これは簡単!ドロップボックスを活かしたお手軽バックアップ方法

バックアップ

ようやく記事数も100を超えてきたことですし、そろそろバックアップについて真剣に対策しようと思いはじめました。

ライブドアブログ時代の癖が抜けないのか、バックアップっていってもエクスポート(書き出し)すれば、まるっとバックアップできるんでしょと思っていたんですが、ワードプレスはHTMLで作られているサイトのように、簡単にバックアップできるものではないらしいのです。

少なくとも、ワードプレスにあるデータ、それと、契約しているレンタルサーバのデータベースにあるデータに二つのデータのバックアップをしなきゃいけないみたいなんです。

参考にしたのはコチラ

この記事では、BackWPupというプラグインを使ってのバックアップ方法が紹介されています。ただ、このプラグインはドロップボックスにファイルを保存する設定があるので、ぼくはこの方法でバックアップしようと思います。

ドロップボックス使っていない人は、上の参考URLを参考にバックアップの設定をすることになりますので、この記事は読んでみ意味ないと思います。

ドロップボックス使って簡単にバックアップしようと考えている人は参考になるかと思います。

スポンサーリンク

BackWPupのインストール

日本語表記されるようになったので、それほど困ることはないと思いますが、だいたいの流れを説明していこうかなと。

まずは、BackWPupというプラグインをインストールして、プラグインを有効化します。

ここまでは、いつもしている通りなので、問題ないかと思います。

BackWPup設定方法

バックアップ設定

インストールしたら、まずは

BackWPup→新規ジョブを追加

でジョブを作成していきます。

一般の設定

バックアップ設定

ぼくはできるだけ簡単にバックアップを取りたいので、「データベースのバックアップ」と「ファイルのバックアップ」の両方をまとめてバックアップしていきます。

インストール済みプラグインリスト」はチェックしてもしなくてもどっちでもいいと思います。

バックアップ設定

あと、どんな設定にすればいいのかピンとこない場合は、チェック項目の上にカーソルをしばらく置くと、こんな説明文が出てきますので、このヘルプを参考にするのもいいと思います。

バックアップ設定

アーカイブ方式はZip形式にしていますが、Mac を使っている方は「Tar GZip」を選択してもいいと思います。

バックアップ設定

転送先はドロップボックスに設定。

バックアップ設定

エラーにチェックを入れると、エラーが発生したときのみメールが送られるようになります。

これで「一般」の設定は終わりになります。変更を保存を押せば完了となります。

スケジュールの設定

バックアップ設定

まずは、ジョブの開始方法で「wordpressのcron」にチェックを入れます。

バックアップ設定

実行時間では、どのくらいの間隔でバックアップを取っていくかを設定します。これは運営さんによって違ってくると思いますが、ぼくは週に1回で十分なので、毎週月曜日の深夜3時に設定しました。

月曜日にしたのは、平均的に見て一番アクセス数が少ないから。だから人によっては土曜日だったり、日曜日だったりと変更してください。

これでスケジュール設定は完了です。

宛先:DropBoxの設定

今まで、「一般」「スケジュール」と設定してきましたが、後の「DBバックアップ」「ファイル」「プラグイン」は特にいじるところはないのでそのままにしておきます。

次に「宛先:DropBox」を設定ですべての設定が完了します。

バックアップ設定

DropBoxのアカウントを持っているのであれば、「DropBoxのアプリ認証コードの取得」をクリックして、DropBoxにログインすれば認証されるはずです。

バックアップ設定

無事承認されたら、次にファイルを削除の設定をします。この項目はバックアップをいつまで保存するかの設定になります。「7」と入力したので、過去7日分のデータがバックアップされることになります。

ちなみに「0」と入力すればデータは自動では削除されません。

これでジョブの作成が完了しました。あとはDropBoxにバックアップのファイルが届くかの確認だけです。

バックアップ

無事設定することができれば、登録したメールにバックアップ成功のお知らせがきます。

KaoruAnatu
毎夜カタカタ投稿している中の人。本とサブカルを中心に執筆中。独自視点でレビューが書けたらと思っている今日この頃。