黙示録の四騎士

黙示録の四騎士49話ネタバレ感想 ランスロットvsフィディック!

黙示録の四騎士49話ネタバレ感想

キツネのシンの真の姿は人間だった!しかも!七つの大罪の一人・バンの一人息子ランスロットと判明した前回。

中の人
そして今話は...

49話では、「闇のタリスマン」のリーダー・フィディックが、ランスロットの前に立ちはだかりますが、果たして!?

フィディックの思考

ランスロットという名前に聞き覚えのないフィディックは、目の前の強敵に、どう攻撃を仕掛けていくか考えあぐねていた。

主要な武器は弓矢と打撃、利き手は左、そして、魔力は、狐から人間に姿を変えていたことから、「変身」のたぐいと推測する。

ならどう攻撃するか。整理した情報から、フィディックが導きだした答えは、敵に反撃の余地を与えずに殺すこと!そして動く!!

スポンサーリンク

ランスロットの実力

フィディックの魔力「加速(ヘイスト)」で、移動速度を爆上げしていく!パーシバルたちでは目で追えないスピードだ。

だが、ランスロットは違った!フィディックの超速的な攻撃にも軽々と受け流し、一蹴りの反撃であっさり倒してしまった。

強すぎる!明らかに力量差がある相手に、フィディックは勝ち目なしと判断し、この場から去ることを決断する。

心が読めるランスロット

ランスロットの能力
出典:七つの大罪【特別読切】鈴木央 講談社

ランスロットの心が読める能力は、幼い頃からのもの。「七つの大罪特別読切編」では、みんな心の声を聞いてブチギレル場面もw

幼少期のランスロットは、他人の心の声がまるっとすべて聞こちゃう能力だったけど、今もそうなのだろうか。

それとも、ある程度コントロール(自分が聞きたいときだけ心の声が聞こえる)、みたいな設定になっているのか気になるところ。

中の人
闇のタリスマンの詳細情報を知っていたのは敵の心を読んでいたからか

逃げる!フィディック

得意の超速行動で逃げるフィディックは、ランスロット!貴様も黙示録の四騎士同様、その首を狙われるだろいう、と言葉を吐き捨てる。

だが、顔色一つ変えないランスロット。おもむろに敗走する敵に短剣を向けるや、光の道筋が敵を追尾していく。

シャイニング・ロード!!

光の道筋がフィディックを包み込むや、一瞬にして消し炭にしてしまった。これにて闇のタリスマン全滅である!

つづく

ランスロットの目的?

49話で、ランスロットが探しているであろう人物がいることが判明します。一人は星型バイザーの兜男、もう一人は名工ダブズ。

星型バイザーの兜男

ランスロットの探し人
出典:黙示録の四騎士49話 鈴木央 講談社

名前までは分からないものの、ランスロットが探している人物は、星型のバイザーの兜を被っているといいます。

フィディックに聞きだす場面では、面識はないけど知っていたようです。となると、アーサー王配下の聖騎士の一人?

可能性は高そう。問題はどうしてランスロットがその人物を探しているのかってことだけど、今のところその詳細は不明。

名工ダブズ

ランスロットの探し人
出典:黙示録の四騎士49話 鈴木央 講談社

もう一人の探し人は名工ダブズ。この人物は、実は前作「七つの大罪」の中で、チラッと登場していた巨人族の名です。

ダブズは「常闇の棺」の製作者です。常闇の棺といえば、パーシバルが実父イロンシッドから奪取した祭器でしたよね。

その後、宿場町カントで出会った、聖騎士長ハウザーにより剣に加工してもらい、パーシバルが武器として愛用中。

黙示録の四騎士49話みんなの感想・考察

SNSから黙示録の四騎士49話に関する感想ツイート紹介しています。

中の人
なるほど

黙示録の四騎士49話まとめ&50話予想

黙示録の四騎士49話ポイント
  • フィディックの魔力「加速」
  • ランスロットの相手にならず瞬殺
  • 星型の兜男・ダブズを探している?

ランスロットの強さは圧倒的でしたね。その強さは敵だけでなく、パーシバルよりも数段格上の実力の持ち主。

強すぎw

ただ、あんな強いんだったら、これまでどうして仲間を助けてこなかったんだろうかと、疑問も湧いてきます。

フィディックはランスロットの魔力は「変身」と推測してたけど、呪いとかそっち系なんじゃないかと思ったりもする。

中の人
キツネのときは力を発揮できない?人間の姿を維持できない?とか

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
60話61話62話
63話64話65話
66話
黙示録の四騎士7巻
51話52話53話
54話55話56話
57話58話59話
単行本最新話
黙示録の四騎士6巻
42話43話44話
45話46話47話
48話49話50話
スポンサーリンク