黙示録の四騎士

黙示録の四騎士24話ネタバレ考察 次の目的地は宿場街カント!

黙示録の四騎士24話ネタバレ感想

新しい仲間にアンが加わり、リオネス王国を目指すべく、シスタナの街から旅立ったパーシバル一行!

中の人
次なる目的的は?

24話では、リオネス王国に向けての経路を再確認します!まずは宿坊街カントを目指し、パーシバルたちの旅は続く!

中の人
黙示録の四騎士24話のストーリーを振り返ります!

新たなる旅路

イロンシッドと激戦を繰り広げたシスタナの街が遠のき、いよいよ新たなる旅のはじまりだ!そんな旅路ににワクワクを隠せないアン。

アンはシスタナで出会った新しい仲間。聖騎士の母親の影響から、アンもまた聖騎士になることを夢見る女の子。

パーシバルに同行するのも、聖騎士になるための修行を兼ねている。そして、彼女の相棒、駄馬のシルヴァンも共に旅をするようだ。

スポンサーリンク

最終目的地に歓喜するアン

旅の小休憩中、アンから、どこに向かって旅をしているのか聞かれ、パーシバルは「リオネス王国」と答える。

リオネス王国の名を耳にした瞬間、テンションが上がるアン。リオネス王国といえば、七つの大罪団長メリオダスが統治する王国。

七つの大罪は、魔神族からブリタニアを救った伝説の騎士団!聖騎士に憧れているアンが興奮するのも当然だッ!

リーダーはだれ?

七つの大罪で盛り上がるパーシバルたちだが、アンは突然思いついたように、ここのリーダーは誰?と聞いてきた。

パーシバルはマスコット的存在、ナシエンスはリーダーというより参謀、ドニーは、、、結局自分がリーダーに相応しいと結論づけたアンw

休憩もそこそこに、次なる目的地を宿場街カントに決めた。リオネス王国に行くにはダルフレア連邦を越えなければならない。

だが、この山脈は暗黒地帯と呼ばれるほど危険な場所。旅路を急がず、カントで十分な準備を整えてから山脈に挑む!!

つづく

黙示録の四騎士24話の深堀り考察

常闇の棺はどうなった?

イロンシッドが所有していた常闇の棺、パーシバルたちに阻止されたものの、その後の行方はどうなったのか?

前話にて、イロンシッドが撤退するときのコマを見る限り、常闇の棺を回収していたようには思えないんですよね。

常闇の棺を持つドニー
出典:黙示録の四騎士24話 鈴木央 講談社

フルーに常闇の棺を持ってるドニー

その後の行方が気になっていたんですが、どうやらドニーが回収していたようです。これで、アーサー側は常闇の棺の儀式はできなそうだな。

リオネス王国の現状

アンの情報によれば、リオネス王国の現国王はメリオダス。前国王バルトラから王位を継承し、現在に至るまで即位し続けているみたい。

ただ、少し様子が変わっているようなんです。それが24話ラストに登場していたハウザー。彼の肩書はリオネス聖騎士長。

聖騎士長ハウザー
出典:黙示録の四騎士24話 鈴木央 講談社

なのに昼間から酒を飲んでるところを見ると、なにやらワケありな様子。少なくともハウザーは昼間っから酒を飲むような奴じゃない!

中の人
どうしちまったんだよ!

黙示録の四騎士24話みんなの感想・考察

SNSから黙示録の四騎士24話に関する感想ツイート紹介しています。

中の人
熱い!

中の人
あれから16年も経過しているからね

黙示録の四騎士24話まとめ&25話予想

黙示録の四騎士24話ポイント

  • アンを仲間に新たなる旅
  • リーダーはアンに決定!
  • 次の目的地は宿坊街カント
  • 昼間から酒を飲むハウザーの姿

聖騎士長が王国を離れ、カントで飲んだくれ。聖騎士長としての任務があるはずなのに、これは一体どういうことだい?

聖騎士長として仕事が一切ないようですね。リオネス王国の聖騎士たちに、なにか問題が生じている可能性が高いです。

少し雲行きが怪しいところです。アーサーと戦っている最中なのに、この状態は一体なにを意味しているのか。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
123話 124話 125話
126話 127話 128話
129話 130話 131話
132話 133話 134話
135話 136話 137話
138話 139話 
単行本最新話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話
黙示録の四騎士13巻
105話106話107話
番外編 108話 109話
110話 111話 112話
113話
黙示録の四騎士12巻
96話97話98話
99話 100話 101話
102話 103話 104話

-黙示録の四騎士