@コスメの口コミ評判はやらせ?参考にならない理由を探る

化粧品やコスメの口コミサイトと言えば「アットコスメ(以下、@コスメ)」ですよね。私も化粧品を購入するときには、必ずと言っていいほどチェックします。

ですが!

そんな@コスメがなんだか参考にならなくなったよね、と感じませんか。どうして、こんなにも残念すぎる口コミサイトになってしまったのか。

そこらへんの理由を探っていきつつ、なら、どうすれば参考になる口コミを見つけられるのか、残念すぎるとはいっても、参考になる口コミは多いですからね。

アナブレ
上手な使い方も合わせて紹介していきますツ!

@コスメとは?

@コスメ
出典:法人向けサービズ|istyle

まずは、@コスメとはどんなサイトなのかを押さえます。基礎を押さえておくと、結局のところ理解が早い。急がば回れの考えです。

@コスメは株式会社アイスタイルが運営している日本最大のコスメ・美容の総合サイト。美容関係の情報を網羅した総合サイトといった紹介が正しいのかな。

口コミサイトという認識でもいいですが、Q&Aやブログサービス、ランキング、美容関連ニュースなどいろいろな情報を扱っているのが@コスメ。

アナブレ
ほいで、このサイトの主な収益は広告収入

企業から広告料をもらい@コスメにコスメや化粧品などを掲載しているといった感じ。月間三億PV、無料の会員登録者数は500万人に上る勢いで、日本一を名乗るだけの集客力はある。

@コスメの口コミさくら・やらせ説

@コスメに投稿されている口コミが、参考にならなくなった感じてるのは私だけにあらず!SNSとかQ&Aサイトなどでもよく見かけます。

たとえばこんな感想。

アットコスメは今さくらだらけじゃないですか?化粧品会社から口コミサイトで口コミしてくれたら現品プレゼントてメルマガ来たりしました

出典:YAHOO!知恵袋

会員登録している人なら、こうした経験がある人は多いんじゃないでしょうか。

ほかにも、こんなタレコミも!

アットコスメのレビューを見ているとよく、モニタープレゼントでもらいましたと書いてあるのを見るのですが、そんなに頻繁に当たるんですか?

出典:YAHOO!知恵袋

@コスメでは企業から提供される化粧品を無料プレゼントする代わりに、口コミ書いてねといったサービスも提供しています。

そして、このモニターやプレゼントのバラマキ数がエグイ。

有名化粧品などは100名、200名単位でプレゼントしていることもあり、これって、、、見方によっては間接的なランキング操作じゃね?

と思ってしまいます。

といいますが、現状は意図的にランキング操作してますw

某有名企業の例

たとえば某有名企業が販売しているヒアルロン酸サプリ。@コスメに寄せらせる口コミ数が異常に多いんですが、よくよく見てみると、どれも「プレゼント・モニター」による口コミ。

@コスメ

※購入品を表示させるには、「リスト表示」ではなく「全文表示で」閲覧すると表示されます。

@コスメにプレゼントやモニターに無料商品として大量にばらまくことは、何も好意で配ってるわけがない。商品の知名度を上げるための広告として無料で配っています。

企業が@コスメで商品を配るメリットとしては、

商品の知名度

まずは知名度を上げる。日本で一番利用される美容サイトのため、知名度を上げるにはうってつけです。これは店舗でテスターや試供品がもらえるのと同じ。

高評価・ランキング上位

試供品との違いは、提供されているのが不特定多数の人ではなく@コスメ会員であること。これによって、商品をプレゼントしたユーザーによって口コミが量産されます。

で、このモニター・プレゼントによる口コミはだいたい参考にならない。なぜって言えば、無料でもらっている以上、ボロクソになんて評価しないから。

多くのユーザーさんは、星5前後で投稿しちゃう。

なので、相対的にランキングが上がって、気づけば部門ランキングの3位以内にさらっとランクインしてしまう商品がけっこう多い。

知名度が高い商品であればあるほど、この傾向が強いように思う。某有名化粧品なんかは、投稿数が1000を超えてるけど、そのうちモニター・プレゼントが半数以上とか普通にある。

アナブレ
お米を使っている某化粧品とか…

だから、口コミ数が多い商品=人気の商品とは言えなくなってきました。ほいで、投稿されるのは、商品提供してもらった企業の顔を伺った口コミばかり。

@コスメベストアワード賞ロゴを自社商品ページに表示

@コスメ
出典:@コスメ

化粧品のページに@コスメのこんなロゴを見たことってありませんか?

