【七つの大罪】女神族エリザベスの能力・技まとめ

女神族として覚醒(記憶が戻った)エリザベス、聖戦では連合軍の傷を癒すなどのサポート役に徹し、今まで登場しなかった能力も発動!

そこで、ここではリオネス王国第三王女のエリザベスではなく、女神族エリザベスとして彼女の能力ついてみていくことにします。

最高神の娘

まずは女神族エリザベスの出生の秘密からおさらい。エリザベスは女神族を束ねる最高神の娘。そのためか、女神族に覚醒した彼女の魔力は四大天使をも圧倒する力。

七つの大罪 女神族エリザベスの能力
出典:七つの大罪32 鈴木央 講談社
フザけた魔力・・・

エリザベスの魔力を目の当たりにしたデリエリは「フザけた魔力」と言っていたように、十戒でさえもエリザベスの魔力は段違いに高いことが分かる。

詳しい技についてはのちほど紹介。

ちなみに、女神族時の闘級はよく分かっていない。ただ、覚醒前のエリザベスの闘級については公式ファンブックにて公表されていて、それによれば

  • 魔力:1700
  • 武力:5
  • 気力:220

デリエリのセリフなどを根拠にすれば、女神族になったことで魔力が爆上げされ、数万レベルの数値を叩きだしている可能性はある。そのため、闘級10万はいかないにしても、5~8万程度はあるかなと予想。

スポンサーリンク

エリザベスの技

ここからはエリザベスが原作で使用した技を紹介していきます。やはり、そのいずれの技も並みに女神族はもちろん、十戒も一目置くほどの「フザけた」魔力による技がバンバン登場!

状態異常無効化

七つの大罪 女神族エリザベスの能力
出典:七つの大罪32 鈴木央 講談社

まずは状態異常を無効化させる技。メラスキュラ戦で見せていたのは、仲間の毒を一瞬で中和させ無効化させていた。

毒を中和させるとき、キングやディアンヌに対してはとくに何も言葉は発していなかったけど、バンの時は「健やかなれ」と発しなが技を発動させていた。

超強力な浄化(パージ)

状態異常無効化は毒などを中和させる技だけど、その上位版として浄化させることも可能。同じくメラスキュア戦にて、メラスキュラの瘴気(しょうき)を浄化させた。

技発動時「安らかなれ」と言うと、エリザベスの周囲に小さい女神族の紋章(三つ鍵)が複数出現、メラスキュラに向けて放つと瘴気がどんどん浄化されていった。

七つの大罪 女神族エリザベスの能力
出典:七つの大罪26 鈴木央 講談社

この技の威力をさらに強力にしたのが、三千年前にインデュラ化したデリエリたちを元にもどした浄化技と思われます。このときエリザベスは(恐らく)を浄化させた。

技発動時「光あれ」と言うと、エリザベスの周囲に巨大な女神族の紋章(三つ鍵)が出現、デリエリを正気に戻ることに成功する。

インデュラ化した十戒でさえも浄化してしまう力、恐らく女神族(最高神除く)でこれができるのはエリザベス以外いないと思われる。

ヨナの受難(じゅなん)

七つの大罪 女神族エリザベスの能力
出典:七つの大罪26 鈴木央 講談社

この技は現在行われている聖戦時にて使用された。サメのような姿をした物体が、エスタロッサの技を吞みこみ消滅させていた。エリザベスの技の特徴からみて、浄化により攻撃を無効させたと思われます。

癒(いや)しの超魔力

七つの大罪 女神族エリザベスの能力
出典:七つの大罪26 鈴木央 講談社

あらゆる傷とと生命慮を癒す技。死んだ者には効果がない。この技は第一部での魔神化したヘンドリクセンとの戦いで使用した技だけど、第二部でも聖戦時にも使用していた。

第一部では紋章が右目しか浮き出ていなかったことから、女神族への覚醒は完全ではなかったと推測されますが、第二部では完全なる女神族に覚醒したことで、以前と比べて威力は増してるはず。

祝福のキス

この技はマーリン(姉々)にのみ有効。マーリンの額にキスさすると心は晴れやかになり、悲しみを乗り越えることができるという不思議な技w

四百三十年ぶりにマーリンの瞳から涙を流すことできた奇跡の技。

おわりに

さすが最高神の娘、桁違いの魔力による技は規格外。得意とするのは味方の治癒や状態異常無効化などのサポート技。

また、女神族なので聖櫃(アーク)も普通に使える上、魔力はハンパないため魔神族に対して主力として戦うことも可能。ただし、エリザベス自身は魔神軍と戦うことには否定的。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です