チェンソーマン

チェンソーマン110話ネタバレ感想 ユウコもイジメられっ子組

チェンソーマン110話ネタバレ考察

圧倒的な強さをみせたチェンソーマン。一方の正義の悪魔といえば、電ノコでバラバラにされ瀕死の状態にあった。

中の人
そして今話は

110話では、チェンソーマンに戦いを挑むヨルの姿が。再びアサの身体を乗っ取りますが、果たして勝負の行方は・・・

ユウコ足剣

横たわる正義の悪魔から武器を作るヨル。その名もユウコ足剣!今の状態は、ユウコから体を奪ったヨルに代わっている。

武器を手に取り、チェンソーマンにむかい「私を覚えているか」と叫ぶヨル。だが、当の本人は全く覚えていないようだ。

ヨルの気になるセリフ

ヨルのセリフ
出典:チェンソーマン110話 藤本タツキ 集英社

ヨルが言っていた「私を覚えているか」発言は、いつのことなのかな。チェンソーマン=デンジだとアサはまだ知らない。

となると、アサと出会う前。つまり、私(戦争の悪魔を倒したことを)覚えているか、といったニュアンスで言っていたのかな。

スポンサーリンク

身バレ希望のデンジ

一方のチェンソーマンは、身に覚えのないヨルをよそに、生存者を見つけ声をかける。理由はもちろん意図的な身バレだw

生存者の前で、チェンソーマンからデンジの姿に戻ろうとしたとき、吉田が契約するタコの悪魔の足にからめとられ拘束される。

デンジの身バレを阻むための措置だ。だが、当の本人はまったくもって懲りてない様子。その隙にユウコは姿を消した。

ユウコとアサ

正義の悪魔が大暴れしたことで、生徒四名死亡、校舎は半壊した。生徒たちはというと、ユウコの噂でもちきりだ。

「ユウコって人が犯人でしょ」
「そう!あのウザい子」
「中学でイジめられてたじゃん」

ユウコもアサと同じくイジめられっ子だった。学校から逃げたユウコは行方知れずだが、思いもよらぬところに現れた。

その夜アサはいつもの悪夢を見ていた。路地を走っているが、地面には鶏の死体の山、路地の先は暗くなり・・・そこで目を覚ます。

深夜1時25分。目がさめたアサは、ドアのチャイムの音を聞く、ドアの前に立っていたのは、悪魔になったユウコの姿だった。

ユウコの闇

ユウコもイジめにあっていたのね。なんとなく察してはいたけどね。ユウコは他人の心が分からないって、アサに打ち明けていたからね。

中の人
いわゆる「空気読めない子」タイプだね

メンタルが弱いから、悪魔の誘惑に騙されたといえばそれまでだけど、ユウコの過去を知ると、なんだか後味の悪い回だった。

ただ、前回チェンソーマンにバラバラにされていたのに、生きていたんですよね。委員長くらいバラバラされたのにさ。

チェンソーマン110話まとめ&111話予想

チェンソーマン110話まとめ
  • ユウコ足剣でチェンソーマンに挑む
  • チェンソーマンはヨルを相手にせず
  • 正義の悪魔は隙をつき逃亡
  • 悪魔になったユウコはアサの家訪問

ユウコがアサに会いにきた理由ってなんなのでしょうかね。行くあてのないユウコが、頭に思う浮かんだのがアサだった?

玄関のドアを開けないで!といいつもアサに会いに来たってことは、何かを伝えるためにやってきたのでしょうか。

つづく

スポンサーリンク
マキマの正体 連載最新話
チェンソーマン【第二部】
チェンソーマン第二部連載始動
104話105話106話
107話108話109話
110話111話112話
113話  
単行本最新情報
チェンソーマン12巻
99話100話101話
102話 103話
チェンソーマン11巻
チェンソーマン第一部完結【最終巻】
89話90話91話
92話 93話94話
95話 96話 97話
スポンサーリンク