黙示録の四騎士

黙示録の四騎士39話ネタバレ感想 村長の正体!?現れる七つの大罪

黙示録の四騎士39話ネタバレ感想

アードベックの魔力「逆再生(リバース)」によって、幼児化してしまったパーシバル!まんまと敵の罠にハマってしまった。

中の人
そして今話は!

39話では、パーシバルらを助けにやってきた魔神族の長老の正体が明かされることになりますが、果たして!?

中の人
まずは黙示録の四騎士39話のストーリーを振り返ります

長老の正体

前回、謎の決めポーズで突如として登場した魔神村の長老。彼の正体とは、七つの大罪が一人、色欲の罪(ゴート・シン)ゴウセル

聖戦が終結し、魔界には戻らずブリタニアで平穏な生活を過ごす選択した魔神族のために、居場所を用意していた。

姿を変えていたのは、人間族が怯えないようにするため。聖戦後のゴウセルは、この村で穏和な魔神族を守っていたのだ。

スポンサーリンク

ゴウセルvsアードベック

ゴウセルの姿も長老に見える幻惑をかけていたことで、アードベックは、長老の正体に気づくことはなかったのだ。

幻惑がとけ現れたゴウセル。伝説の七つの大罪との対峙に勝ち目ナシと判断したアードベックは、パーシバルを人質に撤退w

だが、ゴウセルは、アードベックに聖戦で亡くした愛娘コニーの幻惑を見せることで、戦意を喪失させるこに成功する!

新たなる敵襲

ゴウセルの幻惑であると知りつつも、それでも、愛娘コニーの前で人殺しなどできないと、涙しながら敗北を宣言。

その顔には優しさが戻っていた。アーサー王に「死んだ娘に会いたくはないか」と誘われ配下となったアードベック。

だが、死んだ人間は生き返らない、ゴウセルの幻惑で目が覚めたのだ。だが脅威は去っていない!後方から巨大な魔力攻撃を受けたのだ!!

魔力付与された二本の槍が飛来!一本目は回避したが、もう一本はアンへと飛来!そのとき!アードベックが身を挺(てい)して守ったのであった。

つづく

黙示録の四騎士39話の深堀り考察

混沌の騎士

今回明らかになった七つの大罪とは「ゴウセル」でした!前回のキメポーズからして前作から読んでた人は分かったはずw

中の人
あのポーズするのゴウセルしかいないからね

ただ、聖戦が終わったにもかかわらず、こんなにも警戒していたのは、アーサー=ペンドラゴンの存在があったからのようです。

とくに、ゴウセルのセリフで気になったのが、アーサー王配下の聖騎士のことを「混沌の騎士」と表現していたこと。

混沌といえば前作「七つの大罪」で、中途半端な説明に終わったブリタニアを創造した存在です。現在はアーサーが取り込んている状態です。

中の人
そこで今回のゴウセルのセリフ

混沌の騎士
出典:黙示録の聖騎士39話 鈴木央 講談社

アーサーの騎士ではなく混沌の騎士、つまり、七つの大罪を敵対する存在とは、アーサーではなく混沌とも解釈できますよね。

アーサーが混沌を取り込んだことによって、闇落ちしてした(コントロールできていない)、というのが現時点での僕の解釈ですね。

謎の敵の襲来

アードベックを戦意喪失にさせ、血を流すことなく戦いが終わればよかったんですが、、、新たなる敵の襲来。

パーシバルやゴウセルを狙う攻撃からして、まず間違いなくアーサー王配下の聖騎士による攻撃と言えますね。

敵襲
出典:黙示録の聖騎士39話 鈴木央 講談社

パーシバルたちを監視していた鳥は、聖騎士の使い魔のようです。さらに、槍を放った敵は複数、少なくとも二人以上はいそうです!

中の人
次回40話のサブタイトルが襲撃者たちと複数形になってるからね

黙示録の四騎士39話みんなの感想・考察

SNSから黙示録の四騎士39話に関する感想ツイート紹介しています。

中の人
ギルの槍投げは同じく思った

黙示録の四騎士39話まとめ&40話予想

黙示録の四騎士39話ポイント
  • 長老の正体は色欲の罪・ゴウセル
  • 幻惑で戦意喪失するアードベック
  • 突然襲いかかる魔力付与された槍
  • 新たなる敵襲来か!!?

一難去ってまた一難といった状況。しかもです!七つの大罪のゴウセルだと知ってもなお攻撃を仕掛けてきた!

アードベックとは違い、腕に覚えのある敵なのでしょうか。ただ、アーサー王配下の聖騎士でもさすがにゴウセル相手では勝ち目ナシだよな。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
37話38話39話
40話 41話 42話
黙示録の四騎士4巻(予定)
28話29話30話
31話 32話 33話
34話 35話 36話
単行本最新話
黙示録の四騎士3巻
19話20話21話
22話 23話 24話
25話26話 27話
スポンサーリンク