【七つの大罪考察】 アーサーと聖剣エクスカリバーの秘密

七つの大罪31 表紙

マンガ「七つの大罪」において、アーサー・ペンドランが実はただのモブキャラだった、なんて世迷言は100%ないわけだから復活すると信じたい!

だから別記事でアーサーの生死について触れたいところだけど、今回は聖剣エクスカリバーに関しての考察について触れたい。

アーサーと聖剣の関係は一部から描かれていて、マーリンがアーサーの側近として一緒に行動してたのも、聖剣に「選ばれた王」だからだった。そこらへんの関係をまとめていく。

アーサーの生い立ち

七つの大罪 アーサーと聖剣エクスカリバー
出典:七つの大罪13 鈴木央 講談社

幼少期のアーサー・ペンドラゴン

聖騎士の誰一人として引き抜けなかった巨石に刺さった聖剣を引き抜いたのがアーサーであり、それがきっかけでキャメロットの王として迎え入れられた。

そもそもアーサーの父親(正確には義父)はキャメロットの聖騎士。三歳上にケイという兄がいるが、ケイはアーサーを疎ましく思っていたためちょくちょくイジワルをしていた。

番外編「一遍する世界」で描かれていましたが、この番外編でリオネス王国のバルトラに命を助けられたエピも描かれており、この時の恩義を果たすために、第一部でアーサーはリオネス王国を訪ねていました。

スポンサーリンク

アーサーと聖剣

アーサーが聖剣を巨石から引き抜いたときの描写は、ドレファスのセリフの中で登場しいていましたが、聖剣を引き抜こうとした経緯までは詳しくは話していません。

天の啓示(けいじ)か・・・ 神の気まぐれか、突如出現した巨石に刺さった剣、いかなる聖騎士にも抜くことができなかったらしい
出典:七つの大罪9 鈴木央 講談社

ところが、257話(単行本31巻)の章扉にて、マーリンとアーサーとの出会いから聖剣を引き抜くまでが1ページだけですが描かれていました。

聖騎士を目指していたアーサーだけど、過去に「路頭に迷うところをマーリンに導いてもらった」とも言っており、家庭の事情なのか、辛い状況にあったようです。

そんなときにマーリンと出会い、王になるべく成長していきます。そしてマーリンが見守る中、アーサーは聖剣を引き抜くことができた、というのが257話の章扉に描かれていた内容。

そういえば、一つ気になったのがマーリンはアーサーをどうやって探し出したのでしょうかね。

七つの大罪 アーサーと聖剣エクスカリバー
出典:七つの大罪23 鈴木央 講談社

七つの大罪集めのとき、「バルトラの予兆」がなかったら探し出すのは不可能だったと言ってたから、偶然なのか、それともマーリンの何かしらの能力を使ったのかは分からない。

ただ、幼少期にアーサーはバルトラと会ってるわけだから、七つの大罪探しのようにバルトラからアーサーの存在を知った可能性は高いですよね。

スポンサーリンク

聖剣とセクエンス

キャメロットの王になったアーサーだけど、常に持ち歩いていた武器はエクセンスいう名前の剣。折れても元に戻るという性質を持つ名剣だけど、聖剣エクスカリバーを振りかざす描写はなかった。

巨石から抜いた後、アーサーの名剣コレクションの一つとして使用するのかなと思っていたけど、マーリンの助言により「ここぞ!」というとき以外の使用は控えていたようですね。

七つの大罪 アーサーと聖剣エクスカリバー
出典:七つの大罪29 鈴木央 講談社

抜けぬッ!

そういえば、聖剣を引き抜こうとしてた上級魔神もいました、ゼルドリスさんです。十戒の中でもエリートな彼も抜くことができなかった。

魔神族に効果てきめんの剣だと思ってたら、結局キューザックたちの圧倒的な闘級にガタガタ震えあがっていた聖剣さん。

もう少しやってくれると思ったんですがねぇ。人間族の英雄たちが受け継いできたという聖剣ですが、真の力を発揮するにはアーサーの魔力覚醒が必要ってことなんでしょうか。

アーサーの闘級については公式ファンブックに公開されてますが、それによれば

アーサーの闘級
闘級:4万
魔力:37600
武力:900
気力:1500

この数値は単行本22巻までのモノなので、現在の闘級はもっとあるのは確か。とくにキャメロット城が十戒によって制圧させられてから、幾多の戦闘を繰り広げていたはずなので、武力はもかなり上がっているはず。

とはいえ、やはり魔力が覚醒していないとなれば、キューザックと戦ったときの闘級は3000~4000程度と予想、聖剣を使用したとはいえ無謀な戦いだったのは闘級からも明らか。

マーリンとアーサーの関係

聖剣エクスカリバーを引き抜ける子=英雄に選ばれた次世代の英雄、つまりブリタニアの将来を担う器を持った人間ということになる。

それがアーサーだったわけで、マーリンが彼の傍にいたのもそのためでした、ただのショタ好きの魔術師ではなかったのである。

七つの大罪 アーサーと聖剣エクスカリバー
出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社

アーサーはマーリンに「未知の世界を見せてあげる」とかなり自分を大きく見せていた様子、マーリンに好意を持っていたのがよく分かりますが、問題は、マーリンはアーサーのことをどう思っているのかですよね。

実はこの答えは、「答えてばっちょ!」にて作者の鈴木先生が解答しているんです。それによりますと、マーリンはアーサーのことを師弟愛として好きというのが答えでした。アーサーにとっては残念な展開。

そして、エスカノールにとっては朗報な展開www

マーリンはあくまで師弟として、将来のブリタニアを導いていく国王として期待を寄せているようです。恋愛感情とは別のモノみたいです。

七つの大罪31 鈴木央 講談社
出版社: 講談社
言語: 日本語
ISBN-10: 4065112052
発売日: 2018/4/17

Amazon 楽天市場
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です