黙示録の四騎士

黙示録の四騎士44話ネタバレ感想 敵襲撃!ボロボロのパーシバル!

黙示録の四騎士44話ネタバレ感想

ナシエンスの大活躍によって「闇のタリスマン」の一人、聖騎士エルギンを激戦の末に倒した前回。まずは勝利を勝ち取った。

中の人
そして今話は

44話では、激戦を終えたばかりながら、敵はあと三人残っている!疲労こんぱいの状況だけど、休むヒマはないゾ!

中の人
まずは黙示録の四騎士44話のストーリーを振り返ります

ボロボロの仲間たち

聖騎士エルギンを倒したパーシバルたちだけど、敵から受けたダメージは予想以上に深く、すぐに動けない状態にあった。

パーシバルの治癒魔力によって、キズの治療は問題ないものの、この先の聖騎士との戦いを考えると不安しかない。

エルギンに勝てたのも、敵が油断しきっていたことと、ナシエンスが処方した「ケルヌンノスの角」の効果によるものだった。

スポンサーリンク

ケルヌンノスの角の副作用

ケルヌンノスの角は、肉体強度と高度を著しく上昇させる効果が期待できる一方で、その後すさまじい疲労感が襲ってくることが判明する。

体力の消耗が激しい副作用を伴うため、今後の戦いの中で、頻繁に使用することができないことを意味していた。

ケルノンノスの角の効果
  • 肉体強度と高度の上昇
  • 服用後に重度の倦怠感(副作用)

この先、敵との激戦は避けられない。そのとき、ケルヌンノスの角を使うかどうか、薬の使い方には注意が必要になってくる!

新たなる敵との激戦はじまる

次なる敵の襲撃を考えると、この場所に留まるのはリスクが高い。魔力を感知すればエルギンが倒されたことも気づくはずだッ!

回復もほどほどに、パーシバルは仲間全員を魔力で浮遊させ一気に森を抜けようとする、、、だが、それには膨大な魔力量を要した。

これまでパーシバルが、飛行手段を取らなかったのもそのためだった。だが、それでも敵をまくことはできず追いつかれてしまう。

しかも!敵は二人!

四大元素の杖の使い手と、愛馬スレイプニルを乗りこなす敵、戦うしかない状況だが、パーシバルの魔力量は消耗しきっている...

つづく

黙示録の四騎士44話の深堀り考察

聖騎士が所有する武器・生物

パーシバルたちを襲ってきた数々の聖騎士、彼らが所持している武器は、アーサー王から与えられたものも多いです。

その一つが混沌の杖。

アーサー王と混沌の杖
出典:黙示録の四騎士14話 鈴木央 講談社

混沌の力を秘めた魔法具の一つで、この杖を使えばアーサーでなくとも、混沌の力を使えることが可能という代物。

中の人
イロンシッドがシスタナの街で使っていた混沌の力もアーサーから授かったものでした

ただ、アーサーはこのほかにもレアな魔法具や生物を与えていました。アードベックが連れていたケルヌンノスもその一つ。

シンの混沌に関するセリフ
出典:黙示録の四騎士44話 鈴木央 講談社

キツネのシンの話によれば、今回登場したスレイプニルもまたレアな生物で、その生まれは煉獄(れんごく)だといいます。

ただでさえ強敵なのに、さらに強力な武器を持っているとなれば、パーシバルたちの状況はかなりヤバそうだ。

黙示録の四騎士44話まとめ&45話予想

黙示録の四騎士44話ポイント
  • 聖騎士エルギン撃破に成功
  • ケルヌンノスの角の副作用
  • パーシバルの飛行魔力で逃げ切る
  • 敵二人に捕まり戦い回避不可!

敵二人に追いつかれてしまったパーシバルたち。この状況で勝算があるかといえば、正直かなり微妙な感じがしますよね。

中の人
魔力を消費しきっているパーシバルに、ケルヌンノスの角の副作用で疲弊しているナシエンス

この状況を打破するとなると、やっぱりパーシバルしかいない。ケルヌンノスの角を無理やり飲んで戦うとか、そんなムチャな展開を予想。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
42話43話44話
45話46話47話
48話
単行本最新話
黙示録の四騎士5巻
33話34話35話
36話37話38話
39話40話41話
スポンサーリンク