクロロ
    なのでしょうし、説得力はあると認めていますが、作者のミスや左手で携帯を使うことがないとは言い切れないため、共闘説が完全に否定されうるかというと疑問です。

    袖は変装、受け渡しはスペアと考えています。以上から共闘説が否定しきれないというのが私の主張です。

    逆に描写としてタイマン説を否定する明確な根拠もありません。最も重要なヒソカに襲いかかる観客数は、漫画を読んでいて読者が感じる経過時間に依存するため、anatsuさんの主張は棄却できないものだと考えます。

    それでも共闘説が魅力的なのは話の流れかと思います。

    クロロの能力説明→ヒソカを騙すためのブラフ。同じ闘技場でカストロを奇術で騙したヒソカが、クロロにトリックでしてやられるというのは痛快です。

    マチ、コルトピ、シャルがいる理由→共闘以外で3人も旅団員が訪れる必要性はありません。栞の制約ならばコンバートハンズの能力者も側にいるのでしょうか。また幻影旅団という賞金首で恨みをあちこちから買っている人間が念を盗まれている状態で護衛なしにウロウロできるでしょうか。ウヴォーがリベンジ野郎を殺すのが生き甲斐だと言っており、シャルも恨まれていてもおかしくないかと思います。

    流星街と旅団の関係性→蟻編にて旅団と流星街は協力的といえます。長老から念を奪い、死後の念になるほど強い思いを持って長老が死んだという話より、蟻討伐の見返りもしくは同じコミュニティの人間への助力と考えた方がスッキリしました。

    クロロの性格→クロロは自分で確実に勝つ、100%勝つと言っています。ヨークシンシティ編では何度か占いを根拠とした言動をした彼が確実というなら占いを頼っている方が筋が通ります。占いで自分とヒソカは占えない
    ため共闘した(共闘仲間の占い結果で勝ちを確信した)という説を推します。逆にヒソカの復活が占えなかったのはおかしいと言われると、死後に関わることは保持者のネオンが信じていないため占えない、となりこれも仮定に基づいた強力なものではありませんが。

    長文失礼しました。モヤモヤしていたことを吐き出してスッキリしました。

    • KaoruAnatu anatu より:

      カレーさんコメありがとうございます!

      こう整理して考察していただけると私では考えつかない気づきがありとても面白く読ませていただきました。

      また何かご指摘・新たな考察などあればコメントしていただけるとうれしいです。

  13. けいらん より:

    ただ単純に、コルトピですね。はい。

  14. あまたん より:

    シャルが変装していた可能性ですが、変装していたシーンや変装を解くシーンがないので、些か無理があると思いますよ。
    それが許されるのなら、姿形の違う何かすごい能力者が紛れ込んでサポートしていたのだ、というような詭弁も許されます。

    それに大事な共闘、協力作業において使い慣れた右手で操作しない特別な理由も特に示されていませんし。
    シャルの右手に怪我や骨折、病気などの表現はされていません。
    それがないのに左手で操作することがあり得ると言い出したら、それはもう検証不可能ですよ。
    ですのであの左手はシャルのものではないと考えるか、もしくは針と同じように作画ミスですね。

  15. カラッチ より:

    携帯のスペアは確定!

    コウモリの羽の部分に2と描いてある。
    ゆえに共闘は確定なのでは?

  16. カラッチ より:

    シャルの左手で操作の件。

    同時に左手を使っている描写で、クロロ以外の人が操作していることを読み手に伝える、冨樫先生のメッセージと思われます。

    作者目線で考えると、タイマンなら必要ない描写が多すぎです。

    読者へのメッセージと考えると、マチの糸、人形の多さ、携帯の数字2、など全部しっくり来ますよね…