呪術廻戦

呪術廻戦123話 男前!野薔薇の術式が真人に炸裂!勝利の予感?

呪術廻戦123話

虎杖の精神(メンタル)をぐちゃぐちゃにするために、「野薔薇の死体」という外道すぎる奥の手を考えていた真人。

前回のお話(エグイね

123話では、分身真人と野薔薇ちゃんとの戦いが描かれます。野薔薇の死亡フラグは果たして回収されてしまったのか?

まずは123話のストーリーを振り返る!

真人vs虎杖

真人の戦い方は相変わらず虎杖の精神狙い。人造人間を多用し、虎杖の目の前で人間をバケモノへと変えていく。

人造人間とはいえ、相手は元人間。殺すことに罪悪感のある虎杖にとって、ノーモーションで攻撃などできるはずもない。

迷いは隙を生み、それに乗じて真人の攻撃を仕掛ける。虎杖の弱点を知り尽くした真人の戦い方に、虎杖劣勢の状態が続く。

スポンサーリンク

野薔薇vs真人

一方、虎杖戦の奥の手として野薔薇と交戦中のもう一人の真人、分身によって二体になった真人の片割れ、分身真人だ!

まさかの野薔薇退場!?と思いきや、分身真人にはとある制限があった。それは、分身であるがゆえの本体との能力差。

分身真人の弱点、それは術式が使えないこと。野薔薇の体に触れたとしても、魂をイジることができないのだ。

分身真人の実力は本体ほどではない!さらに、自身の体を変える攻撃がメインとなるため、野薔薇にも勝機が見えてきた。

男前すぎ!野薔薇ちゃん

術式が使えなくても野薔薇を倒せると考えていた真人、だが、野薔薇は黒閃を体験したことで呪力の深淵に触れ強くなっていた。

さらには野薔薇の術式!

野薔薇の術式「共鳴り(ともな・り)」は、対象の肉体ばかりではなく魂にもダメージを与えることが判明、つまり真人にダメージが入る!

呪術廻戦123話あらすじ
出典:呪術廻戦123話 芥見下々 集英社

共鳴りが真人に通用した野薔薇は、真人の呪力、そして攻撃スタイルの違和感から、術式が使えないことを見抜く!!

呪術廻戦123話の深堀り考察

ここからは、呪術廻戦123話で気になったコマを掘り下げていきます。

野薔薇ちゃんの術式

共鳴りは、対象の一部(髪の毛とか)に人形(ヒトガタ)を通して、対象者の心臓にダメージを与える野薔薇の必殺技。

野薔薇の術式
出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社

そのほか人形(ヒトガタ)も必要になるけど、これまで野薔薇の独創的な発想によって、人形は様々なものを使っていました。

当初は藁人形を通して攻撃をしていたけど、八十八橋での壊相(えそう)戦では、自分の体に攻撃するというイカれた言動も。

野薔薇の術式
出典:呪術廻戦7巻 芥見下々 集英社

自分の体に釘を刺す野薔薇

野薔薇の「共鳴り」に使われる人形はヒトガタであればなんでもいい。藁人形でなくても、人間だったり、人型の呪霊であっても条件を満たす。

今回、真人に共鳴りが発動したのも、分身という対象者の欠損+人形(ヒトガタ)という二つの発動条件を満たしていたから。

「共鳴り」に必要なモノ
  • 対象者の欠損部位
  • 人形(ヒトガタ)

とはいえ、共鳴りは基本的に中長距離攻撃。そもそも、対象の欠損した一部を必要とする時点で近距離向けの攻撃ではない(はず)。

だが、今回はゼロ距離からの直接攻撃!結果的に本体にダメージを与える長距離攻撃ではあったが、野薔薇の意図は近距離攻撃にあった。

ホントここの作者は肉弾戦好きだよねw

また、欠損部位によって共鳴りの効果が変ってくることから、今回の魂攻撃は稀有な欠損部位による特殊効果の可能性もあるかもしれない。

共鳴りの近接攻撃

人形を通して攻撃する「共鳴り」だけど、対象への直接攻撃も可能でした。でも、そうなると「人形を通して」という条件が無意味に。

やっぱり共鳴りは近接攻撃向けじゃないよねw

分身真人について考える

前回、分身した真人は本体ほど強くないと考察したけど、やっぱり、というかそうじゃなきゃ真人はチートキャラになっちゃう。

分身真人の特徴
  • 意志をもち自由に行動可能
  • 術式使えない
  • 体の変化は可能

分身は独自の意志を持つことができるけど術式を使うことはできない。つまり、呪力量も本体と比べて当然少ないとみた。

野薔薇のセリフ
出典:呪術廻戦123話 芥見下々 集英社

呪力の圧も半端

野薔薇の「呪力が半場」というセリフ、特級呪霊を一人で相手にするにはまだ無理があるけど、分身真人であれば野薔薇の勝機もあるか!?

呪術廻戦123話みんなの感想・考察

SNSの123話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

セリフも表情も攻撃スタイルもすべてが男前でした

真人の分身という稀有な欠損によって魂への攻撃を可能にさせたのか、共鳴り攻撃自体が魂にもダメージを与えられるのか気になる

人形を通してという条件もあるゾ!

呪術廻戦123話まとめ&124話展開予想

呪術廻戦123話まとめ

  • 改造人間で虎杖の心抉る真人
  • 野薔薇の攻撃は分身真人に入る
  • 分身真人は術式不可
  • 野薔薇の勝機が見えた!?

分身真人が本体ほどの力を有しない、とくに術式不可という限定的な分身によって野薔薇にも勝機が見えてきた感じです。

真人の作戦が裏目に出てしまった今回の戦い。そして、忘れてはいけないのは、野薔薇もまた真人と同じくエグイ性格の持ち主。

勝つためにはどんな手段でもするのは八十八橋での戦いで証明済み。真人は野薔薇を甘く見すぎたことで敗北もありうるか?

つづく

連載最新話
呪術廻戦
夏油組との死闘!高専組は次々に・・・
渋谷事変 渋谷事変㊸
125話 126話
呪術廻戦14巻収録(予定)
124話 123話 122話
121話 120話 119話
118話 117話 116話
単行本最新情報
呪術廻戦13巻収録
115話 114話 113話
112話 111話 110話
109 108話 107話
各キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析 呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析
虎杖悠仁キャラ分析 伏黒恵のキャラ分析
呪術廻戦 両面宿儺 呪術廻戦0巻紹介
両面宿儺のキャラ分析 呪術廻戦0巻と乙骨



-呪術廻戦

© 2020 アナブレ