黙示録の四騎士

黙示録の四騎士54話ネタバレ感想 リオネス国王子トリスタン登場!

黙示録の四騎士54話ネタバレ感想

リオネス国を散策していただけなのに、聖騎士にいちゃもんをつけられ、さらには戦闘にまで巻き込まれてしまった前回。

中の人
なぜこうなった!?

54話では、トリスタン隊を名乗る三人聖騎士と戦うハメに!ちなみに、今回のタイトル「奸計(かんけい)」とは悪だくみという意味。

聖騎士イゾルデの猛攻

敵の魔力によって声が出ない状況のパーシバル!そんな状態のなかで、聖騎士イゾルデからの猛攻撃を受ける!

必死に応戦しながら攻撃を回避していくも、相手は敵ではないため、反撃していいものか躊躇(ちゅうちょ)していた。

そのとき!パーシバルがいる地面一帯が突然爆発する!イゾルデによる魔力攻撃を受けたことで、怯んでしまったのだ。

イゾルデの魔力

イゾルデの魔力は物体に魔力を送り込み、一定の時間がきたら、その物体が爆発するといった能力のようです。

たとえるなら「時限爆弾」。たとえば地面に魔力を送り込み、敵をうまく誘導させて爆発の巻き添えを狙う攻撃だ。

スポンサーリンク

パーシバルの魔力

パーシバルの魔力
出典:黙示録の四騎士54話 鈴木央 講談社

逃げ場を失ったパーシバルに、距離をつめ打撃を仕かけていくイゾルデだが、パーシバルの魔力・ミニパーシバルが攻撃を防ぐ!

何よこれ?

見たこともない不思議な魔力に一瞬驚くイゾルデ!さらに、ミニパーシバルはイゾルデの魔力を吸収してしまった!

体内にため込んだイゾルデの魔力・・・さん、に、いち、とカウントダウンするや、イゾルデの前で爆発するのであった。

トリスタン登場!

イゾルデが倒されたことで、仲間の聖騎士ジェイドは怒りを爆発させる!魔力を発動させ、パーシバルに攻撃をしかける。

ジェイドの魔力は暗闇。パーシバルの周囲に暗闇空間を出現させ、視界を完全にマヒさせた!そこへ騒ぎを聞きつけナシエンスたちが合流。

誤解も解ける・・・

と思いきや、聖騎士の攻撃は止まない!いよいよ収拾がつかない状況で、たった一言でこの場を収めた人物、聖騎士トリスタンの登場だい!

つづく

トリスタン隊

トリスタン隊と名乗った三人の聖騎士。名前からして、トリスタン直属の部隊にあたる組織なのでしょうか?

また、トリスタンはリオネス国王子ながら、今回登場した姿からして、聖騎士として活動している可能性は高そうです。

トリスタン隊
ジェイド風の精霊を操る聖騎士、対象の音や空気を奪う攻撃をする
キオン魔力・暗闇を使う聖騎士、対象の視界を奪う攻撃をする
イゾルデ爆発を操る聖騎士、時限爆弾のような攻撃をする

黙示録の四騎士54話まとめ&55話予想

黙示録の四騎士54話ポイント
  • トリスタン隊を名乗る聖騎士
  • 敵だと誤解しパーシバルを攻撃
  • トリスタン登場!!!

ついに登場したトリスタン。その容姿は、母親エリザベスの面影が残る美形の青年でした。一応言っておくと性別は男性です。

トリスタン
出典:黙示録の四騎士54話 鈴木央 講談社

前作「七つの大罪」のラストで登場していたトリスタンは、長髪の少年でしたが、今でも髪の毛は伸ばしていましたね。

黙示録の四騎士に関する事情を知っているトリスタンが仲介したなら、パーシバルの誤解もきっと解けるはず。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
123話 124話 125話
126話 127話 128話
129話 130話 131話
132話 133話 134話
135話 136話 137話
138話 139話 140話
単行本最新話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話
黙示録の四騎士13巻
105話106話107話
番外編 108話 109話
110話 111話 112話
113話
黙示録の四騎士12巻
96話97話98話
99話 100話 101話
102話 103話 104話

-黙示録の四騎士