黙示録の四騎士

黙示録の四騎士64話ネタバレ感想 最強の敵復活!混沌の使徒登場!

黙示録の四騎士64話ネタバレ感想

混沌の騎士・ペルガルドにより、完膚(かんぷ)なきまでに、ボッコボコにやられてしまったガウェイン嬢。

中の人
そして今話は

64話では、負けたことが受け入れられないガウェインが、盛大に駄々をこねる一方で、リオネス王国では大変な事態が!

号泣するガウェイン

周囲の目など一ミリも関係なく、手足をジタバタさせ駄々をこねるガウェイン。負けたことが相当悔しかったみたいだ。

ガウェインの駄々っ子
出典:黙示録の四騎士64話 鈴木央 講談社

我は最強!我は無敵!我が世界の頂点だと本気で思っていたガウェイン、暴れまわる彼女を止めるだけでも大変だ!

ガウェインの姿にペルガルドは興(きょう)が醒めてしまったらしく、パーシバルを諦め撤退するのであった。

スポンサーリンク

優しきトリスタン

敵とはいえパーシバルを助けてくれた恩義から、撤退するペルガルドを追うことはせず、逃がすことにした。

問題は収集のつかないガウェインの取り扱いだ。だが、慣れているトリスタンが、ガウェインを優しく介抱する。

今日はたまたま調子が悪かっただけで、ガウェイン殿はこの世で一番強いと思いますよと、優しくフォローするのであった。

混沌の使徒復活!

ガウェインを宥(なだ)めていた一方で、リオネス王国では、国中を揺るがす大変な事態が起ころうとしていた。

リオネス王国にいた刺客は、ペルガルドだけではなかった!混沌(こんとん)の使徒と呼ばれる新たな敵が出現。

混沌の使徒
  • カオス=メラスキュラ
  • カオス=ガラン

混沌の使徒、混沌の力を借りて、かつて七つの大罪により倒された十戒(じっかい)がブリタニアに再び蘇ったのだ!

十戒(じっかい)とは

十戒とは、かつての魔神族の王・魔神王が生み出した戒禁(かいごん)を授かった者たち。七つの大罪の宿敵として前作にて登場。

十戒の中には、現リオネス王国国王の実弟ゼルドリスもいたが、七つの大罪との激戦で敗北し倒された者もいた。

今回登場したガランとメラスキュラは、共に七つの大罪により倒されたのだが、どうもアーサー王が持つ混沌の力により復活したようなのだ。

黙示録の四騎士64話みんなの感想・考察

SNSから黙示録の四騎士64話に関する感想ツイート紹介しています。

中の人
急激なインフレの予感

黙示録の四騎士64話まとめ&65話予想

黙示録の四騎士64話ポイント
  • 敗北し号泣するガウェイン
  • トリスタンの説得で機嫌直る
  • 混沌の使徒現る!

アーサー王から送られた刺客がリオネス王国に来たのは、とある「目的物の居場所」を探すためといいますが・・・。

敵の目的
出典:黙示録の四騎士64話 鈴木央 講談社

居場所とは、モノではなく人に対して使うもの、となれば「目的物」とは言っているものの、探しているのは人物の可能性が高い。

となれば・・・バルトラの予言を絡めて考えてみると、敵の狙いはパーシバルなのではと思ったりしますが、果たして。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
69話70話71話
72話  
黙示録の四騎士8巻(予定)
60話61話62話
63話64話65話
66話67話68話
単行本最新話
黙示録の四騎士7巻
51話52話53話
54話55話56話
57話58話59話
スポンサーリンク