すべての肌質におすすめ!30代からのミネラルファンデーション人気ランキング

ミネラルファンデーション 選び方

化粧品選びでポイントになってくるのが「肌の乾燥」です。乾燥は年齢と共に減少していくため、年代によって肌と化粧品の相性は違ってきます。

今まで問題なく使えていた化粧品が、「最近なんだか肌に合わなくなってきた」と感じるのもそのためです。肌質は日々変化しているのです。

この違和感は、皮脂量30代をピークに減少していくという事実からも納得がいくはずです。そのため、化粧品選びで大切になるのが、肌を乾燥させない商品を選んでいくことです。

そこで、おすすめなのがミネラルファンデーション。肌質を気にせず、肌への負担も少ないことから、幅広い年代に支持されている化粧品なんです。

クレンジングの役割

肌が弱い方やアンチエイジングのために化粧品にこだわりたいという方にとって、昔に比べて配合されている成分を意識することは多くありませんか?

とくにオーガニック志向の方にとっては、できるだけ化学物質が入っていない商品を選びたいと思っているはずです。

ミネラルファンデーションが肌にやさしいと言われる理由の一つに、「油分」が配合されていないことがあります。

普段使っている化粧品にはかならず「油分」が含まれています。

W洗顔をしなければならないのもこのため。化粧品の主成分は油ですから、水ですすいだだけでは落ちにくいんです。水と油は反発しあう性質がありますから、メイクを落とすことができない。

そこでクレンジングに配合されている油で、まずはメイクを肌から浮かせて洗いやすくします。その後、界面活性剤によって、水でもきれいにメイクを洗い流すことができるようになる。

界面活性剤には油と水をなじませる(乳化させる)効果がありますから、水でも十分メイクを落とすことができるんです。

ポイントクレンジングのしくみ
クレンジングの主な成分は界面活性剤。油でメイクの油分を浮かせて、界面活性剤によって水となじみやすくさせることで、メイクを簡単に落とすことができます。

界面活性剤の功罪

クレンジングは肌によくないと言われています。それは、W洗顔による洗いすぎもありますが、界面活性剤による肌の乾燥が特に気になるからです。

界面活性剤は水と油をなじませることができますが、「皮脂」という肌にとって非常に大切なも一緒に洗い流してしまいます。

30歳前後で今まで使用していた化粧品が合わなくなのも、ここに原因があります。

上の図は年齢ごとの肌の水分量と皮脂量をグラフ化したものですが、年齢と共に水分量も減少し、さらには30代から皮脂量も減少していくことが分かります。

肌質が年齢によって変化していくのに、化粧品は昔のままであればどうでしょうか。合わなくなるのも当然の話なのです。

また、皮脂は肌にとって潤いを保つためにとても大切な成分なんです。よくニキビの原因として悪者になりがちですが、それは皮脂がストレスなどによって過剰に増えてしまったことが原因です。

では、クレンジングの場合はどうでしょうか。

界面活性剤によって、メイクと一緒に皮脂も取り除いてしまうため、肌は皮脂が常に足りない状態になってしまいます。すると、肌は皮脂が不足してるじゃない!と勝手に誤認してしまい過剰に分泌されてしまう・・・。

顔がテカテカになるオイリー肌や、ニキビや吹き出物ができやすいトラブル肌も、実は、クレンジングによる皮脂の取り過ぎが原因であることが多いんです。

ここでポイントになってくるのが「肌の乾燥」をいかに防ぐかです。今まで見てきたように、残念ながら肌は年齢と共にその機能は衰えていってしまうため、私たちは化粧品でその部分をしっかりとカバーしなければいけません。

ミネラルファンデーションをつよく推すのも、メイクは女性にとって必須なものですが、それと同時に肌への負担も大きいことを自覚しないといけません。

少しでも肌に優しいもの、そしてクレンジングがなくてもきれいに落せる化粧品という条件で探していくと、どうしてもこのミネラルファンデーションにたどりついてしまうのです。

ミネラルファンデーションが肌にやさしいワケ

ミネラルファンデーションは鉱物(ミネラル)が主成分なりますので、油は入っていません。

そのため、防腐剤などの添加物も必要ありませんし、化学物質も配合されていません。水を含んでいないため品質の安定性がとても高いからです。

また、油分が入っていないことで、クレンジングがなくてもメイクをスッキリ落とせることから、肌の乾燥も防ぐことができます。

今まで「どうしてクレンジングが不要なの?」と思っていた方もいると思いますが、油分が配合されていないことで、W洗顔もクレンジングも不要、石鹸だけでしっかりとメイクを落とすことができるからなんです。

つまり、ミネラルファンデーションは肌にやさしい化粧品というワケなんです。そして、30代以降の方に、特におすすめしたい化粧品でもありますね。

オイルクレンジング

化粧崩れしやすいのは「乾燥」が原因

ミネラルファンデーションは多くの化粧品メーカーから出ていますが、どんなポイントで選んでいけばいいのでしょうか。

ここだけは外せないポイント!
ポイントカバー力が高い商品がいい!
ポイントできればUV効果もほしい!
ポイントカラーバリエーションは多い方がいいよね!
ポイント肌の乾燥が心配だから保湿成分もほしい!

