七つの大罪

【七つの大罪】327話 魔神王戦でエスカノールに死亡フラグ?

前回、ディアンヌの大技「大地創造」によってソールズベリーの魔法の湖を破壊、さらに新たな大地を創り出し、魔神王の魔力回復を完全に断つことに成功した!

326話はディアンヌ見せ場回!

そして、魔神王の相手として次に名乗りを上げたのがエスカノール。時刻は正午ピッタリ、天上天下唯我独尊(ザ・ワン)が発動する時刻。

今回の主人公はエスカノールです。魔神王とのタイマン勝負が繰り広げられますが、ザ・ワン状態とはいえエスカノールはどこまで戦えるのか?

前回おさらい
少年マガジン42号
【七つの大罪】326話 魔力源撃破!キング愛の告白!

魔神王を倒すためには、魔力の供給源となっているソールズベリーの魔法の湖をなんとかしないと勝機は難しい。 そこで前回! ディア ...

天上天下唯我独尊(ザ・ワン)

ザ・ワン状態になり、ブリタニア最強の男エスカノールが魔神王に挑みます。さらに、彼の傲慢さがここでも発動し、七つの大罪による援護は不要と完全拒否。

タイマン勝負を望んだエスカノール!!

そこで気になってくるのがエスカノールの実力。いくらザ・ワン状態だからといっても、魔神王を倒せるほどの闘級は持ち合わせていないのは?

と思いがちだが、実はザ・ワン状態のエスカノールがどのくらい最強なのかは作中では描かれてはいないんですよね。

アサルトモードのメリオダス戦

たとえば、アサルトモードになったメリオダス戦において、魔神王も触れていたけど、たしかに勝ったには勝った。

ただ、あのときはホントギリギリの戦いで、しかも傷のダメージ具合でいえばエスカノールの方が大きかった。

注意したいのは、あれがエスカノールの真の実力ではないということだ!

エスカノールがザ・ワン状態になったのは、メリオダス戦の終盤において、それまでの戦いでメリオダスから相当なダメージをすでに受けていた。

劣勢の状態だったエスカノールだが、正午になったことで闘級14万を誇っていたメリオダスを倒すことができたという流れでした。

つまり、あのときエスカノールに蓄積されていたダメージの多くは、ザ・ワン状態になる前のものだったと言えます。

実際、ザ・ワン状態のエスカノールはメリオダスの神千斬りはほぼ無傷、そして、聖剣エスカノールのたった一撃によってメリオダスに大ダメージを与えています。

ザ・ワン状態時のエスカノールの真の実力は未知数

仮に、ザ・ワン状態でアサルトモードのメリオダスと戦っていたら、恐らくエスカノールの瞬殺だった可能性はありそう。

聖戦でのゼルドリス戦においても、攻撃にもおくすることなく倒したエスカノール、あのとき四大天使リュドシエルでさえも手も足もでなかった。

あのときのリュドシエルの闘級は20万を超えていた

しかも、エスカノールの弱点を見抜いたチャンドラーによって夜にさせられたことで、魔力が強制解除しエスカノールの真の実力は描かれなかった。

こうしてエスカノールの過去のバトルを振り返っていくと、ザ・ワン状態時の真の実力は実は未知数として、残していたのが分かります。

スポンサーリンク

vs魔神王

これを踏まえて今回の魔神王との戦いを見ていくと、魔神族最強の魔神王と人間族最強のエスカノール、しかも、正午となりザ・ワン状態の最強中の最強になったエスカノール。

メリオダス戦にしろぜルドリス選にしろ、万全の状態での戦いというのは描かれてこなかったけど、今回の魔神王とのタイマン勝負は別。

最初っから全力最強で挑む!

正直言うと、ザ・ワンになったとしてもエスカノールの実力では魔神王にかなわないでしょと思っていたんですが、こうして過去の歴戦を振り返ってみるとそうでもないんです。

実際、エスカノールの攻撃は魔神王に確実にダメージを与えていたわけだし、互角なのかは微妙だけで応戦できていたのは確か。

もちろん、魔力回復源である湖を絶ったことも大きいけど、それでも、ザ・ワン状態のエスカノールの実力がここまでとは意外だった。

「ようやくこのときがきた」の意味

魔神王との戦いで気になったのがエスカノールの意味深なセリフ。「ようやくこのときがき」という謎の言葉です。

このセリフの真意はどうやらメリオダスと関係があるようです。そういえばエスカノールとメリオダスの出会いは今まで描かれてこなかった。

大喧嘩祭りでエスカノールの過去、カステリオ王国時代の記憶が描かれていましたが、王国から逃げたあとについての詳細の一切は不明です。

さらには、こんなセリフも言っていました。

七つの大罪 327話考察
出典:少年マガジン43号 七つの大罪 鈴木央 講談社

友よ、これでようやく誓いを果たせる

友というのは、メリオダスのことだと思われます。メリオダスとエスカノールがかわした「誓い」を魔神王との戦いで果たすといった意味のようです。

気になる「誓い」の詳細についてですが、これは来週号に描かれる外伝にて明らかになることが確定しています。

【展開予想】エスカノールの運命

来週号は外伝が鰓かれるとのことで、本編は来々週号になりそうですが、不安なのはエスカノールの寿命です。

今回のラストコマにて、エスカノールが1分限定という制約を破りザ・ワン状態を維持し続けていましたが、これって明らかに体に負担をかけなくっていますよね。

エスカノールの体はすでにボロボロにもかかわらず

マエルがエスカノールに恩寵を貸すとき、体が持たないこと、一戦でも戦ったら命がないことを告げられていました。

七つの大罪 327話考察
出典:七つの大罪38 鈴木央 講談社

ただ、エスカノールそれもすべて納得した上で恩寵を借りることをマエルに懇願していました。そして、今回の魔神王とのタイマン勝負です。

エスカノールは死を覚悟しているのは恩寵を借りた時からあったはずです。この戦いですべての力、そして命を振り絞る覚悟。

そうなると、エスカノール死亡説が濃厚になってきた!!?

327話において、ザ・ワンを1分以上維持することが体にどれだけ負担になるのかを考えると、不安しかありません。死を覚悟し己の命を燃やして限界突破したようにも思えます。

エスカノールは戦いの中で死ぬことを選んだのか、メリオダスとの「誓い」が関係しているのか、そして、死なずにすむ方法があるのか、エスカノールの結末が気になります。

つづく

七つの大罪連載一覧
七つの大罪41巻収録話
暴食マーリンの暗躍、そして目覚める混沌の王
338話 339話 340話
341話 342話 343話
344話 345話 最終話
七つの大罪40巻収録話
聖戦の終結!そして明らかになるマーリンの暗躍
329話 330話 331話
332話 333話 334話
335話 336話 337話
主要キャラ考察一覧
七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン
メリオダス バン エスカノール
七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン 七つの大罪アイコン
マーリン エリザベス ゼルドリス
最強ランキング!
七つの大罪最強ランキング
【七つの大罪】最新版!最強キャラランキングベスト11!

十戒編に突入してからキャラの強さが「闘級」で表示されるようになったことで、各キャラの強さ比較もできるようになりました。 ただ ...



-七つの大罪

© 2020 アナブレ