黙示録の四騎士

黙示録の四騎士70話ネタバレ感想 スターバイザーの驚きの正体

黙示録の四騎士70話ネタバレ感想

ガランと融合し化け物へと変貌をとげたメラスキュラ、さらなる力を得てパーシバルたちに襲いかかってきた前回。

中の人
そして今話は

70話では、リオネス城の地下牢へと場面は変わります。スターバイザーの謎の聖騎士と相手をするのはジェイドとリオンだが・・・

スターバイザーの聖騎士

正体不明のスターバイザー、アーサー王に使える聖騎士の一人、敵であることに間違いないが、リオネス国の元聖騎士というのだ。

トリスタン隊のジェイドとリオンに見つかり、先手必勝を狙い、問答無用で刀を抜き、容赦なく襲いかかる敵!

スターバイザーの目的は、地下牢に囚われている捕虜の奪還だというが、その前に邪魔な聖騎士を排除することにしたようだ。

スポンサーリンク

冷気の魔力

精霊使いのキオンは、精霊術を発動し反撃に出ようとするも、喉がかじかみ呪文がうまく発せないことに気づく。

さらに、ジェイドにも異変が。剣を持つ手が震えだし、持つことさえできない。このままでは全身が凍えてしまう。

知らぬ間に冷気攻撃を受け戦闘不能にさせられていたのだ。残念だが、ジェイトたちでは手に負えない相手!

副聖騎士長ギーラ登場

そのとき「ドリフト・ボム」と声が響き、あたり一面が爆発、冷気の魔力が解けていく!現れたのはリオネス国副聖騎士長ギーラ!

魔力・爆発の使い手と魔力・冷気の使い手、スターバイザーはギーラのことを知っているような口ぶりで話しかける。

剣技ではギーラに分があり、スターバイザーの兜を破壊し、敵の正体を暴くことに成功するが、その正体とはかつての仲間、ジェリコだった!

ギーラ副聖騎士長

細目が特徴的な女性。リオネス初の女性副聖騎士長であり、剣技は王国トップクラス、戦場における冷静な判断と頭脳の持ち主

まさかのジェリコが敵に!?

ジェリコといえば、聖戦後バンを追って妖精の森で暮らす道を選んだ女性、そこでは、ランスロットの剣術の師匠となったはずです。

ジェリコの素性
出典:七つの大罪【特別読み切り】 鈴木央 講談社

ある日、妖精の森のはずれで謎の空間を見つけたことから、ランスロットと二人で、空間の中に入ってしまいます。

その後の二人の行方はまだ描かれいません。ランスロットも、パーシバルと長く旅を続けてきたけど、このことには一切触れていない。

ジェリコが本当に裏切ったのか、それとも、何らかの意図がありアーサー王側に味方しているのか、現時点ではなんともいえませんね。

中の人
空白の失踪期間に何があったのか今後明らかになってきそう

黙示録の四騎士70話まとめ&71話予想

黙示録の四騎士70話ポイント
  • スターバイザーの敵との激戦
  • ギーラ副聖騎士長登場
  • スターバイザーの正体はジェリコ

まさか、スターバイザーの正体がジェリコだったとは意外でした、ランスロットと接触させ、その真相を知りたいところですが。

そして、ジェリコがリオネス国に来た目的は、地下牢にいる捕虜の奪還、捕虜とは一体だれなのかも気になるところです。

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
87話
黙示録の四騎士10巻(予定)
78話79話80話
81話 82話 83話
84話 85話 86話
単行本最新話
黙示録の四騎士9巻
69話70話71話
72話 73話74話 
75話 76話 77話
黙示録の四騎士8巻
60話61話62話
63話64話65話
66話67話68話
スポンサーリンク