ミネラルファンデーションだけでなく、化粧品全般に言えることなんですが、肌が乾燥しやすくなります。メイクで肌に蓋をしているようなものですから、当然といえば当然です。

実際、ミネラルファンデーションの場合も、少なからず水分を吸収する性質があることも事実です。

そして、このタイプの化粧品は化粧くずれしやすいカバー力があまりないというイメージを持っている方もいると思いますが、この原因も肌の乾燥にあります。

肌が乾燥することで、皮脂が過剰に分泌してしまい、皮脂の油分がメイクを浮かせてしまうのです。

そのため、保湿成分が配合されたファンデーションを選ぶようにすれば、実はそれほど気にする必要はありません。保湿成分の効果によって肌の乾燥を防ぎ、皮脂の分泌を抑えることができるからです。

そこで、いままで上げてきたポイントを考えながら、おすすめのミネラルファンデーションを次から紹介していきます。

おすすめのミネラルファンデーション

RACHEL WINE(レイチェルワイン)

おすすめ度:★★★★★

http://www.rachelwine.com/6color/flat/pc/index.html?wapr=55646f9c

出典:天然ミネラル主成分のファンデーション レイチェル ワイン

ポイントメリット
カバー力が優れている上に、肌のつけ心地も悪くありません。カラーも選べるので(今年になってメイプルが新しく加わりました)。

http://www.rachelwine.com/color.html

出典:色の選び方 – レイチェルワイン

自分の肌に合った色がいいのか、明るめの色がいいのかによっても違ってくるかと思います。

パウダーファンデーションは混ぜ合わせることで自分好みの色合いを作ることができるので、11色というカラーバリエーションのメリットを生かしていろいろな色を試してみてください。

ここで紹介しているトライアルセットは11色から、お好きな2色をネットだけのお手頃価格で試すことができます。

また、SPF27を実現していますので、日常生活であれば紫外線対策として機能してくれる数値です。成分がとてもシンプルなのもいいですよね。

ミネラルファンデーション
カラー:11種類
UV効果:SPF27 PA+++
成分:マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al

ポイント気になる成分
ラウロイルリシン:滑剤・粉末基剤として使用されています。植物由来成分を原料とし、レイチェルワインでは保湿剤として肌の乾燥を防いでくれます。

まずはトライアル商品がおすすめ(30日間返金保証アリ)

ETVOS(エトヴォス)

おすすめ度:★★★★★

http://etvos.com/fs/etvos/dm-010/

出典:エトヴォス/国産ミネラルファンデーション

ポイントメリット
ミネラルファンデーションで肌の乾燥が気になる方におすすめです。オリーブ油を基材にした保湿成分が配合されていますので、肌の乾燥を防ぐことができます。また、SPF30はUVケアとしても十分役立ちます。

パウダーを保湿コーティングしているので、直接肌にパウダーがつかないため肌が乾燥しにくくなっています。また、酸化チタンもコーティングされていますので、UVケアとしても優秀。

マットスムースミネラルファンデーション
カラー:4種類
UV効果:SPF30 PA++
成分:マイカ、酸化亜鉛、シリカ、ラウロイルリシン、(+/-)  酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、プセウドジマツクバエンシス/(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物

ポイント気になる成分
プセウドジマツクバエンシス/(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物:オリーブ油やグリセリンを元に作られる酵母の一種。肌の乾燥を防ぐために配合されています。

VINTORTE(ヴァントルテ)

おすすめ度:★★★★

http://www.vintorte.com/fs/vintorte/c/msf

出典:ミネラルファンデーションVINTORTE(ヴァントルテ)|公式通販サイト

ポイントメリット
カバー力が高く、カラーバリエーションも5色から選べることができます。成分が非常にシンプルなので、どんな肌質の方にもおすすめできます。UVケアはあまり期待できません。

ミネラルシルクファンデーション
カラー:5種類
UV効果:SPF20 PA++
成分:マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、シリカ、水酸化Al、シルク、酸化鉄

ポイント気になる成分
シルク:高い保湿効果が期待でき、UV効果もあります。今までパウダーファンデーションをつけると、なんとなく暗く感じていた人に特におすすめです。

シルクの効果によってワントーン明るい肌になり、透明感も増す効果があります。

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)

おすすめ度:★★★

http://www.onlyminerals.jp/products/basemakeup/foundation.html

出典:『オンリーミネラル』公式サイト | ヤーマン株式会社

ポイントメリット
オンリーミネラルの魅力はなんといっても選べるカラーが18種類もあることです。微粒子パウダーによって肌のつけ心地もよく、カバー力もあります。ただUVケアはあまり期待できません。

ミネラルファンデーション
カラー:18種類
UV効果:SPF17 PA++
成分:マイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛

ポイント気になる成分
成分が4種類と非常にシンプルなのはメリットですが、保湿成分がないため、人によっては乾燥が気になってしまうかもしれません。

参考:金属アレルギーについて

ミネラルファンデーションを紹介するにあたって、「金属アレルギー」についても調べてみることにしました。

既に使用したことがある方は問題ないかと思いますが、はじめて使用してみようと思っている方は参考にしてみてください。

今回はエトヴォスさんにメールで金属アレルギーについて伺ってみました。

金属アレルギーとは、金属イオンが溶け出して、体内のたんぱく質と結合することによって抗原(アレルゲン物質)となります。
その抗原に対してからだの免疫が過剰に反応しアレルギーをおこします。

チタン、亜鉛、鉄は金属ですが、アレルギーは起こりにくく、これらの金属でアレルギーを起こすことはごく稀です。

更に、酸化チタンや酸化鉄など、酸化されたものは、金属単体のイオンが溶け出すことが少なくなるので、アレルギーを起こしにくくはなりますが、確実に起こらないというわけではありません。
出典:エトヴォスカスタマーセンターのメールより抜粋

金属アレルギーの自覚がある方はパッチテストをして確認してみたり、医師に相談してみるようにしてください。

使用感や色合いなど実際に使ってみないと分からない部分もありますので、まずはお試し商品やトライアル商品から使ってみてください。