呪術廻戦

呪術廻戦127話 東堂に救われた虎杖!タッグ再結成で反撃へ!!

呪術廻戦127話

京都校の親友(ブラザー)、東堂によって九死に一生を得た虎杖、、、ただ、彼の精神は、真人の陰湿な攻撃によってもうボロボロです。

どうなるのか?

127話では戦闘意欲をなくした虎杖に代わり、東堂が真人と激戦を繰り広げます。虎杖はこのまま退場してしまうのか?

まずは127話のストーリーを振り返ります

虎杖の精神(ココロ)

七海につづき野薔薇までもが真人の餌食となり、虎杖の目の前で倒されていく。精神は限界を超え、そして、崩れてた。

東堂が応援にこなければ、虎杖は殺されていた。戦意喪失の虎杖は、地面に伏したまま立ち上がることさえできないでいた。

「俺は誰も救えない」
「おれはただの人殺しだ!!」

東堂が見下ろす中で、虎杖は抑えきれない感情を口に出す。俺はもう俺を許せない、戦うことはもうできない、と。

スポンサーリンク

vs東堂

狙い通り虎杖の心を壊した真人は、満面の笑みを浮かべながら攻撃を仕かけてくる。だが、そこに立ちはだかるのが東堂。

東堂の術式については花御から聞いていたが、それでもなお、変則的な動きに対応しきれず一撃をくらうことになる。

一方、東堂は真人に触れないように戦っていく。虎杖を庇いながら互角の戦いをみせる東堂。だが、虎杖をなんとかしなければ勝機は難しい。

親友(ブラザー)の言葉

真人との戦いのさなか、互いに間合いを取り合い一瞬の休戦状態が生まれた。このとき、東堂は虎杖に言葉をかける。

「俺達は呪術師だ!」
「俺達全員で呪術師なんだ!!」」
「オマエは何を託された?」

呪術廻戦127話おさらい
出典:呪術廻戦127話 芥見下々 集英社

東堂の言葉に虎杖は戦う意欲を取り戻していた。ナナミンから託された言葉(遺言)を思い返し、そして立ち直る。

七海の言葉を胸に刻み、呪術師としてさらなる成長をとげた虎杖。復活した虎杖に東堂は「お帰り」と笑顔で言った。

呪術廻戦127話の深堀り考察

ここからは、呪術廻戦127話で気になったコマを掘り下げていきます。

東堂のセリフ「あのこと」とは?

呪術廻戦127話 東堂のセリフ
出典:呪術廻戦127話 芥見下々 集英社

虎杖と合流した東堂は、虎杖に「何か」を言うつもりでいたようです。けど、虎杖の今の状況からタイミングが今でないと判断した。

「あのこと」

これはどのことを言ってるのか。

虎杖と東堂の初対面は交流会でのこと。虎杖はそれまで、五条によって死亡扱いになっていたため、交流会が初接触となった。

東堂は虎杖に「女性のタイプが同じ」ことがきっかけで、(一方的に)親友になったけど、このとき東堂は「存在しない記憶」を見た。

虎杖悠仁の術式
出典:呪術廻戦5巻 芥見下々 集英社

東堂が虎杖に言おうとしていたことは、この「存在しない記憶」に関する可能性が高そうです。以前から謎だった記憶の正体がいよいよ明かされる?

ならこの「存在しない記憶」とは一体何か。現在一番可能性が高いのは、虎杖が後天的に発現したと思われる術式。

まだうまく使えないのか、虎杖自身は術式について認識できていない可能性、それを東堂は指摘しようと考えているのかな。

カラーページに描かれたのも東堂の「存在しない記憶」に関連するものだったよね

京都校一年生・新田の術式

今回、新田の術式が明らかになりました。術式の名前は不明ながらも、サポート(回復)系の術式のようです。

負傷した箇所を、これ以上悪化させないようにする能力。具体的には、出血が止まり、傷の痛みを和らいていく。

ただ、治療ではなくあくまで現状維持、戦いにすぐに復帰する応急処置的な能力と言えそう。また、新田のセリフから治癒はできないっぽい。

野薔薇の生死は五分五分?

野薔薇の生死の続報です!前回野薔薇死亡の可能性が濃厚だったものの、生きる可能性がゼロではないことが明らかにッ!

ただし、現時点では呼吸も脈もすでに停止している状況。すぐに処置をすれば助かる可能性はある、それが新田の結論でした。

虎杖にこれ以上ストレスを与えないために、楽観的な説明をあえていった感もありそうですが、それでもです!

新田は野薔薇を連れてい家入硝子のもとへと連れていくはずですが、問題は、家入の治療が有効かどうかです。

真人の術式
出典:呪術廻戦3巻 芥見下々 集英社

改造された人間に対して、家入は「元には戻らん」と言っており、魂が変化した人間は家入の術式でも治せないことが判明してます。

ただ改造以外、たとえば野薔薇のように人体破壊では、真人の術式であっても、治癒できる可能性はあるのかもしれない。

とはいえ現状は心肺停止の最悪な状況、治療前にすでに...なんて可能性もありえる

呪術廻戦127話みんなの感想・考察

SNSの127話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

気になるね

冥々組の安否(偽夏油との戦いの結末)は確かに不明なままだね

その伏線の答えもまだ出てなかったか

だといいな

呪術廻戦127話まとめ&128話展開予想

呪術廻戦127話まとめ

  • 虎杖、東堂の言葉に救われる
  • ナナミンの遺言を胸に立ち上がる
  • 野薔薇生存可能性出てきた
  • 東堂との共闘で真人に挑む!

虎杖が立ち直ったことで、勝敗は分からなくなってきました。そして!忘れちゃいけないのが、真人がくらったこれまでのダメージ量。

野薔薇の攻撃はモロに入ってたからね!

真人は領域展開を出して、一気に勝負を決めてきそうな予感もします。となると、気になるのは東堂の領域への対抗策です。

黒閃を経験してもなお、七海のようにできないケースもあるからな、果たして東堂は領域展開できるのか、そこんところも気になる。

つづく

連載最新話
呪術廻戦
夏油組との死闘!高専組は次々に・・・
渋谷事変 渋谷事変㊸ 渋谷事変㊹
125話 126話 127話
渋谷事変㊺ 渋谷事変㊻ 渋谷事変㊼
128話  129話  130話
呪術廻戦14巻収録(予定)
124話 123話 122話
121話 120話 119話
118話 117話 116話
単行本最新情報
呪術廻戦13巻収録
115話 114話 113話
112話 111話 110話
109 108話 107話
各キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析 呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析
虎杖悠仁キャラ分析 伏黒恵のキャラ分析
呪術廻戦 両面宿儺 呪術廻戦0巻紹介
両面宿儺のキャラ分析 呪術廻戦0巻と乙骨



-呪術廻戦

© 2020 アナブレ