黙示録の四騎士

黙示録の四騎士9話ネタバレ感想 木霊の谷復活とナシエンスの正体!

黙示録の四騎士9話ネタバレ感想

ナシエンスが謎の実験をするのは、谷を救うためだと知ったパーシバルは、自ら実験体に志願すると言い出した前回!

中の人
だけど命を伴う危険な実験!

9話では、危険な薬を一気に飲んでしまったパーシバルのその後!ナシエンスの実験は果たして成功したのか、それとも!?

中の人
まずは黙示録の四騎士9話のストーリーをおさらいです

ナシエンスの調合薬

ナシエンスが悪い人間ではないことを知ったパーシバルは、試薬の実験台を引き受けたが、その薬は命の危険を伴う危険なものだった。

薬を飲んだパーシバルは胸をおさえ苦しみだす、まさかの失敗!?ナシエンスは苦しむパーシバルの姿に焦りを隠せないでいた。

そのとき突然!大声をあげたパーシバル。薬の影響で元気がモリモリみなぎっていく!実験が完成したのだッ!

スポンサーリンク

木霊の森の過去とナシエンスの生い立ち

その昔、木霊の谷にオルドという老薬師が住んでいた。谷の豊富な資源を薬材に、たくさんの薬を作っていた。

谷の近くに住む妖精たちのケガや病の治療にいそしみ、人柄のよさから、多くの者たちがオルドを慕っていたという。

ドロレスやナシエンスも、オルドに助けられた一人だった。群れからはぐれたドロレス、森に捨てられたナシエンスを家族として迎え入れた。

オルドによってドロレスたちは幸せな日常を過ごしていたが、ある日、なにも言わずにオルドは谷から突然姿を消したのだった・・・

木霊の森の復活!

オルドが姿を消してから、谷に異変がおきはじめるようになる。妖精たちはナシエンスの仕業だと勘違いしたのだ。

そんな中で、ナシエンスは谷を救うため一人実験を繰り返していった。そして、パーシバルの協力によって、ついに薬が完成!

ナシエンスの魔力「調毒(ミクスベノム)」は毒を摂取することで、自身の体内で毒を自在に生成・合成することが可能!

解毒薬を作り出したナシエンスは谷中に散布し谷を蘇られせた!だが、そんな状況に喜ばない謎の妖精が一人、不気味に笑うのであった。

つづく

黙示録の四騎士9話の深堀り考察

ここからは、黙示録の四騎士9話で気になったコマを掘り下げていきます。

ナシエンスの正体

ナシエンスは谷を守る一心で、妖精たちを実験体にしていたんですね。ただ、妖精からすれば悪者に映るのは仕方がないw

中の人
勘違いされたのは彼の性格が影響していました

強制的に実験体にするあたり、コミュ力はかなり低そう。いい奴なんだろうけど、言葉足らずで誤解されちゃう系男子のようです。

ナシエンスの生い立ち
出典:黙示録の四騎士9話 鈴木央 講談社

そしてナシエンスは人間族。谷に捨てられていた悲しい過去も明らかになり、「ナシエンス」という名前はオルドが付けたものだった。

ドロレスの正体

ドロレスの正体
出典:黙示録の四騎士9話 鈴木央 講談社

ディアンヌの友達のドロレスだよね!

ドロレスという名前から、ディアンヌの旧友が実は生きてた説を推していたけど、その可能性が高くなったような、ならないような。

ただ、木霊の森に迷い込んだときのドロレスの姿はどうみたってディアンヌの旧友のそれ、髪型もそのまんま。

ドロレスの正体
出典:七つの大罪16巻 鈴木央 講談社

マトローナは「ドロレスは死んだ」って言ってたことから、やっぱりマトローナが逃がしたのかなーと睨んではいる。

黙示録の四騎士9話みんなの感想・考察

SNSから9話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

中の人
辛いやね

中の人
どうなんだい!

黙示録の四騎士9話まとめ&10話展開予想

黙示録の四騎士9話まとめ
  • 薬飲んだパーシバルは元気モリモリ
  • ナシエンスの試薬実験成功!
  • ナシエンスの薬で谷が生き返る
  • 谷に暗躍する悪い妖精が!?

谷の動植物を狂暴化させた犯人が動き出そうとしてます。しかも、そこにはナシエンスの親同然のオルドも関係してる感じ!

木霊の谷の謎の妖精
出典:黙示録の四騎士9話 鈴木央 講談社

この悪そうな黒い妖精の正体は一体なんなでしょうかね。四騎士を狙う聖騎士が関係しているのか気になるところ。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
19話20話
黙示録の四騎士2巻(予定)
10話11話12話
13話14話15話
16話17話18話
単行本最新話
黙示録の四騎士1巻
1話2話3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
スポンサーリンク

© 2021 アナブレ