黙示録の四騎士

黙示録の四騎士67話ネタバレ感想 希望の力!カオス=ガラン戦

黙示録の四騎士67話ネタバレ感想

混沌の使徒との激戦を繰り広げる黙示録の四騎士!戦いははじまったばかりだが、相手は魔神族最強部隊「十戒」の強者。

中の人
そして今話は

67話では、カオス=ガランに立ち向かうガウェイン、そしてパーシバルが描かれます!果たして勝敗の行方は?

希望の力

ガランの強力な一撃をまともに受けてしまったパーシバル、彼方へと吹っ飛ばされ、一人戦線離脱してした。

ほかの黙示録の四騎士とは異なり、まだまだ実力が伴っていないように見えたが、その認識は間違っていた!

仲間の想いはもちろん、なによりも多くのリオネスの聖騎士たちの期待が、パーシバルに力を与えていたのだ!!

パーシバルの魔力

パーシバルの魔力は、仲間が想う心が力になる(想う人々が多くなるにしたがい魔力がアップする)というもの。

リオネス国の聖騎士たちは、黙示録の四騎士の存在については知られているようで、「ブリタニアの希望」とも言っていた。

パーシバルの魔力
出典:黙示録の四騎士67話 鈴木央 講談社

何十人といる彼らの想いが、パーシバルに力を与えていく。知名度が上がれば上がるほど強くなっていくパーシバル。

スポンサーリンク

カオス=ガランとの戦い

ガウェインと交戦中のガランは、魔神王からブリタニアを救った七つの大罪の一人エスカノールの魔力と同じニオイを感じ取っていた。

ガラン曰く、ガウェインの攻撃はエスカノールほどの力はないという。実際、ガウェインの攻撃では傷一つ付けることができない。

そんな圧倒的な強さのガランだが、混沌の力を取り入れた反動なのか、頭の中で「滅ボセ」という声が響き続け自我を失い暴走しはじめる。

ガウェインの作戦

一方的にボコボコにされるガウェインは、起死回生の一案を思いつく。自分の武器を瞬間移動させガランの体内に移動させたのだ。

硬すぎる外部ではなく、内部からの破壊を試み見事ハマった。内部から真っ二つに切り裂いたが、ガランが倒すことはできない。

パーシバルの魔力
出典:黙示録の四騎士67話 鈴木央 講談社

そんなとき、ミニパーシバルがどこからか現れ、ガランの内部へと入り込み大爆破!木っ端みじんに吹っ飛ぶのであった。

黙示録の四騎士67話みんなの感想・考察

SNSから黙示録の四騎士67話に関する感想ツイート紹介しています。

中の人
パーシバルの魔力の秘密はまだまだ謎が多いからね

黙示録の四騎士67話まとめ&68話予想

黙示録の四騎士67話ポイント
  • 仲間の想いでパーシバル復活
  • ガウェインを圧倒するガラン
  • 内部からの攻撃でガラン両断!
  • ミニパーシバルでガラン大爆発

前作「七つの大罪」では、十戒をはじめとする上位魔族は心臓が七つあることが判明していて、それだけに簡単には死なないんだよね。

そして、混沌の力を取り入れた復活したカオス=ガランの心臓もまた七つあるのかどうか、今回の爆発で本当に倒せたのか。

中の人
混沌の力で生命力がさらに上がってる気もするんだけど

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
87話
黙示録の四騎士10巻(予定)
78話79話80話
81話 82話 83話
84話 85話 86話
単行本最新話
黙示録の四騎士9巻
69話70話71話
72話 73話74話 
75話 76話 77話
黙示録の四騎士8巻
60話61話62話
63話64話65話
66話67話68話
スポンサーリンク