黙示録の四騎士

黙示録の四騎士71話ネタバレ感想 裏切りジェリコ?ギーラとの激戦

黙示録の四騎士71話ネタバレ感想

捕らえられている捕虜奪還のため、リオネス城の地下牢に現れたジェリコ。迎え撃つのは、トリスタン隊と副聖騎士長ギーラだ。

中の人
そして今話は

71話では、ギーラとの激戦が描かれます。それにしても、ジェリコはなぜリオネス王国を裏切ることになったのか?

ジェリコの反撃

ギーラの剣技により、スターバイザーを破壊され顔を露わにしたジェリコ。だが、これで勝敗が決まったわけではなかった!

四方の壁を巧みに使い、立体的な動きでギーラをかく乱、冷気の魔力を使いながら、次第にギーラを追い詰めていく。

防戦一方のギーラは、ジェリコに剣を奪われ攻撃手段を失ってしまう。このまま、ジェリコの独壇場となってしまうのか。

スポンサーリンク

ジェリコの裏切りの理由

二人はかつてリオネス聖騎士として、見習いの頃から、ともに戦った戦友。ゆえに、ジェリコの敵対理由が分からない。

なぜリオネス王国を裏切るのか、この数年の間に一体なにがあったのか。ジェリコに聞かずにはいられないギーラ。

何かの任務でヘマをしてしまい、バン王の信頼を失ったのか、それとも、ランスロットとなにかあったのか・・・

ジェリコとランスロットの関係

ジェリコの裏切りの理由
出典:黙示録の四騎士71話 鈴木央 講談社

やはり気になるのは、ジェリコとランスロットの関係性です。ギーラが詰め寄ってきたときのジェリコの反応。

あの反応から察するに、ランスロットとの関係が原因なのでは、とは思ったりしたんですが、どうなんでしょうかね。

そして、そこには「予言の騎士」も関係がありそうです。予言の解釈では、予言の騎士とは世界を滅ぼす存在ですからね。

ランスロットが予言の騎士であることは、ジェリコは感づいていたようですし、そこらへんに原因があるのではと怪しんでます。

ギーラの変貌と因子

詮索を嫌うジェリコは、一方的に会話を遮り、ギーラを氷漬けにしてしまう。だが、次の瞬間、魔神族のような姿のギーラが現れた!

新世代計画により、魔神族の因子を体内に残していたギーラは、今では、魔人の力をほぼ完全にコントロールできていた。

だがジェリコも負けちゃいない。ジェリコの氷は魔界の炎でも溶かせず、ギーラは徐々に凍りはじめいったとき、ランスロットが駆けつける!

新世代計画

かつてヘンドリクセンは魔神の血を聖騎士見習いに飲ませ魔力増大をはかろうとした。魔神の血を飲んだ者たちを「新世代」と呼ぶ

魔神化ギーラ

魔神族の因子を体内に宿すギーラですが、ギーラが新世代計画時に飲んていた魔神の血とは、赤き魔神でした。

赤き魔神
出典:七つの大罪12巻 鈴木央 講談社

中の人
妖精王の森が焼失したときに発見された赤き魔神をヘンドリクセンが持ち帰り研究し新世代を生み出した

ただ、赤の魔神は人間族からすれば強敵ですが、魔神族の強さから言うと、下位種に属する扱いなんですよねw

ギーラの魔神化により魔力向上は見られるとは思うけど、その実力は、さほどではないのかなと思ったりします。

黙示録の四騎士71話まとめ&72話予想

黙示録の四騎士71話ポイント
  • 戦友ギーラと剣交えるジェリコ
  • 魔神化ギーラでもジェリコ倒せず
  • ランスロット登場で戦局変わる?

魔神化ギーラを食い止めたジェリコ、まさか、アーサー王より混沌の力を授かっているとか?可能性はありそうですよね。

そして、ランスロットとジェリコの関係です。妖精の森から消えてから、二人に一体なにがあったのだろうか?

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
黙示録の四騎士
七つの大罪の正統続編がいよいよ連載開始!
123話 124話 125話
126話 127話 128話
129話 130話 131話
132話 133話 134話
135話 136話 137話
138話 139話 140話
単行本最新話
黙示録の四騎士14巻
114話115話116話
117話118話119話
120話121話122話
黙示録の四騎士13巻
105話106話107話
番外編 108話 109話
110話 111話 112話
113話
黙示録の四騎士12巻
96話97話98話
99話 100話 101話
102話 103話 104話

-黙示録の四騎士