呪術廻戦

呪術廻戦 101話野薔薇離脱?夏油組とのガチ対決はじまる!

呪術廻戦101話 ネタバレ感想

激オコしたナナミン無双回だった前回、ゲス呪詛師は名前すらわからぬまま即退場、101話では新たな戦いがはじまろうとしています。

ゲスの扱いに草

渋谷駅構内への侵入に成功した虎杖、そして、渋谷駅B5Fの路線から侵入を試みる冥冥の前に強敵が現れる!

まずは、呪術廻戦101話のストーリーを振り返っていきます。

伊地知さんは無事確定!

伊地知さん生死については、アナブレでもいく度となく議論を繰り広げてきましたが、ナナミンの口から「死んでない」発言がッ!

伊地知さんは生きていた!

容態は安心できないものの、一先ず安心といったところ。そしてもう一つ、ナナミンから野薔薇の待機命令が言い渡されてしまった。

野薔薇「私も・・・」

ナナミン「駄目です」

1級術師の推薦を受けていたけど、今回の任務においては実力不足と判断されてしまった。野薔薇の主張を一瞬で遮ったナナミンw

スポンサーリンク

冥冥と偽夏油の戦い!

地下路線から五条奪還に向かる冥冥、術師が通れない帳Cが上がったことで、一番手で偽夏油と接触するのは彼女の可能性が高かった。

そして二人は対峙する

冥冥と偽夏油は先輩後輩の間柄(だった)、「お久しぶり」と声をかける偽夏油、その口調からあくまで「夏油」を装うようだ。

だけど、冥冥はそんな「夏油」の姿から偽物の可能性を探る。1年前の百鬼夜行で、夏油は五条に殺された過去を思い出す。

まさか、五条が取り逃したのか?冥冥の頭の中で渦巻く思惑。冥冥を目の前にいる「夏油」を偽物と断定するまでには至らなかった。

特級特定疾病呪霊「疱瘡神」

明らかにコロナを意識した呪霊が。約ネバでもコロナ撲滅を願うメッセージをコマに差し込んでいたけど、芥見先生はさらに(ナナメ)上をいくw

疱瘡(ぼうそう)は天然痘のこと。そして、天然痘は伝染病でもある。読者にコロナの隠喩と思われても致し方ない案件。

イナゴといいwww

呪術廻戦101話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦101話 芥見下々 集英社

偽夏油は疱瘡神に冥冥との戦いを任せ一時撤退、冥冥はこの特級呪霊を倒さない限り、偽夏油の元には辿りつけないようだ、完全収束してくれ冥冥!

虎杖と脹相(ちょうそう)の戦い!

渋谷駅の地上では別の戦いがはじまる。夏油組の特級メンバーで、虎杖の最初の相手になるのは呪胎九相図長兄・脹相。

弟たちの仇討ちに燃えてる!

自身の血を使用する術式「赤血操術」の使い手、初手から奥義「穿血」を繰り出すも、相変わらずのバケモノ級反射神経でガードしてみせる虎杖。

呪術廻戦101話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦101話 芥見下々 集英社

音速級のスピードなんだけど・・・

そして、やすやすと特級の間合いに入れる虎杖の身体能力、当たり前すぎてスルーしがちだけど、常人の域を明らかに超えすぎてる。

あえて左でも攻める

初手から奥義を繰り出した脹相、つまり最初から全力で挑んでいるのが分かる行動。虎杖もかろうじて回避したものの、左腕を犠牲にしてしまう。

打開策は・・・

左腕が思うように動かなくても、それでも左で攻める作戦。序盤ですでに負傷してしまった虎杖、特級相手に勝利を勝ちとれるか?

呪術廻戦101話の深掘り考察

ここからは、呪術廻戦101話で気になったコマを掘り下げていきます。

偽夏油と冥冥のセリフを考える

101話で気になったのが、偽夏油と冥冥とのセリフ。交わした言葉は短いものの、今まで描かれた価値観が見え隠れして面白い。

冥冥は偽夏油を偽物だと思っていたけど核心までは持てていなかった。一年前、夏油が起こした百鬼夜行で五条によって倒された。

そして、冥冥は目の前にいる「夏油」が偽物だと読んだ。けど、偽夏油が呪霊操術を使ったことで、自分の読みがハズレたかもと自分の判断を疑った。

呪術廻戦101話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦101話 芥見下々 集英社

術式は生得術式とも呼ばれてるように、生まれ持ってのもの、後天的に会得できるもんじゃない。98話のオガミ婆戦を根拠にするなら、呪師界の常識は肉体より魂が優位と考える。

呪術廻戦98話 魂と肉体
出典:呪術廻戦98話 芥見下々 集英社

そして、魂にこそ呪力は宿る。夏油が死亡した時点で魂はなくなる。つまり、肉体だけでは術式は使えないというのが常識的な考えだ。

でも、偽夏油が実践してみせたように術式や記憶の一部も体に宿る。冥冥が、術式を見て「夏油」が偽物の可能性に疑問をもったのは、彼女もまた魂優位説を信じてるからこその反応と言える。

脹相と赤血操術

呪術廻戦101話ネタバレ感想
出典:呪術廻戦101話 芥見下々 集英社

虎杖との対戦を引き当てた脹相、彼が使っていた術式は赤血操術。そして、脹相のコマには加茂の姿も描かれていました。

やっぱりか~

と。

赤血操術は加茂家御用達の術式。そして、脹相という特級が生まれた元を辿ると、そこに浮かび上がるのは加茂憲倫(のりとし)。

呪胎九相図に憲倫の血が混在している可能性を示唆しています。憲倫がどうやって呪胎九相図を生み出したのか濁しているものの、恐ろしさしかない。

呪術廻戦101話みんなの感想・考察

SNSの101話に関する意見・考察を紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

神(芥見)のみぞ知る

自粛

いつものことw

だな

人間を残すのは対高専のためかな

冥冥の動向か~。死亡説、カネで寝返り説、メロンパンのストック説、もちろん(完全)勝利説も

101話まとめ感想&102話展開予想

呪術廻戦101話まとめ

  • 伊地知さんは無事
  • 野薔薇一時待機命令(戦線離脱?)
  • 冥冥、特級呪霊・疱瘡神とバトル
  • 虎杖と脹相の戦いはじまる

ナナミンは禪院班と合流して渋谷駅に向かう。日下部班の動向は不明。いずれも、地上から渋谷駅に向かう場合、冥冥の安否が気になります。

疱瘡神と交戦中、しかも領域展開が使える強敵。そして、疱瘡神を祓うことができても、次に待ち受けるのはラスボス偽夏油です。

冥冥の役どころ重くないか(ゾワッ

このまま単独なのか、日下部班あたりが合流するのか。補助監督の不足、帳もすべてが上がったわけではなく連絡はいまだ不便、高専側はどう動いていくのか。

つづく

連載最新話
呪術廻戦
内通者判明!夏油組の暗躍!
渋谷事変㉞
116話
呪術廻戦13巻収録(予定) 
115話 114話 113話
112話 111話 110話
109 108話 107話
単行本最新話
呪術廻戦12巻収録
106話 105話 104話
103話 102話 101話
100話 99話 98話



-呪術廻戦
-

© 2020 アナブレ