【検証】ハンターハンター 富樫義博が欅坂46にハマっている説が浮上中www

ハンターハンター368話
出典:週刊少年ジャンプ2017年39号HUNTER×HUNTER 富樫義博

今週のH×H369話に登場したヒュリコフさん、コイツが発動させた能力名が「11人いる!」という技名なんですが、その二つ名にサイレントマジョリティーという名前も付けられていたことで一部ネットが

ざわざわ…

さらに、発動したときに浮かびあがる謎の物体、生物なのか、そもそも生きているのは現在不明であるものの、このシルエット、とくに髪型に注目すると、まさかの欅坂46の平手友梨奈にソックリとネットで盛り上がりが頂点にwww

そういえば漫画家のピョコタン先生も欅坂46のライブにいった話を熱弁してたけど、どうやら漫画家にもファンが多数いるようです。

スポンサーリンク

噂の真相

369話のラストのこのコマが今回の盛り上がりのきっかけ。

ハンターハンター369話
出典:週刊少年ジャンプ2017年39号HUNTER×HUNTER 富樫義博

11人いる!ってのはヒィリコフというキャラの技の名前。問題はその隣に書かれているカタカタ表記。

サイレントマジョリティー

そして、さらにこの技の発動によって現れたのが前髪ぱっつんのショートヘアはの少女らしきシルエット。おそらく欅坂46ファンの方は、「これって平手友梨奈のパロじゃね」とw

出典:欅坂46 『サイレントマジョリティー』

まず欅坂46の持ち歌の中に「サイレントマジョリティー」という歌があるんだそうです。それがこの歌。このMVでセンターを務めとるのが平手友梨奈さん。

ハンターハンター369話
出典:欅坂46 『サイレントマジョリティー』

たしかに黒髪ショートの前髪パッツンでH×Hの絵そのまんま。それにサイレントマジョリティーの衣装とどことなく似てる気もw

富樫先生が連載しているH×Hは現在「暗黒大陸編」を描いているんですが、今編では有名人をオマージュしたキャラが登場していることが多いんです。たとえばキャイーンのウド鈴木さんがウッディー役(そのまんま)として登場。

ハンターハンター369話
出典:HUNTER×HUNTER34 富樫義博

▲死体役ですがwww

ウドさんは山形県出身で富樫先生と出身が同郷、恐らくご自身の好きな芸能人をファンサービスも込めて描いてるのかなと思う。まぁ、今回は思いっきり趣味に走ってる感はありますがw

マンガ好きは萩尾先生を思い出す

ちなみにマンガファンの方は欅坂46よりも萩尾望都先生の真っ先に思い出し方が多いんじゃないでしょうか。

ぼくもこっち派です。

最近だと『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』で登場してたりと、インパクトのあるタイトルは昔からパロられていたあるあるネタなんです。

「11人いる!」ってのは誰かのセリフとかではなくて、萩尾望都先生のSF少女マンガのタイトル。ストーリーは青春や友情より。

宇宙大学受験会場、最終テストは外部との接触を絶たれた宇宙船白号で53日間生きのびること。1チームは10人。だが、宇宙船には11人いた! さまざまな星系からそれぞれの文化を背負ってやってきた受験生をあいつぐトラブルが襲う。疑心暗鬼のなかでの反目と友情。11人は果たして合格できるのか? 萩尾望都のSF代表作
出典:Amazon

富樫先生は少女マンガも読んでいたようで、中でもSFが好きだったといいます。今回のヒュリコフの能力名の由来に萩尾望都先生の作品も影響してる(というかパロってる)ことは間違いない!

ハンターハンター
出典:ジャンプ流!vol.21 富樫義博

というわけで欅坂46のほかに、もう一つの元ネタがあったことは補足として紹介しておきます。

富樫は欅坂46のファンなのか

ゲームが好きすぎてグリードアイランド編を描ききったわけですから、好きなモノに対しての情熱はハンパない富樫。もし欅坂46にハマりだし欅坂46漬けの生活になる可能性もあるわけだ。

セーラームーンの作者と一緒に生活してるわけでアイドルにハマっても当然おかしくない。少年ジャンプの作者ひと言ページを見てみるとこんな衝撃的発現を載せていたんですw

ハンターハンター369話
出典:週刊少年ジャンプ2017年39号HUNTER×HUNTER 富樫義博

曲はバグベアがツボ。詞は切ないのが好き。渋谷川コールミー青空が違うetc(富樫)

wikiによればバグベアとはこぎみいいここみらいの音楽ユニットで他アーティストにも楽曲を提供しているようです。

サイレントマジョリティーもバグベアが楽曲を提供したもの。ヒュリコフが発動したサイレントマジョリティーは欅坂46をパロったものとして思いっきりクロでしたw

ちなみに富樫先生が好きな曲として挙げているのは渋谷川、コールミー、青空が違うとすべて欅坂46の曲

しかもこれらの作品はメイン曲のカップリング(タイトルがシングル名になっていない曲)曲として収録されているので、けっこうガチ勢なのが分かる。

収録されているシングル作品を調べてみると

渋谷川:「サイレントマジョリティー」TYPE-B収録
青空が違う:「世界には愛しかない」TYPE-C収録
コールミー:「不協和音」TypeD収録

最近発売された1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』でもタイプAとタイプB両方買わないといけない(タイプによって収録曲が違うから)。

でも織田奈那さんが歌う『コールミー』はどっちにも収録されてないから、かなり前から好きなことが分かるw

もしかしたら全タイプのシングルを所有してる可能性すらあるw

しかもコールミーって曲は不協和音のカップリングとして収録されてるんじゃなくて、付属DVDの個人PVの曲で、今のところタイプDでしか聴くことができない。

出典:欅坂46 織田奈那 『コールミー』

それがこの曲。YouTubeでもショートPVですが観れます。ってことは富樫先生は織田奈那推しってことなのかな。ハマってるってレベルじゃねえぞこれ。

結論:富樫は引くぐらいハマっていた!

ちなみに富樫先生きっかけで欅坂46の曲を聴いてみたら歌詞のメッセージ性(十代向けが多いけど)強い印象。でも大人でもハマるのも納得。何度目の青空か?はスコ、ってそれ乃木坂じゃねえか。

真っ白なものは汚したくなる (Type-A)(DVD付)
フォーマット: CD+DVD
レーベル: SMR
収録時間: 127 分
ASIN: B072KRPMTB

Amazon 楽天市場
KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