呪術廻戦

呪術廻戦125話 さよなら野薔薇?少女時代の回想でなにを思う

呪術廻戦125話

真人の陰惨な計画の標的となった野薔薇。だが、真人に野薔薇の術式が通用したことで、最悪のシナリオは避けられた...

と思ったのだが

真人はなんとしても虎杖の精神をボロボロに破壊したいらしく、野薔薇を罠に誘導し、真人の手が顔に触れてしまった、そして・・・

まずは呪術廻戦125話のストーリーを振り返ります

野薔薇の少女時代(回想)

突然はじまった野薔薇の少女時代の回想は、小学生の頃に村外から越してきた「ふみ」視点でストーリーは進んでいく。

野薔薇が通っていた小学校は全校生徒はわずか19人しかいない、そんな小さな村で育ったのが釘崎野薔薇だった。

呪術廻戦125話あらすじ
出典:呪術廻戦125話 芥見下々 集英社

幼少期の頃から男勝りな性格で、自分の心情は曲げない我を通す女の子、そんな彼女は狭すぎるこの村が嫌いだった。

スポンサーリンク

村外の女性・沙織ちゃん

この村には村外から越してきた人たちが少なからずいた。その一人が沙織ちゃん。野薔薇より7つ年上のお姉さん。

詳しい理由は不明であるが村人から疎まれ、嫌がらせを受けるまでになった。その後、沙織ちゃん一家は引っ越してしまった。

沙織ちゃんのことが大好きだった野薔薇がワンワン泣いた。そして、ますますこの村が嫌いになり、高校に上がる年齢に野薔薇は村を出た。

野薔薇の顔面

ふみ視点で語られた野薔薇の過去から一転、場面は真人との戦いへと戻る。自分の故郷が嫌いで一刻も早く出たかったあの頃。

実際出てみたらどうだったか。村の人全員頭がおかしかった、、、わけではない。ただ、おかしい奴の声が大きくなり、そんな体質が嫌いだった。

呪術廻戦125話あらすじ
出典:呪術廻戦125話 芥見下々 集英社

東京に出て高専に入ったことは間違ってはいなかった。そして「悪くなかった」と人生を思い返し、真人の術式により顔面が破壊された。

呪術廻戦125話の深堀り考察

ここからは、呪術廻戦125話で気になったコマを掘り下げていきます。

ナナミンのようにはならなかった

最悪の流れになってきました。虎杖の心の支えとなった野薔薇(詳しくは前話)だったが、あれは悪い意味で伏線だったのか。

ナナミンのように回想はキャラが助かるフラグとして賭けていたんですが、野薔薇ちゃんの場合はダメでしたか。

七海のケース
出典:呪術廻戦4巻 芥見下々 集英社

このとき七海は生存コースだった

しかも、野薔薇もナナミン回想と同じく、自分の人生に対して「悪くなかった」と肯定するセリフだったのに結果だけが違うとは、最悪です。

野薔薇の「悪くなかった」は術師になったことに後悔はないという意味が含まれていたと思う

どうなる虎杖の精神

真人の術式「無為転変」は、肉体ではなく魂の形を変えることで相手にダメージを与える厄介な技。そのため、反転術式による治癒でも治らない。

通常なら命に別状がないダメージでも真人の術式であれば死に至ることも。野薔薇の状況は思っている以上に危険な状態!

問題は、この状況を間近で見ていた虎杖の精神。野薔薇、七海、順平と次々に殺されてる状況で、果たしてどうなるかです。

沙織ちゃんは7歳年上のお姉さん

野薔薇の故郷嫌いについては、初登場シーンでも描かれていたけど、そのきっかけの一つになったのが沙織ちゃんという女の子でした。

てっきり同級生かと予想していたんですが、沙織ちゃんとは7歳年上の当時、中学生のお姉さん的女の子だったようです。

沙織ちゃん一家が村人から嫌われてたのは、娘のセリフから母親がスピリチュアルなヤバイ女だったことと関係していた可能性はありそう。

呪術廻戦ではスピリチュアルは「呪霊」とも翻訳が可能、つまり、沙織ママは呪霊を視えていた可能性が高い。

たとえば夏油の過去エピでは、非術師らが呪霊が視える子供を牢屋に閉じ込めていたように、沙織ママが嫌われていても違和感はないかな。

作者が描く田舎観はけっこうグロい(悪い意味でw)

沙織さんのセリフ

ちなみに、大人になり出版社?に勤めていた沙織さんのセリフで「今の私をみたらガッカリするだろうな」というセリフ。

これは1巻で描かれていた野薔薇のイメージが影響しています。野薔薇の沙織へ向ける好意に対してのセリフでした。

沙織ちゃんのイメージ
出典:呪術廻戦1巻 芥見下々 集英社

沙織ちゃんは聖母のような女の子

当時の野薔薇は沙織にかなり影響を受けていたのが回想エピにもあったけど、野薔薇は沙織を、聖母みたいに優しいと絶賛していた。

呪術廻戦125話みんなの感想・考察

SNSの125話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

夏油が闇落ちした回想エピと似てるとか?

眼帯で隠せればいいけど...

あぁぁぁああぁあ!!!

呪術廻戦125話まとめ&126話展開予想

呪術廻戦125話まとめ

  • 野薔薇の幼少期の過去描く
  • 大好きだった沙織ちゃん
  • 故郷が嫌いで高校で上京
  • 私の人生悪くなかった
  • 真人の術式で顔面破壊

真人の攻撃に耐えられなかった野薔薇、顔面破壊によってストーリーがどう動いていくのか、気になるのはラストコマ。

虎杖の顔ドアップで終わっていたこと。虎杖の表情からして、精神にかなりのダメージを受けたことを物語る描写です。

虎杖の目
出典:呪術廻戦125話 芥見下々 集英社

目ん玉が白い虎杖ってヤバイ状況のサインだよね

となると、真人が望んでいたように、虎杖の精神のバランスが崩れてしまったのか、それとも、、、次週が気になります。

つづく

連載最新話
呪術廻戦
夏油組との死闘!高専組は次々に・・・
渋谷事変 渋谷事変㊸
125話 126話
呪術廻戦14巻収録(予定)
124話 123話 122話
121話 120話 119話
118話 117話 116話
単行本最新情報
呪術廻戦13巻収録
115話 114話 113話
112話 111話 110話
109 108話 107話
各キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析 呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析
虎杖悠仁キャラ分析 伏黒恵のキャラ分析
呪術廻戦 両面宿儺 呪術廻戦0巻紹介
両面宿儺のキャラ分析 呪術廻戦0巻と乙骨



-呪術廻戦

© 2020 アナブレ