呪術廻戦

呪術廻戦145話ネタバレ考察 天元様が話す千年に渡る因果律の終焉

呪術廻戦145話ネタバレ考察

今回、天元様から語られた情報量は凄まじかったけど、かなり重要な情報ばかりでした!偽夏油の肉体を操る脳ミソ野郎の正体。

そして、五条悟の封印解除の可能性も見えてきた145話。偽夏油は、虎視眈々と人類進化計画を考えていたのか!

中の人
まずは呪術廻戦145話のストーリーを整理していきます!

偽夏油の中身は羂索(けんじゃく)

天元様の話しによると、加茂憲倫や夏油傑の死体を乗っ取っている脳ミソ野郎の正体が羂索なる術師であることが判明した。

羂索もまた、宿儺と同じく千年前に存在していた術師。天元様が薨星宮(こうせいぐう)を閉じていたのは羂索を警戒してのことだった。

焦る気持ちを抑えながら、虎杖は天元様に羂索の目的を聞く。五条封印の解除や死滅回游を止める方法を知るためだ。

薨星宮(こうせいぐう)とは?

薨星宮は国内主要結界の基点となる重要な場所であり天元様が居るところ
スポンサーリンク

日本の危機的状況

羂索(けんじゃく)の目的を話す前に天元様は一つ条件を付けた。それは、羂索に備え護衛を付けてほしいというものであった。

11年前、星漿体(せいしょうたい)との同化に失敗した天元様は、個を失い自我は消え去り高次の存在へと進化していた。

そのため、今の天元様は人間というより呪霊に近い存在。つまりは、羂索の呪霊操術の術式対象になりうるというのだ。

天元様より強い羂索が薨星宮(こうせいぐう)に侵入してきたら呪術界は終わる、、、そのため、九十九由基と脹相(ちょうそう)が護衛に付くことになった。

星漿体(せいしょうたい)とは?

天元と同化適合のある人間のこと。星漿体と同化することで意志を保ち高次元の進化を阻止できる。11年前に学生だった五条と夏油が、星漿体の天内理子(りこ)の護衛任務につくも失敗している

羂索(けんじゃく)の目的とは

羂索の目的とは、日本全土を対象とした人類の進化の強制。その手段として、人類と天元の同化を目論んでいるという。

高次元の存在にある天元様は、すべての人類との同化の可能性を秘めている。死滅回游(しめつかいゆう)はその前段階といったところだ。

これだけ大規模な儀式ともなれば、なんらかの「縛り」があるはずで、その一つにゲームマスターは羂索以外にいると天元様は助言する。

一筋の希望

死滅回游を強制終了させる方法はなかったが、虎杖たちが死滅回游に参加してルールを改変する作戦で固まった。

そして、五条の封印解除だが、これについては一筋の希望の光が!天元様曰く、獄門彊(ごくもんきょう)には「表」と「裏」が存在する。

羂索(けんじゃく)が所持するのは表だが、裏にあたる呪具を天元様が所持していた。裏を使うことで五条の封印解除が可能だが条件が一つ。

あらゆる術式を消滅させる術者が必要で、その人物は死滅回游の参加者。彼女の名前は来栖華(くるすはな)、天使を名乗る千年前の術師だ。

つづく

呪術廻戦145話の深堀り考察

ここからは、呪術廻戦145話で気になったコマを掘り下げていきます。

11年前の九十九のセリフ

天元様のお姿をみて違和感を感じた人は多かったはず。なんたって、天元様は人間と同化していたはずだから。

ただ、この情報は九十九の勘違い。実際には、天内理子の代わりとなる星漿体(せいしょうたい)はいませんでした。

九十九のセリフ
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

天元様と九十九の今回の接触からして、九十九は天内に代わる星漿体と天元様の同化した姿を、実際に見たわけではなかったようです。

九十九の「天元は安定しているよ」とのセリフの意味としては、日本中に張り巡らされている結界の状態から判断して「安定」と結論付けた。

といった感じなんだと思います。ただ、高次元の存在になった天元様が、普通に人間とお話できてたのは少し意外でした。

高次元の存在ともなると、自我という概念すら無意味になると思っていたんだけど、ちゃんと話せてるやんか。

中の人
エヴァでいうATフィールドが喪失した状態をイメージしてたからw

羂索(けんじゃく)は天元様より強い?

