黙示録の四騎士

黙示録の四騎士63話ネタバレ感想 暴走する女の子!ガウェインの涙

黙示録の四騎士63話ネタバレ感想

パーシバルを連れ去った混沌の騎士ペルガルドに攻撃するガウェイン、だが、パーシバルもろとも斬りつけようとした前回!

中の人
そして今話は

63話では、暴走するガウェインを仲間たちが必死で留めようとしますが、まさかの展開へと発展していく!?

暴走するガウェイン

パーシバルをかばうため、ガウェインの攻撃をまともに受けてしまった混沌の騎士ペルガルド。幸い命に別状はなかった。

敵ではあるが、ペルガルドに戦う意志はない。そのため、パーシバルは味方であるガウェインと敵対するおかしな構図に。

そんな状況にガウェインはといえば、自分に逆らう者は敵味方関係なく、攻撃をする構(かま)えをみせるのであった。

スポンサーリンク

容赦のないガウェイン

ただ、ガウェインの実力は相当なもの。たった一発の腹蹴りだけで、パーシバルをのしてしまったのだから。

トリスタン王子が、なんとか間に入りパーシバルを助けたのだが、トリスタンにさえ敵意を向ける始末なのだ。

ガウェイン
出典:黙示録の四騎士63話 鈴木央 講談社

仲間同士傷つけ合うのは間違ってる!というトリスタンの主張も、「我を動かせるのは我よりも強き者だけ」だと反論するのであった。

泣きじゃくるじゃじゃ馬

意識を取り戻したパーシバルは、ガウェインの威圧的な態度に「じゃじゃ馬」と言い放つと、怒りはピークへ!

だが、それを阻止したのがペルガルドだった!魔力全開のガウェイン相手に、ペルガルドのクリティカルヒットが入る!

ガウェインの力量は本物。だが、経験の浅さからくる単調な攻撃では勝てない。どんなに強力な攻撃でも、当たらなければ意味がないのだ。

そして!ガウェインは、ペルガルドに敗北してしまった。よほど悔しかったのか、突然大声で泣きじゃくるのであった。

ガウェインの性格

敵味方関係なく態度がデカいガウェイン、前作「七つの大罪」に登場したエスカノールとホント性格が似てますね。

ただ、ガウェインは、自分の弱いところも普通に見せていたのが特徴的でした。エスカノールは人前で泣くことはありませんでしたからね。

中の人
まだまだ未熟だから、喜怒哀楽もうまく制御できていないってことなのかな

黙示録の四騎士63話みんなの感想・考察

SNSから黙示録の四騎士63話に関する感想ツイート紹介しています。

中の人
涙の真意が気になりますね

黙示録の四騎士63話まとめ&64話予想

黙示録の四騎士63話ポイント
  • 味方さえ攻撃するガウェインの暴走
  • ペルガルドとの戦いに敗北
  • 突然泣きじゃくるガウェイン

意外にもペルガルドが勝ってしまった今回、ガウェインは、まだ魔力を完全に自分のものにはできていない感じでしたね。

それと、最後に流した涙の真意はなんなのでしょうかね。ペルガルドに三回も「小娘」って言われたことへの悔しさなのか。

自分よりも強い相手に出会ってしまい、伸びに伸びきった出鼻を挫かれたことに対する涙なのか、気になるところ。

中の人
それにしても情緒不安定すぎるやろw

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
69話70話71話
72話  
黙示録の四騎士8巻(予定)
60話61話62話
63話64話65話
66話67話68話
単行本最新話
黙示録の四騎士7巻
51話52話53話
54話55話56話
57話58話59話
スポンサーリンク