電子書籍

間違って購入したKindle本の返品・返金は可能?やり方も紹介!

kindle(キンドル)本を日常的に購入している人にとって、間違って購入しちゃった!なんてことはありますよね。

中の人
そんなときどうしてます?

実は、間違って購入した場合でも返品に対応してくれます!ここではKindle本の返品方法について、実体験を交えながら紹介していきます。

kindle本返品ポリシー

kindleに限ったことではないですが、アマゾンの返品ポリシーは分かったような、分からないような説明文になっていることが多いw

誤って注文したKindle本は、注文日を含めて7日以内に限り返金できる場合があります。 返金は、Amazonの裁量にて承っております

出典:Kindle本を返品する|amazon.co.jp

理由はアマゾンの「裁量」によって返品できるかどうか判断されるためです。ここらへんがよく分らないので、詳しく見ていきます。

中の人
とはいえ基本的に返品には受け付けてくれることが多いです
スポンサーリンク

「裁量」とはなんやねん!

ほぼ返品可能なケース

kindle本返品ポリシーで気になるのが、裁量の条件です。アマゾンの中の人にしか分からないことなんですが、推測はできます。

まず、1ページも読んでない状態での返品なら、7日以内であればほぼ返品対象になると思っていいです(返金されます)。

間違ったボタンを押しちゃった、ちょっとしたミスは誰にでもありうること、こうした場合は特に問題なく返品できます。

ほぼ返品可能な条件
  • 購入から7日以内
  • 1ページも開いてない

アマゾンの「裁量」になるケース

問題はkindle本のページをめくってしまった場合です。おそらく、アマゾンの「裁量」によって返品されるかが決まると思われます。

なら、何ページまでなら返品の対象になるのかですが、「試し読み」の範囲内であれば、返金はほぼ可能だという認識でいいと思います。

kindle本裁量時の返品条件
  • 数ページ程度なら返品対象の可能性大
  • 試し読みの範囲が返品目安

kindle本を返品したときの実体験

週刊誌で、お目当ての漫画が休載していることに気付き返品要求。ページで言えば3~5ページほどはめくったものの返品できました。

1章まで読んで「これ以前も読んだよな」と気づき返品要求するも、あえなく却下されてしまったことがありました。

ワンクリック注文の場合

kindle本 返品

次にワンクリック注文で購入した場合です。クレジットカードを登録していて、ワンクリック注文に設定している人もいるはずです。

ワンクリック注文で購入したkindle本だと、購入完了ページに「キャンセルする」項目が表示されるので、すぐに購入キャンセルができます。

ただし、PCからワンクリック注文した場合「キャンセルする」という項目が出ないようです(ぼくの環境では出なかった)。

kindle本の返品手順

kindle本のようなデジタルコンテンツは、注文履歴からキャンセルができないので注意!そこで次の手順で返品手続きをしていきます。

手順①

kindle本返品手順

アマゾンの公式サイトを開き一番下にある三本線をタップします
手順②

kindle本返品手順

ページの一番下までスクロールして「カスタマーサービス」をクリックします
手順③

kindle本返品手順

次に「デジタルコンテンツ Kindlle本、プライムビデオ、音楽など」をタップします
手順④

kindle本返品手順

お問合せ内容の項目から「Kindle電子書籍」をタップします
手順⑤

kindle本返品手順

さらに進むと「Kindle本の返品」があるのでここから返品手続きをします

返品処理は数分もあれば手続きは完了します。返金についても、数日以内には処理されるようになっています。

中の人
ご参考までに
スポンサーリンク