呪術廻戦

呪術廻戦 102話 冥冥の術式で烏涙目!憂憂は簡易領域展開す!

呪術廻戦102話 ネタバレ感想

五条の元へと駆けつける虎杖の前に現れた脹相(ちょうそう)、そして地下5Fでは、偽夏油が放つ特級・疱瘡神との戦いに挑む冥冥。

いずれも激戦ッ!

102話では、冥冥と疱瘡神をメインにストーリーは進みます。冥冥が繰り出す超必殺技とは、敵の領域内でどう攻撃を回避し反撃するのか。

まずは、呪術廻戦102話のストーリーを振り返っていきます。

脹相(お兄ちゃん)の怒りの叫び!

弟は最期に何か言い遺したか?

渋谷事変で脹相が虎杖を倒そうとする目的は、弟たちの恨みをはらすため。脹相の不意な質問に、虎杖は過去の記憶をだどってく。

だが、虎杖は彼らの「遺言」と呼べる言葉は思い出せない。けど、祓われる間際に壊相(えそう)が涙を流していたことを伝える。

呪術廻戦102話 ネタバレ感想
出典:呪術廻戦102話 芥見下々 集英社

それに呼応するように、脹相は怒りを爆発し呪力の総量は爆上げする。見てろよ弟たちよ!これがオマエ達のお兄ちゃんの姿だ!

スポンサーリンク

冥冥vs疱瘡神

渋谷地下5Fで戦闘中の冥冥は、疱瘡神の領域展開に閉じ込められ不利な状況を強いられていた。領域内では敵の攻撃は必中、つまり必ず当たる

疱瘡神の攻撃を回避するも限度はある。必中ゆえに反撃しなければ負ける状況の中で、冥冥は敵の術式を分析し勝つための作戦をひねり出す。

疱瘡神の術式とは?

疱瘡神の術式は相手を棺桶に拘束し、頭上から墓石を落とし埋葬、3カウントを開始しこの秒数以内に棺桶から脱出できなければ死亡する。

  1. 棺桶に拘束
  2. 墓石で埋葬
  3. 3カウント開始
  4. 3カウント内に棺桶から脱出しないと死亡

攻撃対象は単体のみ、敵が複数いる場合は呪力の高い順に反射的に攻撃対象となる。棺桶から出られなければ即死というザキみたいな攻撃だ。

冥冥の反撃と憂憂の術式

敵の術式を完全に理解した冥冥。そして、はじまる反撃ののろし。冥冥の作戦とは、愛弟・憂憂を囮にする姉様らしい作戦だった。

呪術廻戦102話 ネタバレ感想
出典:呪術廻戦102話 芥見下々 集英社

憂憂の秘密。

姉の荷物運び役の弟君と思いきや、彼の役割は領域対策。自分の命という最大級の縛りによりシン・陰流「簡易領域」を展開させた。

クラピカである。

クラピカはジャッジメントチェーンを己の心臓に刺し、旅団と互角以上の能力を身につけた。制約と誓約、命ほど最強の制約(縛り)はないのだ!

冥冥の疱瘡神撃破!

姉様に命を預けることで憂憂の呪力は爆上げ、それに反比例するように冥冥は呪力を抑えていき、攻撃の対象は憂憂へと移る。

ターゲットとなった憂憂は簡易領域によって、敵の必中攻撃を無効化(中和)させることで即死攻撃を回避した。

攻撃対象から外れた冥冥は術式「黒鳥操術」の真骨頂・神風(バーストライク)を発動させ、疱瘡神を祓うことに成功する。

神風(バーストライク)

冥冥の術式・黒鳥操術は動物(烏)を操作し、視界の共有も可能とする。102話で繰り出した新技・神風とはどんな攻撃なのか。

この技は、烏に自死を強制させることで呪力を最大限引き上げ、対象となる敵に体当たりする捨て身の特攻技。

神風の由来は、第二次世界大戦時において旧日本陸軍が使用した特攻攻撃に由来するのだろうか。烏の姿はまさにゼロ戦のそれ。

呪術廻戦102話の深掘り考察

ここからは、呪術廻戦102話で気になったコマを掘り下げていきます。

冥冥の術式

今回明らかになった神風。冥冥の奥義と言っていいほどの大技に見えます。というのも、技の威力を示すために五条の名前を出してたから。

呪術廻戦102話 ネタバレ感想
出典:呪術廻戦102話 芥見下々 集英社

五条=最強、つまり、この技は呪術界で五条意外ならどんな奴でも防げないという、冥冥なりの自信の現れが彼女のセリフから読み取れる。

五条は「最強」の代名詞なのねw

神風で犠牲になるのは烏たち、「自死を強制させその代価として呪力制限を解放する」、冥冥にとってなんのデメリットもないんだがw

そんな無慈悲な使い方もまた冥冥らしさが伺える術式です。冥冥だからこそ許される大技。犠牲になった烏には同情するけどね。

冥冥は術式の限界を知り肉体強化に変えた、でも術式を向き合うことで1級術師へと成長した。模索するなかで編み出したのが神風なのかな。

憂憂とシン・陰流

冥冥が弟の憂憂を同行させているのは領域対策でした、ということは今の冥冥では領域展開できないようですね。

呪術廻戦102話 ネタバレ感想
出典:呪術廻戦10巻 芥見下々 集英社

ただ、シン・陰流は一門相伝です。一門意外の習得は、縛りによって禁じられてることから、憂憂も三輪ちゃんと同じ一門出身ってことなのか。

呪術廻戦102話みんなの感想・考察

SNSの102話に関する意見・考察を紹介。自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。

烏に何のメリットもなくて草

憂憂はシン・陰流一門ってことでOK?

どうなんだろう

冥冥というか憂憂というか烏

手順が必要だったってのが冥冥にとっては運がよかった

102話まとめ感想&103話展開予想

呪術廻戦102話まとめ

  • 脹相、本気になるってよ
  • 憂憂はシン・陰流の使い手
  • 冥冥、神風で疱瘡神祓う
  • 冥冥の次なる敵は偽夏油

疱瘡神を倒したことで、いよいよ偽夏油との対決の予感。このまま冥冥が倒すのか、それとも、ふつくしい顔が歪んでしまうのか。

複数の烏の群れ、そして冥冥の「私のために死んでくれるかい?」というセリフは、初手から神風で一気にたたみかける作戦に見えます。

ただ神風は冥冥にとって超必殺技

神風が決まれば冥冥の勝利、でも、そんなにあっさり決着するのか怪しい。五条以外防げないって説明が、なんだか悪い方の伏線に思えてならない。

つづく

連載最新話
呪術廻戦
内通者判明!夏油組の暗躍!
渋谷事変㉞
116話
呪術廻戦13巻収録(予定) 
115話 114話 113話
112話 111話 110話
109 108話 107話
単行本最新話
呪術廻戦12巻収録
106話 105話 104話
103話 102話 101話
100話 99話 98話



-呪術廻戦
-

© 2020 アナブレ