@コスメのベストアワード賞とは、口コミはもちろん、その年どれだけ注目を浴びたか公平にデータ化して、支持されている商品を表彰するアワードのことです。

何かしらのアワードを取った商品にはこのロゴが表示されています。

ただ、面白いというか、不思議なのは、ベストアワード賞を受賞した商品の口コミを見ると、そのほとんどがプレゼント・モニターによる口コミなんて商品があったりします。

アナブレ
受賞した商品の口コミを追っていくと面白いですよw

ランキング上位に来る商品は「公平」であることはほぼありません。これは考えてみれば分かりますよね。雑誌の○○ランキングなんて誰が信じるのか。

そもそも、どこの誰を対象にしてランキング作ってるのかさへ不明。ランキング一位になるために企業が出版社に広告料としてお金を払うわけです。

ちなみに、

アワードのロゴには「@コスメ」とバッチリサイト名が掲載されてます。

このロゴは企業の商品ページでも見かけますよね。ということは、自社でこのロゴを使用するとなると、当然マネーが発生します。掲載するならちゃんとお金払ってねと。

アナブレ
立派な収益源になりますね!
スポンサーリンク

@コスメの上手な使い方

そんなわけで、ここまで@コスメのやらせ疑惑について見てきましたが、少し調べてみても気になるところは見つかるものです。なので気づいてる人はとっくに気づいてる。

とはいえ、@コスメが全く参考にならないとは言えません!

というのが私の考え。

やらせと言いますが、商品によっては企業からのプレゼント・モニターばかりの口コミは確かにありますが、そうじゃない口コミもたくさんあります。

つまり、口コミを参考にする私たちが不要な口コミを排除して、有益な口コミだけチェックしていけばいいわけです。

アナブレ
そこでおすすめなのが、絞り込み検索!

絞り込み検索より「購入品」をチェックに入れて検索しなおしてみてください。

そうすると、プレゼント・モニターから試した口コミをすべて排除することができます。この購入品チェックを@コスメベストアワードの商品で調べてみるといろいろ面白いですよ!

ほかにも、その商品の具体的な効果を知りたい場合は購入者だけでなく「リピート」にもチェックを入れてください。リピしている口コミが読めます。

リピーターはその商品が好きだから高評価しかないと思いがちですが、スキンケア商品やサプリとかは、最低三ヶ月は継続してください、といった注意書きがよくありますよね。

なので、

  • 続けてみたけど効果がなかった
  • リピしたけど私には合わなかった
  • すごく効果があった

などなど、リピートしている口コミでもかなり参考になります。

ですが、リピートにチェックすると、口コミ数が一気に少なくなるので参考にならない場合もありますが、チェックしてみる価値はありますよ。

あともう一つ、おすすめの方法として、並び替え機能を使ってみてください。ここで「Lile数順」で検索しなおすとかなり参考になりますよ。

とうわけで、ここまで紹介した@コスメのおすすめ検索方法についてまとめます。

購入品にチェック

@コスメ 検索方法

購入品にチェックすることでモニター・プレゼント口コミを排除できます。

購入品+リピートにチェック

@コスメ 検索方法

※リピートにチェックするのは「他の条件で絞り込む」⇒「商品使用レベル」⇒「リピート」の順でチェックを入れることができます。

リピートにもチェックを入れると、長期間愛用している口コミを見ることができます。ただし、投稿数は極端に少なくなることがある。

Like件数順に並べ替え

@コスメ 検索方法

Like件数順にすることでみんなが参考になった口コミを優先的に見ることができます。

@コスメの口コミ評判問題まとめ

ほんなわけで、@コスメの口コミについて見てきました。モニター・プレゼントは会員からすると、とってもうれしいサービスですが、口コミするときに、どうしてもバイアスがかかります。

とくに私たち日本人は本音と建て前がネットの世界でも発動してしまうようで、どうしても評価は高くなってしまうように思います。

しかも、モニターは抽選です。

企業側からしてみれば、いい口コミをしてくれる会員さんにプレゼントしたいと思うのは当然です。なので、本当に効果が内から評価さげて、ボロクソに書いたら次があるかどうか。。。

ツイッターでも気づいてる方は気づいてるようです。

とはいえ、@コスメの口コミはやらせやさくらとは私的には思わない。企業からの無料商品が大量に配られることで、口コミはもちろんランキングにも影響を与え信頼性がガタ落ち。

というのが@コスメの現状。

とはいえ、@コスメは使わないという選択は私にはないので、上手に検索機能を使って口コミを絞り込んでいけば、十分参考になるサイトだと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です