偽夏油の正体が羂索(けんじゃく)なる呪詛師であることが分かったけど、その強さが天元様以上ってところに驚いた。

恐らくだけど、天元様は結界術に特化している存在だから、羂索とのタイマン勝負になれば勝ち目ナシって考えてるみたい。

中の人
結界術も得意とする羂索は薨星宮(こうせいぐう)を閉じても破られるんだろうね

ただ、術者としての実力を比べてみても、羂索の方が総合的にみて強い感じです。というのも呪霊操術は格下の呪霊なら無条件での取り込み可能。

呪霊操術
出典:呪術廻戦9巻 芥見下々 集英社

取り込む呪霊との間に2級以上の差があればほぼ無条件で取り込める。ただ、呪霊の階級はあくまで術師が決めた尺度。

宿儺と漏瑚(じょうご)が同じ階級で括られてる時点で、機能を果たせていおらず、天元や羂索も規格外のために当てはまらないとは思う。

それでも、当てはめるとすれば「特級」クラス。それでも、羂索に接触しただけで取り込まれるってことだから、羂索の強さは相当なもの。

中の人
そして羂索が恐れる六眼の持ち主はさらに恐ろしいw

天元と六眼と羂索(けんじゃく)

天元様曰く「天元」と「星漿体」と「六眼」は因果でつながっている。五百年に一度、天元様は肉体を変えるけど、その時代に星漿体が必ず誕生します。

また、天内理子と同じ時代に五条が誕生したことを考えると、星漿体が生まれる時期には六眼を持つ人間も生まれるのかもしれない。

中の人
つまり五百年周期で誕生する

この因果律を壊したいのが羂索(けんじゃく)と言えます。そして運は羂索に傾いた。伏黒甚爾(とうじ)や夏油傑の存在がまさにそれ。

羂索の目的を実現するための三つのハードルもすでに解消済です。ここでいう三つのハードルを具体的に挙げると、

  • 獄門彊:千年かかって入手
  • 呪霊操術:夏油の肉体入手
  • 天内の殺害:伏黒甚爾の出現で実現
中の人
辛くも夏油傑の非術師軽視が羂索が実現しようとする世界と同じ価値観であったこともある意味因果だったのかね

渋谷事変という大規模事変を起こしたのは、六眼の所有者である五条に恐れをなしていたからだったんですね。

五条のあんときのセリフ

五条のセリフ
出典:呪術廻戦14巻 芥見下々 集英社

羂索の天敵が六眼の持ち主。過去に二回ほど六眼所有者に負けてる羂索ですが、その一回は五条が伏黒に話してい勝負だと思われます。

江戸時代の頃に御前試合で十種影法術の使い手に相打ちになったって話してたけど、この試合を仕掛けた黒幕に羂索がいたって考察もできそう。

呪術廻戦145話みんなの感想・考察

SNSの145話に関する考察紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

中の人
星漿体を守るのが六眼の役目?

中の人
自称天使を名乗るキャラは、基本に悪魔キャラです

中の人
メモメモ

呪術廻戦145話まとめ&146話展開予想

呪術廻戦145話ポイント

  • 偽夏油の正体は羂索
  • 羂索の目的は人類と天元の同化
  • 死滅回游は同化前の前段階
  • 五条の封印解除は可能
  • 封印解除のカギは来栖華にアリ!

145話はかなりの情報量でしたが、偽夏油の正体と、彼が目論む野望実現に向けてのシナリオが見えてきました。

死滅回游(しめつかいゆう)の強制停止は今のところ難しいようだけど、追加ルールによる回避という解決策を見いだします。

つまり死滅回游への参加は必至!どんな結果になるのか、残酷が場面は絶対あると思うけど(笑)、今後の展開が楽しみ!

つづく

スポンサーリンク
連載最新話
呪術廻戦
特級術師・乙骨登場!デスゲーム・死滅回游始まる
もう一度あの場所
143話144話145話
死滅回游についてパンダについて 葦を啣む
146話 147話 148話
呪術廻戦16巻(予定)
134話135話136話
137話 138話 139話
140話 141話 142話
単行本最新情報
呪術廻戦15巻
125話126話127話
128話 129話 130話
131話 132話 133話
各キャラ考察
呪術廻戦 虎杖悠仁キャラ分析呪術廻戦 伏黒恵キャラ分析呪術廻戦 両面宿儺
虎杖悠仁伏黒恵両面宿儺
呪術廻戦 天元様まとめ呪術廻戦0巻紹介呪術廻戦 五条悟まとめ
天元様呪術廻戦0巻五条悟
呪術廻戦 釘崎野薔薇まとめ呪術廻戦 偽夏油の正体 呪術廻戦 七海健人まとめ
釘崎野薔薇 偽夏油 七海建人
スポンサーリンク

© 2021 アナブレ