ハンターハンター363話「念獣」 感想・考察 ベンジャミンは筋肉バカじゃない!!

ツェリードニヒ(第4王子)の人物分析からベンジャミンは猪突猛進(傲慢)な筋肉バカだと思っていたんですが、どうやらそうではないらしい。

少なくとも部下からは慕われ、力だけでなく冷静な判断ができる頭脳も持っているようだ(才覚があるとは言ってない)。部下の進言に従った描写は好感が上がった。

でも絶対「強化系」だよなwww

スポンサーリンク

各王子の言動まとめ

クラピカによって王子全員に「念」の存在が知れわたり、それぞれの行動が活発化してきた!既に知っている者、習得にとりかかっている者、そして未だ理解できてない者、さまざま。

チョウライ(第3王子)

H×H363話
出典:週刊少年ジャンプ2017年32号HUNTER×HUNTER 富樫義博

護衛全員が「念獣」について知らなかったチョウライ陣、一歩出遅れてたか。未だ情報収集の段階、当然チョウライ自身は念能力が使えない。

だがベンジャミン(第1王子)が送り込んだ護衛兵(私設兵)をうまく利用して情報収集をはかろうと画策する。

カミーラ(第2王子)

H×H363話
出典:週刊少年ジャンプ2017年32号HUNTER×HUNTER 富樫義博

ワガママで予想以上に性格がキツかったカミィ。カミィのセリフに呼応してなにやら守護霊獣が動きだしような予感。霊獣は宿主の意志を反映するわけだから、彼女の想いを考察しといて損はないはず。

カミィは世界中の人間をカミィの思い通りに動かしたいの!
まずカミィ以外の王子には死んで欲しいわ!

理想は自ら進んで死んでほしい!

カミーラが王になるのだから

「私は死ぬべきだ」って思ってほしいの!

カミィの一連のセリフで気になったのは「王子自ら死んでほしい」と繰り返しているところ。この強調している言い回しからカミィの強い意志が感じらる。たとえば相手の心を操るといった操作系の能力なのかもしれない。

ベンジャミン(第1王子)

H×H363話
出典:週刊少年ジャンプ2017年32号HUNTER×HUNTER 富樫義博

念能力が使えることが遂に判明!「直々に処分する」とか言ってたのも「念能力でぶっ潰す」っていう意味だったんだろうけど、やっぱり爪が甘いよなw

継承戦は何が起こるか分かん状態で、念能力を匂わせるセリフをツェリードニヒにいっちゃってる時点で残念さは拭えない。

やはり力に依存している傾向があるのが気になる。今回で魅力的な王子として株が上がってきたが、最後まで残れるとは思えないんだよな。私設兵含めて噛ませ犬にはならんでくれ!!

ツェリードニヒ(第4王子)

念修行集中中

ツベッパ(第5王子)

H×H363話
出典:週刊少年ジャンプ2017年32号HUNTER×HUNTER 富樫義博

クラピカの行動をベンジャミン(第1王子)の私設兵バルサミコと同じく「場の停滞」と予想したツベッパ、クラピカの情報収集をはじめる。

ちなみに↑のコマのセリフからツベッパが女性(あるいはオネエ)である可能性が浮上。今まで言動から男とばかり思ってたんだが、性別が気になるw

ハルケンブルグ(第9王子)

ベンジャミンに殺されそうになるがバルサミコの助言で紙一重で回避。それにしてもこれほどまでにモブキャラ扱いになってるのが気になる。

刺客の暴走

クラピカはセンリツ達と情報の共有をはかることを考えているようだ。そのためには無線の入手が必須!この人手不足の圧倒的不利な状況でやって来たのがベンジャミンの私設兵。

H×H363話
出典:週刊少年ジャンプ2017年32号HUNTER×HUNTER 富樫義博

▲刺客登場!

殺された従者はクラピカの尋問によって継承戦の一切を知らされていなかったのは確実。そんな従者がナイフに毒物と用意周到すぎやしないかい?

H×H363話
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

となると、命令が徹底されておらず私設兵が暴走したと見るべきか。さらには念能力も使えるみたいだからかなりピンチな状況。

ベンジャミン陣営は確かに強いと思うけど、ベンジャミンの言動や私設兵の暴走で、個人的予想としては最後まで残らないと思うwww

KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